FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
滞在組のハクチョウさんたちの性格がわかってきます!
5月6日付けのduck4ブログの

5キロもスイスイ泳ぐことができるハクチョウさんたちの足の力!では、

滞在組の7羽ハクチョウさんが、

みんなで下流に泳いでいったことを紹介しました。


DSCF4424_convert_20120506073038.jpg

(みんな一緒に下流に向かって泳いでいった滞在組の7羽のハクチョウさんたち!



そのハクチョウさんは、また川をさかのぼり、

下降から8キロ付近の上流に戻ってきたようです。


7羽のハクチョウさんが、

同じ場所に戻ってきたわけではありません。


1羽のハクチョウさんは、下流から6キロ付近の

浅瀬にいました。

片足で立って、ときどき羽づくろいして、休息中の様子です。


もしかしたら、このハクチョウさんは、ひとりぼっちでいることが

好きなのでしょうか?


時々、単独行動をします。


DSCF4473_convert_20120508072532.jpg

(片足で立っているハクチョウさん

DSCF4472_convert_20120508072649.jpg

(片足で立って羽づくろ中のハクチョウさん!一人ぼっちがすきなのかな!



そして、

もう1羽のハクチョウさんは、

砂場付近の河川敷で泳いでいました。


一度は、仲間の5羽のハクチョウさんたちのところ、

堰の向こうに登ろうとしましたが、

登れず、諦めて、砂場近くの川で水草を探しているようです。


このハクチョウさんは、仲間と一緒に行動をしたかったのでしょうか!?


でも、

体力的に、ついていかなかったのかもしれません。



DSCF4458_convert_20120508073151.jpg

(堰を登れず諦めて戻ってきたハクチョウさん!



DSCF4466_convert_20120508073414.jpg

(気を取り直して、水草探しをするハクチョウさん!


DSCF4470_convert_20120508073311.jpg

(首を伸ばして堰を登って泳いでいる仲間のハクチョウさんのことが気になっている様子!




それから、5羽のハクチョウさんたちは、

逆流をものともせずに、堰をひょいひょい!と駆け上がりながら歩き、

堰の向こうで泳いで餌を探しているようでした。


DSCF4468_convert_20120508074339.jpg

(堰の向こう側に登っていった5羽ハクチョウさん!


それぞれのハクチョウさんもけがの状態!

体力状態

性格もあるのでしょうか?


1羽でいるのが好きなハクチョウさん!

自分のペースを大切にするハクチョウさん!



いつも2羽のオオハクチョウと一緒にいるコハクチョウさん!


定点観測でスワンウオッチングをしていると、

それぞれの性格がわかってくるような感じがします。









にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




スポンサーサイト



[2012/05/08 07:34] | 滞在組のハクチョウさん① | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<デンマークの満開の菜の花畑inバゴー島! | ホーム | サハリンへの旅で宮沢賢治が『銀河鉄道の夜』に登場する白鳥停車場のモチーフを考えたのか!?>>
コメント
いいですねぇ^^和みますb

普段、当たり前のようにある風景を、時間をかけてゆっくり観察してみるというのは、なかなかの贅沢ですよ^^b

そこから見えてくるもので、色々な事を考えたり発見したり…こういう事が現代の子供や大人達には一番必要なんじゃないかと思えました。

考えなくなった人間、見なくなった人間…そういうのが多すぎてウンザリしてしまう今日この頃ですけど、ここにきてホッと一息つけました♪

ありがとうです★
[2012/05/08 15:21] URL | ウダモ #-[ 編集 ]
白鳥にもいろいろ性格が有るんですね。
そうなると観察も興味が増しますね。
何だか楽しくなってきます。
[2012/05/08 15:32] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
ウダモさんへ

おはようございます!
ウダモさん!
コメント、ありがとうございます!

> いいですねぇ^^和みますb
> 普段、当たり前のようにある風景を、時間をかけてゆっくり観察してみるというのは、なかなかの贅沢ですよ^^b
> そこから見えてくるもので、色々な事を考えたり発見したり…こういう事が現代の子供や大人達には一番必要なんじゃないかと思えました。

> 考えなくなった人間、見なくなった人間…そういうのが多すぎてウンザリしてしまう今日この頃ですけど、ここにきてホッと一息つけました♪
>
> ありがとうです★

バードウオッチングをおかげで、
今まで知らなかったことを、自然から教えてもらっています。

滞在組のハクチョウさんたちは、飛ぶことができなく、
河川敷に生息しています。
ハクチョウさんたちは、飛べなくても、お互いが一緒に
生活しているようです。

コーン!コーン!と鳴きながら、同じ方向に餌を求めて
泳いでいく姿は、なんともいえなく微笑ましいですね!

ハクチョウを観察することで、いろいろなことが見えてきました。
それが、きっと、探究心なのかもしれませんね!i-274i-275v-289
[2012/05/09 05:45] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻おばばさんへ

おはようございます!

> 白鳥にもいろいろ性格が有るんですね。
> そうなると観察も興味が増しますね。
> 何だか楽しくなってきます。

ハクチョウさんたちもいろいろな性格があるようです。

おとなしい性格。
活発な性格の持ち主。
右羽をけがしているハクチョウさんのように食いしん坊の性格の持ち主。

仲間で移動するときに、
みんなが、コーン!コーン!鳴きながら川を泳いでいきます。
そして、仲間が遅れると待っていたりもします。

同じ場所でハクチョウさんを観察するのも楽しいですよ!v-519v-521
[2012/05/09 05:51] URL | duck4 #-[ 編集 ]
話す言葉もわかったら、どんなに楽しいでしょうね
どんなことを考えて行動してるのか 性格や個性まで見えてきたらって思うと楽しさ倍増ですね

[2012/05/09 06:48] URL | 93 #-[ 編集 ]
93さんへ

おはようございます!

> 話す言葉もわかったら、どんなに楽しいでしょうね
> どんなことを考えて行動してるのか 性格や個性まで見えてきたらって思うと楽しさ倍増ですね

ハクチョウさんのことばがわかったら、本当に楽しいですよね!
例えば、仲間と一緒に泳いでいるとき、
お互い、コォ!コォ!とやさしく鳴いているようです。

また、はぐれたり、上空を仲間が飛んでいるときは、
ダブル・フォルテで大声でコーン!コーン!と叫ぶようです。

それぞれの性格を理解すると、
ハクチョウさんウオッチングも100倍楽しくなりますね!v-519v-521


[2012/05/09 07:54] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは。
彼らの性格を想像するのも、鳥見の楽しみのひとつですよね。
私も好きなので良く勝手に想像していますが、いつかホントのところを聞いてみたいものです(笑)
[2012/05/11 00:06] URL | h40 #-[ 編集 ]
h40さんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> 彼らの性格を想像するのも、鳥見の楽しみのひとつですよね。
> 私も好きなので良く勝手に想像していますが、いつかホントのところを聞いてみたいものです(笑)

h40さんがおしゃるとおりですね。
ハクチョウさんたちの性格を想像するのも、鳥見の楽しみです。

見ていると、ハクチョウさんには、何種類かの鳴き方があるようですが...
話ができたら、彼らの本音を聞いてみたいところです。v-519v-521
[2012/05/11 06:28] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/692-57fa2261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR