FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
越冬するためのツルたちの楽園の地・鹿児島県出水市!
越冬するためのツルのために、

保護している場所が、

日本にはあります。


その場所は、鹿児島県出水市


毎年、秋から春先にかけて、

1万羽以上のツルたちが、

繁殖地のロシアアムール川や中国から、

朝鮮半島を経由して出水市にやってきます。


その出水市に飛来するツル。

ナベツル。

マナヅル。

クロヅル。

カナダヅル。

ソデグロヅル。

アネハヅル。

タンチョウ。

ナベグロヅル。


が、飛来するようです。



しかし、昨年度は、

この出水には、残念なことがありました。


7羽ツルが鳥インフルエンザにかかってしまったからです。

そのため、ツル見学を禁止したのです。



今年度は、地域住民の協力により、

まだ、1羽のツルも鳥インフルエンザにはかかっていません


けれども、人間が鳥インフルエンザに感染しないように、

ツルと直接接触しないように、対策も取られています。


そのひとつが、

訪問者は、

ツル観察センターの中でツルを観察するようになっています。

今まで、有料だった施設が、無料で開放しているようです。



ツル観察センターの目の前には、田んぼが広がっています。

その場所は、ツルたちの餌場になっているようです。

たくさんのツルたちが、餌を探しては、食べていました。



DSCF2149_convert_20120221091101.jpg

(田んぼには、たくさんのツルたちが!ここはツルたちの餌場です。)


実を言うと、

その田んぼは、個人の所有物です。


ツルが飛来する、

11月1日から翌年の3月31日までは、

ツル以外は、立ち入ることができなくなっています


まさに、その期間は、

ツルたちの楽園

なのです。



DSCF2146_convert_20120221090933.jpg

(ツルたちの楽園)


もちろん、

その地域には、国から、

約8000万円補助金がおりています。


昨年度の鳥インフルエンザの影響で、ツルにも感染して、

今年になっても、観光客の数が減っているようです


けれども、

ツルたちは、例年の変わりなく、出水に越冬しているようです










にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2012/02/21 08:44] | アヒル・白鳥・野鳥③ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<越冬地の出水から中継地の韓国、北朝鮮の非武装地帯まで12時間かけて飛ぶ【マナヅル】の群れもいます! | ホーム | ちょっとうれしい話!ちょっと悲しい話!>>
コメント
懐かしいです!

ツルの飛来地の出水
実家から車で約1時間半くらいの距離なので
この時期に友達とよく見に行ってました!

そうでしたか。。。
去年は鳥インフルにかかったツルが居たのですね。
見学が中止になったいたとは知りませんでした。

ツルたちが優雅にたたずむ姿は圧巻ですもんね。
不思議な気持ちにさせられます!

また以前のように
観光へ訪れる方々がいらっしゃる事を願っています。
[2012/02/21 21:45] URL | ウォーターリリー #T4VI7/Tg[ 編集 ]
ウォーターリリー さんへ

おはようございます!

> 懐かしいです!
>
> ツルの飛来地の出水
> 実家から車で約1時間半くらいの距離なので
> この時期に友達とよく見に行ってました!
>
> そうでしたか。。。
> 去年は鳥インフルにかかったツルが居たのですね。
> 見学が中止になったいたとは知りませんでした。
>
> ツルたちが優雅にたたずむ姿は圧巻ですもんね。
> 不思議な気持ちにさせられます!
>
> また以前のように
> 観光へ訪れる方々がいらっしゃる事を願っています。

ウォーターリリーさん は、よく出水にツルを見に行かれたのですね。
どこととなく、日本の原風景が残っているところで良かったです。

昨年度は、鳥インフルエンザにツルもかかり、
観光も中止になったようです。

今年度は、まだ、鳥インフルエンザにかかったツルも見つかっていません。
安心しております。

でも、昨年度の鳥インフルエンザの影響で、
めっきり、観光客が激減しているそうです。

ツルは、本当に優雅ですね。
野鳥の中では、ハクチョウも好きですが、
ツルも好きなりました。

あの姿がなんとも言えなく格好いいですね。

わたしも、出水の活性化のために、
観光の人々がもっといらっしゃて欲しいと思います。i-275i-274

[2012/02/22 07:21] URL | duck4 #-[ 編集 ]
鶴は、長旅をするんですね
鹿児島と鶴って無知ですが意外でした
鹿児島に鶴って結びつかなかったです

鶴の淡麗な容姿 見てるだけで幸せですよね
実際に見たことないのですが・・・
[2012/02/24 06:52] URL | 93 #-[ 編集 ]
93さんへ

おはようごいざます!

> 鶴は、長旅をするんですね
> 鹿児島と鶴って無知ですが意外でした
> 鹿児島に鶴って結びつかなかったです
>
> 鶴の淡麗な容姿 見てるだけで幸せですよね
> 実際に見たことないのですが・・・

鹿児島に越冬するツルは、渡りをします。
もう、繁殖地の中国、ロシアへ向かって旅立っているツルもいるそうです。

わたしも知らなかったのですが、
繁殖地へ行く前。

鹿児島の出水を飛んだツルの群れは、
ダイレクトに韓国、北朝鮮の国境地帯の中継点まで飛んでいくそうです。

わたしも、ツルの美しい姿を見ているだけで幸せになります。

どうか、来年度も、ツルさんたが、また日本に戻ってきてくださいね!
と願っています。v-519v-521
[2012/02/24 07:44] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/611-a9129ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR