FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
若い人の海外離れ!
学生さんがこのようなことを言っていましたので、

今日のduck4ブログでは、ひとつ紹介したいと思います。


「わたしたちの大学では、海外に留学する学生さんに奨学金を支給しています。

でも、その奨学金をもらって、外国で勉強をしようという学生さんがいない!」

と話していました。


何か、現在の若者文化の世相を現しているような話でもあります。


duck4としましては、

どこか寂しい気持ちになりました。


これからの日本は、

もっと、外国との交易で、国を豊かにしていかなければならない。


なぜなら、

少子高齢化と人口減少社会の日本は、

国力を衰退させていくことが目に見えた形で現れていくからです。


もっと、外国に目を向けて、海外から貪欲に学び取って欲しいと

強く願うduck4であります。


このままでは、

世界の中での日本の地位が低下する一方だと思うのです。


これは、

余談になりますが、

日本は島国。

duck4のみならずすべての日本人は、飛行機や船に乗って外国に行かなければなりません。


かつての日本は、多くの人々が、日本の航空会社のジャンボジェット機に乗って、

世界中にビジネス、旅行をしていたものです。


今では、JALもANAも飛行機のサイズをダウンサイジングをして

他のアジア諸国、特に韓国の航空会社と比較にならない小さな飛行機と

細々と世界中に張り巡らせている路線網で勝負をしている感が否めません。


多くの旅行専門家が言いますが、

日本のハブ空港は、韓国ソウルのインチョン空港に客を奪われている

という嘆き節を言っている始末です。


でも、地政学上

日本は、アメリカ本土と東南アジアを最短に結ぶことができる位置にあります。



さて、若い人々の海外離れに話を戻しますが、

このことは、日本にとってマイナスには作用しますが、

決してプラスには作用しないのでは、というのがduck4の持論です。


昨今の周辺国とのトラブル。

その解消には、人と人の交易と交流なくして、

この難局を乗り越えられないのではないでしょうか。


しかし、

duck4には、この難局を乗り越えられる手段を持ちあわていません。


なぜなら、

韓国、中国との交易や交流の相手先がいないからです。


ビジネスや留学で、これらの地域との交流があり、今も交易が続き、

人脈がある人が、羨んでいるduck4でもあります。


もし、そのような立場にいらっしゃるブロガーさんは、

これからの日本の難局を良い方向に導いてくれる救世主のひとりになりえるのでしょう。


あまりの内向きの日本に、寂しさをも感じています。







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ





スポンサーサイト



[2012/12/21 09:05] | ダックのつばさ① | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<葦原に付着したハクチョウさんの羽のそばは名も知らぬ小鳥さんたちの縄張り! | ホーム | カササギの国から!>>
コメント
海外で活躍してる若者を大勢知ってます。
でもそういう人達は、そこに根を下ろして
しっかりその国の人になってしまってます。
日本での活躍の場が無いのかも知れません。

また、日本から視察でお出でになった方々が、
日本を留守にするリスクが大きく、怖いと仰ってました。

私は、やはり此処に根を下ろしてしまってますが、
いつか日本へ帰国したら此処での生活で得た
知識を生かせたら、と思います。
[2012/12/21 18:04] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
昨年ノーベル化学行をもらった根岸さんが、「今の若者は海外に留学しない」と嘆いておられましたが、留学したら帰ってきて何の保証もない今の状況の本質的に問題をすり替えている要議論に思えてなりません。
個人的な意見ですが、日本自身がいろいろな国からやってきて学んだり住んで仕事をしたいと思う国になる、それが本質的な解だと思います。
[2012/12/22 00:34] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
太巻きおばばさんへ

こんばんは!

> 海外で活躍してる若者を大勢知ってます。
> でもそういう人達は、そこに根を下ろして
> しっかりその国の人になってしまってます。
> 日本での活躍の場が無いのかも知れません。

いつも、ベルリンからの太巻きおばばさんのブログを
愉しみにしているduck4であります。
ベルリンにお住まいになって、
さまざまな日本人のこと事情に見てこられた言葉のように、
duck4が感じました。

> また、日本から視察でお出でになった方々が、
> 日本を留守にするリスクが大きく、怖いと仰ってました。

世界中どこで生活していてもリスクはつきもののように思えます。
日本にいると、やはり日本の良さがわかってくるのでしょうかね。

> 私は、やはり此処に根を下ろしてしまってますが、
> いつか日本へ帰国したら此処での生活で得た
> 知識を生かせたら、と思います。

これからのご活躍をお祈り申し上げます!v-519v-521

[2012/12/22 18:57] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

こんばんは!

> 昨年ノーベル化学行をもらった根岸さんが、「今の若者は海外に留学しない」と嘆いておられましたが、留学したら帰ってきて何の保証もない今の状況の本質的に問題をすり替えている要議論に思えてなりません。
> 個人的な意見ですが、日本自身がいろいろな国からやってきて学んだり住んで仕事をしたいと思う国になる、それが本質的な解だと思います。

確かに、日本が若者たちにとって希望が持てる国か。
というと疑問もあります。

もっと、日本人のみならず外国人が日本で働きたい。
魅力がある社会になって欲しいものです。

経済然り。研究然り。活動の場然りだと思います。
少子高齢社会は、国力を衰退させ、活力を失っていく国になることに、
duck4は危惧しております。

もっと、日本人が、海外に目を向けてほしいと願っているひとりでもあります。v-519v-521
[2012/12/22 19:07] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/941-ee7ad40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR