FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ハクチョウさんとアヒルさんではどちらが純白!?
duck4にとって、

疑問に思っていたことがありました。


ハクチョウさんとアヒルさんではどっちが色白!?or


定点観測にやって越冬していたハクチョウさん!


今も、滞在しているハクチョウさんさんたちも、

よく見ると、純白ではないようです。


水にもぐって水草を食べるからでしょうか?

頭の部分が、白くない!ようです。



DSCF2653_convert_20120603081226.jpg

(定点観測ポイントにいる右羽を怪我している滞在組のハクチョウさん!


そして、

2冊の本との出合いで、

そのduck4が思っていた謎が、少し解けたのでした。


ところで、

クッチャロ湖でハクチョウさんのお世話をしていた白鳥おじさん

その白鳥おじさんが、本の中で次のように言っていた言葉がとても印象的でした。

「ハクチョウさんの顔色、羽の色を見ていると、どこに越冬していたかわかります!」


特に、

錆びた鉄のように赤茶けた色になっているハクチョウさんが

新潟周辺で越冬していた個体だそうです。


確かに、

本田清著『白鳥のいる風景』(日本放送出版協会)の本では、

とても赤茶けたハクチョウさんたちの写真が、紹介されていました。



DSCF5208_convert_20120603080504.jpg

(『白鳥のいる風景』の本の中で紹介されていた赤茶けたハクチョウさんたち





duck4が、定点観測をしているハクチョウさんも

アヒルさんのように白くないかなと思います。


しかし、

こちらの本で紹介している

白鳥さんの写真の方が、断然、赤茶けています。


はたして、

ハクチョウさんが、越冬している日本の河川、湖、沼は綺麗なのでしょうか?


ところで、

わたしは、立松和平著『北日本を歩く』(勉誠出版)の中で

次のようなことを書いていた箇所を見つけたので、ここに紹介いたします。


空の青にも海の青にも染まず漂う悲しいはずの白鳥は、

実は紙のように汚れものを写しとってしまうのである。

だからこそ悲しいのかもしれない
。」


読みながら思ったこと。

彼ら、白鳥さんたちは紙のように汚れているのかもしらないのです。


よく見ると、

ここにいる滞在組のハクチョウさんたちもまた、

全く、青や白色の純白の色ではありません。



なぜなら、

その川が綺麗でない。

とわたしは、思うからなのです。


そのため、

duck4は、同じ白色の鳥。

家禽のアヒルさんの方が白く見えたのでしょうね!



DSCF1211_convert_20120603082202.jpg

(動物園にいたアヒルさんたち!やはりアヒルさんは白いと思う!?





(参考文献・引用文献

『白鳥のいる風景』本田清著(日本放送出版協会)

『北日本を歩く』立松和平著(勉誠出版)「一万羽のコハクチョウと熱い血が通いあう人」









にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2012/06/03 08:02] | アヒル・白鳥・野鳥④ | トラックバック(1) | コメント(7) |
<<鹿児島県立図書館(奄美分館)で小著『ヒュッゲの国から』の閲覧できます! | ホーム | 2羽の朱鷺の若鳥たち!/遅れをとってしまう1羽のハクチョウさん!>>
コメント
おはようございます^^
こちらでは真冬に真っ白だったハクチョウは、
雪解けと共に茶色くなります。
それは干潟を歩いたり、泥の中に頭を突っ込んで採食しているからです。

また、春に畑へ採食へ向かうハクチョウも、
同じく腹が泥で汚れて茶色くなっています。

また、他の野鳥・・・例えばユキホオジロも、
越冬しているうちに摩擦で毛が抜け落ちて、
体色が変化していくのを目にします。
[2012/06/03 08:25] URL | Kasuga #GCA3nAmE[ 編集 ]
赤茶けてる白鳥さん 初めて見ました
なんだか いつもの知ってる白鳥さんではないような別の種類に見えますね

白鳥おじさんもすごいですね
地域によって、その川や、池などで色味が変わるんですね
水の汚れが羽の色を変えるって 言われてみればそうなんですね

こんなに近くの白鳥さんの写真 すごいです
私、アヒルは見たことあっても、白鳥はきっと今まで見たことないと思います。
なので、dcuk4さんのブログから 白鳥さんの姿を見ることが出来て嬉しいです

[2012/06/03 10:36] URL | 93 #-[ 編集 ]
赤茶けてる白鳥さん 初めて見ました
なんだか いつもの知ってる白鳥さんではないような別の種類に見えますね

白鳥おじさんもすごいですね
地域によって、その川や、池などで色味が変わるんですね
水の汚れが羽の色を変えるって 言われてみればそうなんですね

こんなに近くの白鳥さんの写真 すごいです
私、アヒルは見たことあっても、白鳥はきっと今まで見たことないと思います。
なので、dcuk4さんのブログから 白鳥さんの姿を見ることが出来て嬉しいです

[2012/06/03 10:36] URL | 93 #-[ 編集 ]
白鳥って確かに色が微妙に違うんですよね。
面白いですね。
ベルリンのテーゲル湖の白鳥は何処に居たか
気になります。
茶色っぽいのが居るんですよ。
まさか新潟から飛んで来るとは思えませんし・・・
[2012/06/04 04:13] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
Kasugaさんへ

おはようございます!

> おはようございます^^
> こちらでは真冬に真っ白だったハクチョウは、
> 雪解けと共に茶色くなります。
> それは干潟を歩いたり、泥の中に頭を突っ込んで採食しているからです。

真冬のハクチョウさんは雪の中にいるので真っ白ですか?
そして、雪解けとともに、茶色になるのですね。

こちらでも、
餌場の田んぼで餌を探しているハクチョウさんもまた
泥まみれになっています。

> また、春に畑へ採食へ向かうハクチョウも、
> 同じく腹が泥で汚れて茶色くなっています。

写真の餌場にいるハクチョウさんたちは、
すごく赤茶けています。
土壌の影響でしょうね。

本の中に登場してきた白鳥おじさんが、
どこの越冬地にいたか見分けられるのも理解できます。

> また、他の野鳥・・・例えばユキホオジロも、
> 越冬しているうちに摩擦で毛が抜け落ちて、
> 体色が変化していくのを目にします。

鳥って不思議ですよね。
摩擦で毛が抜けることがあるのですね!

4月後半から5月初旬頃でしようか?
河川敷には、鳥の羽がよく落ちえていました。
冬毛から夏毛に変わるからでしょうかね!i-275i-274
[2012/06/04 05:45] URL | duck4 #-[ 編集 ]
93さんへ

おはようございます!

> 赤茶けてる白鳥さん 初めて見ました
> なんだか いつもの知ってる白鳥さんではないような別の種類に見えますね

わたしも、ここまで、赤茶けた白鳥さんを見るのは初めてでした。
ここまで、汚れてしまうといつもの白鳥さんとは違うようですね!

餌場から飛び立つ前に汚れを落としたのでしょうか?
それとも、ねぐらの水辺で水浴びして汚れを落としているのでしょうかね!

> 白鳥おじさんもすごいですね
> 地域によって、その川や、池などで色味が変わるんですね
> 水の汚れが羽の色を変えるって 言われてみればそうなんですね

わたしも、そう思います。
その白鳥おじさんの白鳥の羽の色を見て、どこに越冬していたか
わかるとは。
長年かかわってきたからでしょうね!

わたしも立松和平さんの本を読んでそう思うようになりました。

確かに、
いつもいる滞在組のハクチョウさんたちは、
飛べないために、川の水の中で生活しています。

よく水に使っている部分の腹の部分。
水草を食べるためにもぐる首の部分は少し灰色に変色しているような感じです。

> こんなに近くの白鳥さんの写真 すごいです
> 私、アヒルは見たことあっても、白鳥はきっと今まで見たことないと思います。
> なので、dcuk4さんのブログから 白鳥さんの姿を見ることが出来て嬉しいです

このハクチョウさんは、右羽を怪我した今も滞在しています。
冬に撮影しました。

今回、アヒルさんに登場したもらったのには、ハクチョウさんたちと比較して
白さを確認して欲しかったからでした。

93さん!
ありがとうございました!i-275i-274
[2012/06/04 05:57] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻おばばさんへ

おはようございます!

> 白鳥って確かに色が微妙に違うんですよね。
> 面白いですね。
> ベルリンのテーゲル湖の白鳥は何処に居たか
> 気になります。
> 茶色っぽいのが居るんですよ。
> まさか新潟から飛んで来るとは思えませんし・・・

そうなんですよね!
ハクチョウさんたちの羽の色はそれぞれ違うようですね。

餌場の土壌に影響しているのか?
そのねぐらの水辺に影響しているのか?
とても不思議です。

この滞在組のハクチョウさんもいつも水に面しているお腹や首の部分が
ちょっと灰色になっています。

もし、赤茶ぽいのいたら、鉄分の多い土壌でハクチョウさんは
餌を探しているのかもしれませんよね!v-519v-521
[2012/06/04 06:04] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/719-010bcd7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
[2012/06/07 07:23]
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR