FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ハクチョウさんの食事シーン!
飛べないハクチョウさん。

渡りをしないでとどまっているハクチョウさんは、

元気
です。


duck4ブログの読者さん。

どうか、ご心配しないでください!


いつも、8羽がいっしょに仲良く河川敷を泳いでいます。

最近では、ねぐらも移動していて、

太平洋から8キロ上流をさかのぼったところにいるようです。



ところで、わたしは、

ハクチョウさんたちが、水草、葉っぱ、根っこを食べていたところを

見ることができました。


DSCF3816_convert_20120422091701.jpg


(手前は左羽をけがしたハクチョウさん!奥は右羽をけがしているハクチョウさん!



そして、いつも8羽で一緒に行動していたハクチョウさんの中には、

もちろん、

右羽をけがしているハクチョウさん。

左羽をけがしているハクチョウさん。

もいたのです。


右羽をけがしているハクチョウさんは、首を長く伸ばして

草の根っこや草の葉っぱをかじっていました。

根っこは、とても硬いので、何度も何度も口ばしを使ってかじっていたのです。


DSCF3825_convert_20120422091831.jpg

(長い首をねじ曲げながら根っこを引っ張っている右羽をけがしているハクチョウさん!


一方では、左羽をけがしているハクチョウさんもまた、長い首を伸ばして、

根っこを食べるために、何度も何度もくりかえすように、口ばしをつかって

かじっていました。


DSCF3819_convert_20120422091751.jpg

(一緒に根を引っ張って食べている手前が左羽をけがしているハクチョウさん!奥が右羽をけがしているハクチョウさん!




右羽をけがしたハクチョウさんも左羽をけがしているハクチョウさんも

食欲旺盛

特に、体の大きい右羽をけがしているハクチョウさんは、こちらのことを全く気もとめずに

食べていました。



DSCF3830_convert_20120422092030.jpg

(ゴソゴソ!と口ばしを使って引っ張る右羽をけがしているハクチョウさん!



DSCF3830_convert_20120422092030.jpg

(再び、ゴソゴソ!と口ばしを使って何度も何度も引っ張っている右羽をけがしているハクチョウさん!



DSCF3843_convert_20120422092115.jpg

(違うところに移動して、再び、ゴソゴソ!根っこを引っ張り飲み込んでいるハクチョウさん!


ハクチョウさんをウオッチングしていて、

初めて気づいたことがあります。

それは、ハクチョウさんの目の周りにはリングがあることです。


これは、『道東の野鳥写真』について書かれている、

北海道在住のブロガーのKasugaさんの「オオハクチョウ」の記事で教えて頂いただきました。

まさに、よく見ると、ハクチョウさんにはアイリングがあったのです。



ブログをしていて、

コメントを頂くと、

いろいろなハクチョウさんの情報を知ることができ、とても助かっています。

ブロガーさんの皆さん。

ありがとうございました








にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ





スポンサーサイト



[2012/04/22 08:45] | 滞在組のハクチョウさん① | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<デンマーク人の友人の日本語レッスンで童話『鶴の恩返し』を読み終えて...! | ホーム | ツバメさんの飛来は3月30日でした!>>
コメント
こんばんは。
紹介して頂き、ありがとうございます。
人が来れば餌を貰えると思って寄ってくるようです。
最短で30cmくらいまで寄ってきます。
その為、よく顔を観察する事が出来ました。

今日は屈斜路湖へ行ってきたのですが、
採食のため畑へ散っているのか、こちらでは少ない29羽でした。
[2012/04/22 21:30] URL | Kasuga #GCA3nAmE[ 編集 ]
こんばんわ!
白鳥さん達、みんな元気で安心しました
食欲旺盛なのは嬉しい事ですね
私は人間も一杯食べる人が大好きです
何か見ているこちらもも元気になれる気がします♪
アイリングですか、今度見る機会があったらじっくり観察したいです
[2012/04/22 23:41] URL | tiyomin #ZjBr1npc[ 編集 ]
Kasugaさんへ

> こんばんは。
> 紹介して頂き、ありがとうございます。
> 人が来れば餌を貰えると思って寄ってくるようです。
> 最短で30cmくらいまで寄ってきます。
> その為、よく顔を観察する事が出来ました。
>
> 今日は屈斜路湖へ行ってきたのですが、
> 採食のため畑へ散っているのか、こちらでは少ない29羽でした。

おはようございます!

ハクチョウさんの目の周りがアイリングになっていた記事。
今まで、全く気づかなかったのでとても参考になりました。
ありがとうございました。

全国的にハクチョウさんたちに餌付けをしているということで、
人間を全く怖がりませよね!
こちらでも、よく寄ってきます。
観察しやすい鳥がハクチョウさんです。

最近では、餌をあげる人もいないので、
8羽のハクチョウさんたちは、自分たちで河川敷を泳ぎながら、
水草や根っこを口ばしで引っ張って食べているようです。

屈斜路湖周辺でも、日中餌場に行って、食べ物を探しているようですね。
いっぱい食べて、無事、北へと旅たって欲しいものです。v-289i-275


[2012/04/23 06:45] URL | duck4 #-[ 編集 ]
tiyomin さんへ

おはようございます!

> こんばんわ!
> 白鳥さん達、みんな元気で安心しました
> 食欲旺盛なのは嬉しい事ですね
> 私は人間も一杯食べる人が大好きです
> 何か見ているこちらもも元気になれる気がします♪
> アイリングですか、今度見る機会があったらじっくり観察したいです

ほとんどのハクチョウさんたちは、北へと旅立っていきました。
こちらでは、8羽のみになりました。

餌をあげる人もいなく、自分たちで河川敷を泳ぎながら移動して、
水草、根っこを食べているようです。
野生のハクチョウさんの姿を観察できてとても新鮮な気持ちになりました。

tiyominさんがおしゃるように...
飛べない右羽をけがしているハクチョウさん。
左羽をけがしているハクチョウさんが、
口ばしをつかって食べている姿を見ていると
元気になりました。

わたしも今まで気づきませんでしたが、
ハクチョウさんにはアイリングがありました。

機会がありましたら、是非、見てみてください!v-519v-521

[2012/04/23 06:54] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんにちは。
滞在組のハクチョウさんたちは
食欲も旺盛で何よりですね。
先日札幌方面で、ハクチョウの群れが
飛んでいくのを目撃しました。
北へ北へと向かっているのでしょうね。

アイリング・・・気づきませんでした^^
[2012/04/23 11:52] URL | BRABUS #Q8zXXIsk[ 編集 ]
餌付けが全国的に行われてるとは、知りませんでした^^
ハクチョウへの餌付けの先駆けとなった尾岱沼では現在、
餌付けはされていません。
去年、鳥インフルの関係で禁止されてから、
売店では餌を売らなくなったためで、一度もやっている姿を目にしませんでした。
屈斜路湖では餌が売っているため、
観光客がそれを買ってやっていました。
[2012/04/23 18:03] URL | Kasuga #-[ 編集 ]
BRABUSさんへ

おはようございます!

> こんにちは。
> 滞在組のハクチョウさんたちは
> 食欲も旺盛で何よりですね。
> 先日札幌方面で、ハクチョウの群れが
> 飛んでいくのを目撃しました。
> 北へ北へと向かっているのでしょうね。
>
> アイリング・・・気づきませんでした^^

飛べないハクチョウさんより、
滞在組のハクチョウさんの方が
良い表現方法ですね!

滞在組のハクチョウさんは、
河川敷を泳ぎながら、
羽をばたつかせ、中州を歩いたり、
水草や根っこを食べたりしています。

その食欲旺盛ぶりに安心しました。

札幌周辺では、ハクチョウさんの群れを見かけましか?
たぶん、宮城県あたりに越冬していた、
ハクチョウさんもいたのではないでしょうか?

これから、ゴールデンウィークにかけて北へと向かい、
樺太(サハリン)を経由して、シベリア周辺、コマリ川周辺で、
繁殖をするのでしょうね。

渡り鳥には、どこかロマンがあります。

このアイリングのことは、
北海道在住のブロガーさんに教えていただき
わたしも知りました。v-289i-275
[2012/04/24 05:39] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Kasugaさんへ

おはようございます!

> 餌付けが全国的に行われてるとは、知りませんでした^^
> ハクチョウへの餌付けの先駆けとなった尾岱沼では現在、
> 餌付けはされていません。
> 去年、鳥インフルの関係で禁止されてから、
> 売店では餌を売らなくなったためで、一度もやっている姿を目にしませんでした。
> 屈斜路湖では餌が売っているため、
> 観光客がそれを買ってやっていました。

新潟県の瓢湖。
ハクチョウさんの越冬地でありますが
そこで、餌付けに成功。

今では、ハクチョウさんの大越冬地になっています。

子どもの頃、
吉川繁男著『ハクチョウと生きる』(大日本図書株式会社)を
読んで、ハクチョウさんへの餌付けに成功したこと。
大越冬地になるまでの苦労がつづられいました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%81%A8%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E2%80%95%E7%93%A2%E6%B9%96%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%A3%E3%81%A6-%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%90%89%E5%B7%9D-%E7%B9%81%E7%94%B7/dp/4477164904←(吉川さんの著書『ハクチョウと生きる』アマゾンの情報より)

今で言う、ハクチョウおじさんのひとりです。

北海道でもまちまちのようですね。
尾岱沼のように、鳥インフルエンザで餌付けを禁止している所。

また、観光目的でえさを売っている屈斜路湖のようにです。

でも、餌付けをすることで、
ハクチョウさんたちは、人間を恐れなくなりましたね。
当地に滞在している8羽のハクチョウさんたちも、全く逃げませんね。

最近、思うのですが、ハクチョウさんは野生の鳥の中でも、
家禽化しているように思えてなりません。

そのため、わたしにとっては、
一番バードウオッチングをしやすい鳥の
ひとつになってます。v-519v-521
[2012/04/24 06:11] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/675-8b02d02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR