FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
朱鷺をシンボルにした自然ツーリズムを佐渡に!
朱鷺が、野生の中で卵を孵化させました。

そして、只今、子育て真っ最中!


4月28日のニュースで言っていました。

3羽の子育て中の朱鷺の巣に、カラスが現れ、撃退したそうです。


朱鷺は、子どもを必死の守るために、カラスを威嚇。

カラスは、朱鷺の巣から、飛び去っていきました。


佐渡の主な産業のひとつに、観光業があります。


しかし、

近年では、年々、

佐渡を訪れる観光客は、減っているそうです。


地元の関係者は、

観光客が朱鷺を見に来ることに、期待を寄せています。


しかしながら、

まだ、思ったよりも

朱鷺は、佐渡の観光には、貢献していないようです。


わたしたちは、朱鷺保護センターにて、

飼育されいる朱鷺を見ることができます。


けれども、

バードウオッチャーにとって、

彼らの様子を見るのは、難しいようなのです。


ケージがとても小さく、20メートルも離れています。

そのため、観光客は、不満を漏らしているようです。


昨年、7月から8月に掛けて、佐渡市は、朱鷺ウオッチングツアーを実施しました。


しかし、

朱鷺は、田んぼの中でドジョウなどの食べ物を探します。

稲が成長して、朱鷺が見えないので、

ツアーに参加した人の中には、田んぼに入って、写真を撮った人もいました。


野生の中で、朱鷺が生まれたことは、喜ばしいことです。

機会があれば、duck4も見てみたいとも思います。


でも、

この朱鷺が、佐渡の観光の起爆剤になるかどうか!?

それは、これから、試行錯誤をしながら、佐渡の未来を考えるためにも

大切な命題になるしょう。


これは、わたしの意見ですが、

あえて、わたしは、朱鷺を観光と直接、結びつけなくても良いと思います。


朱鷺が自然豊かな島に戻ってきた

というコンセプトで観光客に売り込むべきです。


朱鷺を自然に戻すということは、

佐渡の農業の生産方法自体も変わることになってきたのでした。


農薬をあまり使わないコメづくり。

そこには、田んぼに住むドジョウを求めて、朱鷺が舞い降りる。


朱鷺は、佐渡の再生のシンボル的存在にすることです。


農家民宿に数日、宿泊して、

おいしい!無農薬のコメを食べる。

自然と親しむ。

時には、農作業を体験する。


都会では体験できない田舎暮らし。

それが、佐渡の朱鷺をシンボルにした観光ではないでしょうか?


朱鷺をシンボルにした、自然を生かした、

佐渡のグリーンツーリズムを実践していった方が

良いかと思います。




DSCF4312_convert_20120502091025.jpg

(河北新報の朱鷺に関する新聞記事より



(参考資料

2012年4月28日 河北新報夕刊記事 『佐渡の観光業界』

2012年4月29日 河北新報朝刊記事 『放鳥トキ天敵撃退』









にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ






スポンサーサイト



[2012/05/02 08:29] | アヒル・白鳥・野鳥③ | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<ど根性ビオラ! | ホーム | クッチャロ湖にコハクチョウさんが集結!>>
コメント
おはようございます!
私も先日ニュースの映像でからすから羽根を広げてヒナを守るトキに感動しました
あばれんぼうのカラスも嫌いではないので双方の立場を考えると複雑ではありますが・・

私もトキと観光を直接結びつけるのは賛成できません;;
なんでも人間がコントロールする事自体自然破壊に繋がると思います
この地球に人間がいなければもっと地球も健全だったはずですものね
人間が言うのもなんですが;;

トキも出来るならそっとしておいてあげたい・・
[2012/05/02 10:56] URL | tiyomin #ZjBr1npc[ 編集 ]
朱鷺、頑張って欲しいです。
厳しい気象条件、天敵も多い中での
子育ては大変だと思います。
[2012/05/02 13:38] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
こんばんは^^
トキの赤ちゃんのニュースをとても嬉しく思っておりました。
地元では、ちょっと事情が違っていたのですね?
人間って同じようには考えれないのでしょうね。。。

自然と仲良くしていく方法では、どこかに不満が出るのでしょうか?
一番いい方法が望まれても、人間界のしがらみが邪魔をするのですね。。。
トキが気の毒ですね。。。

そっと、見守ってあげたいですよね^^
[2012/05/02 21:58] URL | いちごじゃむ #8kXIh0Eo[ 編集 ]
tiyominさんへ

おはようございます!

> おはようございます!
> 私も先日ニュースの映像でからすから羽根を広げてヒナを守るトキに感動しました
> あばれんぼうのカラスも嫌いではないので双方の立場を考えると複雑ではありますが・・
>
> 私もトキと観光を直接結びつけるのは賛成できません;;
> なんでも人間がコントロールする事自体自然破壊に繋がると思います
> この地球に人間がいなければもっと地球も健全だったはずですものね
> 人間が言うのもなんですが;;
>
> トキも出来るならそっとしておいてあげたい・・

わたしもそう思いました。
親の朱鷺が、カラスからヒナを守るために羽を広げていたシーンには感動しました。
どうか、朱鷺のヒナがすくすくと育って、大空に羽ばたいて欲しいものですね!
カラスも嫌いではないので、ちょっと複雑な気持ちです。

朱鷺を生かした島作り。
それは、多くの朱鷺たちと人間が共存共栄を図れる島になることだと思います。

田んぼには、ドジョウやカエルが戻り、
朱鷺たちは、それらを捕食する。
そのためには、農薬を使わず、(専門家でないので詳しいことはわかりませんが!)
オーガニック米が佐渡のブランドして私たち消費者に認知され、高く売れれば、
佐渡の経済も潤うのではないかと思っています。

朱鷺はその自然回復のシンボル!
自然を壊したのは、人間です。
でも、自然をまた再生できる可能性を秘めているのも人間のように思えてなりませんね。i-275i-274


※野生下のトキのヒナ3羽と給餌をするオスの親鳥 (2012年4月30日)
(環境省のビデオがYou Tubeに投稿)

http://www.youtube.com/watch?v=YKrpQoIXpFk←朱鷺の映像です!v-289
[2012/05/03 07:57] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻おばばさんへ

おはようございます!

> 朱鷺、頑張って欲しいです。
> 厳しい気象条件、天敵も多い中での
> 子育ては大変だと思います。

朱鷺さん、子育て頑張ってください!
と思います。

天敵が多い中で、無事巣立っていって、
大空を羽ばたいて欲しいものですね!v-519v-521


※野生下のトキのヒナ3羽と給餌をするオスの親鳥(2012年4月30日)
の環境省がYou Tubeに投稿したビデオです。

http://www.youtube.com/watch?v=YKrpQoIXpFk

親の朱鷺がヒナにえさを与えているところを見ることができます。
良ければ、ご覧ください!

とても、ヒナたちが愛くるしいですよ!v-519v-521
[2012/05/03 08:08] URL | duck4 #-[ 編集 ]
いちごじゃむさんへ

おはようございます!

> こんばんは^^
> トキの赤ちゃんのニュースをとても嬉しく思っておりました。
> 地元では、ちょっと事情が違っていたのですね?
> 人間って同じようには考えれないのでしょうね。。。
>
> 自然と仲良くしていく方法では、どこかに不満が出るのでしょうか?
> 一番いい方法が望まれても、人間界のしがらみが邪魔をするのですね。。。
> トキが気の毒ですね。。。
>
> そっと、見守ってあげたいですよね^^

朱鷺のヒナの誕生のニュース!
いつも関心を示しています。

たまたま、You Tubeで探してみると、
野生下のトキのヒナ3羽と給餌をするオスの親鳥(2012年4月30日)が
環境省で、投稿していました。

http://www.youtube.com/watch?v=YKrpQoIXpFk ← 朱鷺の親がヒナにえさをやるシーン!i-274

親鳥がヒナに餌を与えているシーンです。
いっぱい食べて、無事巣立っていって欲しいと
このビデオを見て思いました。
ヒナがとても愛くるしかったです。

地元としては、観光客が減っている現状では、
朱鷺に寄せる想いは、とても強いのかもしれませんね。

それが、観光のために朱鷺が振り回されないことを、
願う限りです。

朱鷺は、佐渡の自然回復のバロメーター!
農薬を使わずにオーガニックのコメを生産することで、
朱鷺の餌であるドジョウやカエルが戻ってきます。
消費者もおいしい佐渡のコメを食べることができます。

そのような、自然と社会が循環した佐渡が、
実現できることなのでしょうね。
そのシンボルが朱鷺だと思います。

いちごじゃむさんが、おしゃるように、
人間が振り回すことなく、
朱鷺をもっと見守って欲しいものですよね!i-275i-274
[2012/05/03 08:54] URL | duck4 #-[ 編集 ]
duck4さんのこの記事が佐渡の人の目に留まりますように。
そのとおりだと思います。
[2012/05/04 01:09] URL | クウーママ #-[ 編集 ]
クウーママさんへ

おはようございます!

> duck4さんのこの記事が佐渡の人の目に留まりますように。
> そのとおりだと思います。

コメントありがとうございます。
佐渡が自然豊かな島になりますように、
願う限りです。v-519v-521
[2012/05/04 06:55] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/685-52cca259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR