fc2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
スズメさんの群れが稲穂に!
瓦屋根の家を縄張りにしているスズメさん。

春から初夏6月にかけて、スズメさんが子育てをする季節。


毎年、

duck4の家に巣立ったばかりのまだモコモコとした産毛に覆われた

小雀さんがぎこちない姿を見せてくれます。

親スズメさんから餌をもらっていました。


そして、

ここを縄張り にしているのでしょうか。

今も、隣家にはスズメさんがいて、朝になるとチュンチュンと鳴いて、

duck4の目覚まし時計代わりをしてくれています。


そのスズメさんですが、

巣立つと群れになって生活しています。

多くなると10羽から20羽。

晩秋からこれからもっと寒くなると、大きな群れを作って飛び回っています。


それには、わけがあり、手段でいる方が、外敵から襲われる確立も減るからです。

1羽で行動している方が、襲われる確立が非常に高い。


というスズメさんとしての生き方の術を

幼鳥のときにスズメの学校で教育を受けたからでしょう。


なので、

スズメさんは群れになっているのかもしれません。


さて、最後に一言。

もうすでに稲刈りが終わったのにかかわらず、

この一画だけは、稲が刈られていませんでした。


すると、

たくさんのスズメさんが、稲穂を目当てにやってきたのではありませんか。

duck4もこんなに多くのスズメさんを見るのは久しぶりでした。


50羽いや100羽のスズメさんがいたでしょうか。

「チュン!チュン!チュン!」というスズメさんの鳴き声がはもって、

ひとつの合唱。

スズメ合唱団になっていました。



この光景を見てduck4は思ったこと。

それは、スズメさんの人間との関係は、切って切れないことを改めて感じたのです。



DSCF7923_convert_20121113065707.jpg

(稲穂に群がるスズメさんたち








にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


スポンサーサイト



[2012/11/13 07:17] | アヒル・白鳥・野鳥⑤ | トラックバック(0) | コメント(14) |
<<スズメのお宿! | ホーム | 夕方の定点観測ポイントのハクチョウさんの様子!>>
コメント
こんにちは。

この一角わざと残してくれたんですかねぇ~?!
そんな方少ないですよね!

しかしスズメの大群には驚きましたよ。^^
[2012/11/13 11:27] URL | yamaneko #-[ 編集 ]
すごい数のスズメさんですね!!
この一角はスズメさんたちの憩いの場ですね♪
持ち主の方の意図は分かりませんが、スズメさん用に残しておられるのであれば、スズメのお宿に招待されても良いくらいの方だと思います(*^_^*)
[2012/11/13 16:38] URL | りな #rXYyU7Uo[ 編集 ]
わぁ、沢山居ますね。
小学校の頃、先生が雀は害鳥って言ってました。
稲を食べるからなんですね。
でも、元気で長生きして欲しいです。
[2012/11/13 18:01] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
これはスズメのために残していただいた田んぼなのでしょうか。それともこれから刈りいれるんでしょうか。とにかく、スズメにとってはありがたい田んぼですね。
こちらでも、夕方になると、スズメとカラスが大群になります。カラスも最近すごいことになってきました。
[2012/11/13 21:19] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
こんにちは、

子供の頃は、すずめが
普通にいましたが、
最近は、すずめがいると、
足をとめて、観察するほど
すくなくなりました。
かわいいですよね。

[2012/11/13 21:33] URL | ぴき #-[ 編集 ]
こんばんは。人と一緒に生活する鳥さん達、そういう関係をこれからも大切にしたいですね。
[2012/11/13 23:38] URL | h40 #-[ 編集 ]
yamanekoさんへ

おはようございます!

> こんにちは。
>
> この一角わざと残してくれたんですかねぇ~?!
> そんな方少ないですよね!
>
> しかしスズメの大群には驚きましたよ。^^

この一画だけ稲刈りをせず農家の人が残していたでしょう。
他の田んぼはすでに稲刈りが終わっていました。
duck4は、こんなに大群のスズメさんを見たのは久しぶりでした。
スズメさんたちのとって、稲穂がとても好きであるのことを改めて実感いたしました。v-519v-521
[2012/11/14 07:13] URL | duck4 #-[ 編集 ]
りなさんへ

おはよございます!

> すごい数のスズメさんですね!!
> この一角はスズメさんたちの憩いの場ですね♪
> 持ち主の方の意図は分かりませんが、スズメさん用に残しておられるのであれば、スズメのお宿に招待されても良いくらいの方だと思います(*^_^*)

本当に、すごいスズメさんたちの群れでした。
まさに、この一角がスズメさんたちの憩いの場。
危険を察知すると、スズメさんはすぐ電線の上に逃げ、また安全だと思うと、
田んぼに戻り稲穂をついばんでいました。

duck4もそう思っているのですが、
田んぼの持ち主さんの意図で稲刈りをしなかったのでしょう。

確かに、この田んぼの持ち主さん。
スズメのお宿に招待されても良いかもしれませんね!v-519v-521
[2012/11/14 07:22] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻きおばばさんへ

おはようございます!

> わぁ、沢山居ますね。
> 小学校の頃、先生が雀は害鳥って言ってました。
> 稲を食べるからなんですね。
> でも、元気で長生きして欲しいです。

こんなにスズメの大群に出会ったのは、久しぶりでした。
確かに、稲を食べてしまうのでスズメさんが害鳥と言われています。
でも、近年、スズメさんの数が減ってきていると言われているようです。
それも、田んぼが減ってきたこと。
スズメさんが巣を作りやすい瓦屋根などの家が少なくなってきたからでしょうか。

今まで、人とともに生きてきた鳥さんのひとつスズメさん。
がんばって後世に子孫を残し続けて欲しいですね!v-519v-521
[2012/11/14 07:28] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> これはスズメのために残していただいた田んぼなのでしょうか。それともこれから刈りいれるんでしょうか。とにかく、スズメにとってはありがたい田んぼですね。
> こちらでも、夕方になると、スズメとカラスが大群になります。カラスも最近すごいことになってきました。

この一角だけ、刈り取りをせずに残していたようです。
他の田んぼはすでに稲刈り済み。
大群のスズメさんが稲穂をついばんでいました。
スズメさんたちにとっては、さぞかしご馳走だったことでしょう。

カラスさんの塒があるのでしょうか。
夜のカラスさんの塒をまだ見たことがありません。

隣家には、スズメさんの塒もあり、
朝、チュンチュンと鳴いてくれるので、目覚まし代わりになっています。v-519v-521
[2012/11/14 07:34] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ぴきさんへ

おはようございます!

> こんにちは、
>
> 子供の頃は、すずめが
> 普通にいましたが、
> 最近は、すずめがいると、
> 足をとめて、観察するほど
> すくなくなりました。
> かわいいですよね。

最近、スズメさんの数が減ってきたような感じがします。
足を止めて観察しなければ、スズメさんに会えない場所も多くなりましたね。
こちらでも、宅地化や耕作放棄地が増えて、かつて田んぼだったところにスズメさんが
寄りつかなくなってしまいました。

こちらでは、小集団をつくって屋根の上にスズメさんがいます。
時折、地面に降りてきて種子などを食べているようです。

duck4さんもスズメさんのしぐさを見ていると可愛いと思います。v-519v-521
[2012/11/14 07:41] URL | duck4 #-[ 編集 ]
h40さんへ

おはようございます!

> こんばんは。人と一緒に生活する鳥さん達、そういう関係をこれからも大切にしたいですね。

duck4もそう思います。
田んぼが減ったりしているので、スズメさんたちが子孫を残していくのには、
大変な時代になっています。
でもスズメさんのみならず鳥さんたちにとっても棲みやすい環境になって欲しいものですよね!v-519v-521
[2012/11/14 07:45] URL | duck4 #-[ 編集 ]
雀の楽園ですね
沢山の大群でも稲穂の上なら なんだかいいです

こちらは、駅の周りにすごい大群のムクドリ?が夕方集まってます
[2012/11/14 21:01] URL | 93 #-[ 編集 ]
93さんへ

おはようございます!

> 雀の楽園ですね
> 沢山の大群でも稲穂の上なら なんだかいいです

久しぶりにスズメさんの楽園を見ました。
農家さんの粋な計らいで、稲刈りをせずに稲が残っていたからでしょう。
スズメさんたちは、大喜びのようでした。

> こちらは、駅の周りにすごい大群のムクドリ?が夕方集まってます

ムクドリさんは群れで行動しています。
100羽ぐらいでしょうか。
大群で飛び回っているところをduck4も見ます。

ムクドリさんもカラスさんのように都会の生活になじんでいるのではないでしょうか。v-519v-521
[2012/11/15 07:55] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/893-22d146c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR