FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
いつも一緒のハクチョウさんの親子と一羽の居候さん!
ハクチョウさんたちは、家族単位で生活しているようです。


そして、昼間は、群れをなして餌場へ。

夜には、ねぐらに戻ってきます。


その数。

定点観測ポイントでは、

100羽ほどのハクチョウさんが、ねぐらに戻ってきます。



すると、です。

こちらに、数羽のハクチョウさんが...!




DSCF2036_convert_20120212075735.jpg

(親子のハクチョウと一羽の居候さんが...!


こちらに、泳いできました。

ハクチョウの親子と、その居候の1羽のハクチョウさんです。



DSCF2037_convert_20120212075833.jpg

(・・・こちらに泳いできました!


ちなみに、

灰色で口ばしがあまり黄色ではない2羽のハクチョウが

子どもです。


恐らく、5羽は、行動を同じくしているのででしょうか?

それとも、三世代同居!?


わたしは、

そのようなハクチョウの家族形態

聞いたことがありません。


もう1羽は、居候のハクチョウさんと推察いたします。



すると、です。


DSCF2041_convert_20120212075931.jpg

(こちらの方に整列している5羽のハクチョウさん


みなさんは、どう思いますか?


5羽のハクチョウさんたちは、わたしの方を見ています。

なぜだろうと、思いました。


もしかしたら、餌をもらえるものと思っているのかもしれません。

この場所では、ハクチョウに餌を与える人がいるからです。

そのため、ハクチョウさんたちも、人間には警戒心をもっています。


人間がやって来ると、ハクチョウさんたちは、その気配に気づき、

集まってくるのです。




DSCF2042_convert_20120212080016.jpg

(ハクチョウの親子


なので、毎年。

ハクチョウさんたちは、越冬地に選ぶのでしょう。


良いか、悪いか判断の分かれるところですが!?


ハクチョウさんたちにとっては、餌がもらえるので、

良い場所なのかもしれませんね












にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2012/02/12 08:34] | アヒル・白鳥・野鳥③ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<うたた寝するハクチョウさんも哀愁があって可愛いですね! | ホーム | ジャック・アタリ著『国家債務危機』より!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/602-29f90ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR