FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
祠(ほこら)のなかにニンジンがあり、子馬の親子が召し上がるのでしょうか?
ブロガーさんの皆さん。

日本の代表的な観光地と言えばどこを連想するでしょうか?

皆さんからのご意見をお待ちしております!


duck4は、京都だと思うのです。

多くの外国人観光客が歩いている姿を見かけます。


そして、

日本語を勉強しているデンマーク人の友人も京都へ行きたいと言っていて、

案内したことがありました。


それだけ、

京都には、

千年にわたり人をひきつける何かパワーを秘め続けている街なのでしょう。


さて、

duck4は京都プラ歩きで、

伏見稲荷神社の境内を散策していました。


すると、

境内では、ひとつの(ほこら)を発見!


これは、何だろう?

と思い、好奇心に負けておそるおそる中を覗いてみると、

そこには、子馬の親子の像が安置されていました。



DSCF7404_convert_20120926075159.jpg

(祠には子馬の親子が神馬として奉納



それは、神馬です。


話は、少しがそれますが、

duck4が住んでいる宮城県の塩竈神社でも馬を奉納している神社がありました。

そこには、

duck4のブログの顔写真になっている2羽のアヒルさんもいたのです。


今では、

神馬やアヒルさんも魂だけを残して見ることができなくなりました。


この伏見稲荷では、像なった子馬の親子と、

それとオレンジ色の何かが祠のなかには奉納されていたのです。


そのオレンジ色の正体とは、なんと、ニンジンでした。


そのニンジンにちょっと驚いたduck4であります。



DSCF7354_convert_20120926075335.jpg

(神馬の足の下にニンジンが..!








にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




スポンサーサイト



[2012/09/26 07:54] | ダックのつばさ① | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<長野県諏訪市立図書館で小著『ヒュッゲの国から』の閲覧ができます! | ホーム | コウノトリさんに会いに...!>>
コメント
馬を神馬として祀ってる所が有るんですね。
思えば将を射んとすれば馬を射よって言いますものね。
馬は大切に思っていたんですね。

[2012/09/26 14:18] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
こんにちは☆
私もやはり京都です。
学生時代4年間住んでましたが、遊び惚けずに
もっと神社仏閣名跡巡りしてれば良かったと…
深く後悔です。。。(*´Д`)。*°
馬の親子の下に人参☆
素敵な遊び心を感じますね♪
きっと愛されて大切にされてるんでしょうね~(人´∀`*).。:*+
[2012/09/26 19:27] URL | mariyakko #-[ 編集 ]
こんばんは。
やはり国内外と問わず京都を連想する方が
多いのではないかと思います。
私は修学旅行で当時は青函連絡船そして夜行寝台特急
に揺られて訪れた事を思い出します^^
日本には色々な動物が神様として祀られた祠が
数多くあるのですね。
[2012/09/26 21:49] URL | BRABUS #Q8zXXIsk[ 編集 ]
こんにちは。

京都・・良いですねぇ~。
東京も庭園など・・意外と多いんですよ。
[2012/09/27 05:04] URL | yamaneko #-[ 編集 ]
太巻きおばばさんへ

おはようございます!

> 馬を神馬として祀ってる所が有るんですね。
> 思えば将を射んとすれば馬を射よって言いますものね。
> 馬は大切に思っていたんですね。

生きた馬を神馬として祀っている神社もあるそうです。
昔の人たちにとって、農耕馬として、時には兵馬として大切にされてきたものでしょうね。
duck4は、初めて馬の像を安置している祠を見つけたので、つい写真におさめました。

そして、足の下にはニンジンが...!v-519v-521
[2012/09/27 05:49] URL | duck4 #-[ 編集 ]
mariyakkoさんへ

おはようございます!

> こんにちは☆
> 私もやはり京都です。
> 学生時代4年間住んでましたが、遊び惚けずに
> もっと神社仏閣名跡巡りしてれば良かったと…
> 深く後悔です。。。(*´Д`)。*°
> 馬の親子の下に人参☆
> 素敵な遊び心を感じますね♪
> きっと愛されて大切にされてるんでしょうね~(人´∀`*).。:*+

学生時代に京都で生活されていたのですね!
duck4も学生の頃には、神社仏閣にはあまり興味がありませんでした。
最近になって、興味を持つようになりました。
でも、やはり、鳥さんの方に心酔していますが..!

祠に子馬の親子が奉納されていて、そして足元には人参がありました。
心を奪われて、つい写真におさめました。
ちょっとした遊び心に感服しました。

昔の人は、きっと、現代人の自動車のように、お馬さんは大切にされていたのですね!v-519v-521
[2012/09/27 05:56] URL | duck4 #-[ 編集 ]
BRABUSさんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> やはり国内外と問わず京都を連想する方が
> 多いのではないかと思います。
> 私は修学旅行で当時は青函連絡船そして夜行寝台特急
> に揺られて訪れた事を思い出します^^
> 日本には色々な動物が神様として祀られた祠が
> 数多くあるのですね。

duck4もそう思います。
京都には、たくさんの外国人の観光客がやってきます。
秋の観光シーズンには、清水寺には、ひとひとひとで、
まるで満員電車に乗っているような人の多さでした。

BRABUSさんのところでは、青函連絡線に乗り、
寝台特急に乗って修学旅行に行かれたのですね。
さぞかし、時間が掛かったことでしょうね。
なにか、旅情を感じさせる修学旅行ですね。

詳しくありませんが、
日本全国の神社には動物を祀っている神社がたくさんありそうです。
そのひとつに宮城県では「ハクチョウさん」を祀っている神社もありました。v-519v-521
[2012/09/27 06:04] URL | duck4 #-[ 編集 ]
yamanekoさんへ

おはようございます!

> こんにちは。
>
> 京都・・良いですねぇ~。
> 東京も庭園など・・意外と多いんですよ。


以外に見落としがちですが、東京にも庭園が多いのですね。
それに長崎も修学旅行の生徒さんたちが訪れそうですね。v-519v-521
[2012/09/27 06:07] URL | duck4 #-[ 編集 ]
京都いいですね
これからの時期 紅葉もまた見どころですね

duck4さんのところで、白鳥さんの祀られてるのも拝見させて頂きました。馬もあるのですね
それだけ 愛されて大切にされてるのでしょうね

足元の人参も京野菜でしょうか
細長くて普段の人参と違いますね
[2012/09/28 07:23] URL | 93 #-[ 編集 ]
93さんへ

おはようございます!

> 京都いいですね
> これからの時期 紅葉もまた見どころですね

これからが秋本番。
京都にはたくさんの人が訪れることでしょうね!
国際観光都市だけあって外国人の方も多かったです。

> duck4さんのところで、白鳥さんの祀られてるのも拝見させて頂きました。馬もあるのですね
> それだけ 愛されて大切にされてるのでしょうね

ハクチョウさんを祀っている神社あります。
宮城県南部では、ハクチョウさんを大切に崇めてきました。
知ったときに、とても嬉しくなりました。
93さん、覚えていらっしゃったのですね。
そして、馬を奉納している神社は多いようですね!

> 足元の人参も京野菜でしょうか
> 細長くて普段の人参と違いますね

このニンジンは、京野菜なのでしょうか?
確かに、よく見ると少し普通のニンジンとは形が違いますよね!v-519v-521
[2012/09/29 06:32] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/840-9748bec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR