FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
朱鷺(トキ)が再び日本の大空を!
かつて、日本の大空には、たくさんの朱鷺(トキ)が、飛んでいました。

朱鷺は、田んぼで、ドジョウなどを食べて生きていました。


しかしながら、人間は、あの美しい羽を目当てにをしてしまい、

朱鷺の数は、激減してしまいました。


それから、農家は、田んぼで農薬を使うようになり、

田んぼに住んでいた朱鷺の大好物のドジョウも減ってしまったのです。


1981年までに、朱鷺たちは、保護されました。

そして、自由に日本の大空を飛ぶ朱鷺の姿を見ることができなくなりました。


ついに、朱鷺のキンちゃんを最後に、日本に住んでいた朱鷺は、絶滅してしまったのです。


この朱鷺のキンちゃんについては、

duck4のブログ(11月26日付け)『最後の朱鷺、キンちゃんのお話』で書いたことがあります。


しかし、中国の朱鷺と日本の朱鷺のDNAが同じということが判明します。

朱鷺が、中国からやって来ます。


その中国からやって来た朱鷺たちは、繁殖に成功


今では、佐渡朱鷺保護センター以外でも、分散繁殖が行われています。


そして、保護センターで繁殖させた、

朱鷺たちは、再び日本の大空へと旅立ったいきました。



話は変わりますが、

佐渡では、ある農家の人たちは、あたらしい農法でコメ作りを始めました。

彼らは、農薬を減らす取り組みを始めたのです。


すると、その減薬のコメは、消費者からも認められるようになりました。

佐渡のコメは、ブランドとして認証されたのです。



農薬を減らすことで、

朱鷺の好物である、ドジョウも、佐渡の田んぼに戻ってきました



試行錯誤をしながらですが、

新潟県佐渡市では、朱鷺が自然の中で繁殖できるような

取り組みが始まったところです。




DSCF1555_convert_20111205070449.jpg

(実物の写真がなかったので、朱鷺の絵を描いてみました!)


(参考文献

『朱鷺の国から』 新潟日報社報道部 農林統計協会








にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




スポンサーサイト



[2011/12/24 08:48] | アヒル・白鳥・野鳥② | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<メリークリスマス! | ホーム | 北海道夕張市。ギリシャ。次の破綻先はどこにならないためにも!?>>
コメント
duck4さん、こんにちは。
自然を破壊しかねない農薬が簡単に使われていて怖いですね。
佐渡の農法に期待したいです!

朱鷺が空を舞う姿は美しいでしょうね^^
見たいです♪

手書きの朱鷺、さっと描かれるんですね。
朱鷺のことは英文で。。。^^
[2011/12/24 16:10] URL | いちごじゃむ #-[ 編集 ]
こんばんは。いつもお世話になっております。

こうして考えてみると、純日本産の朱鷺が絶滅してしまったのも、
ドジョウをはじめとして、メダカやカワニナ、ホタルなど
昔は身近にいた生き物が減ってしまったのも、
人間達が自分本位で行動し続けた結果が招いたことなんですね…。

新潟佐渡で始まった新しい農法、そして朱鷺の分散繁殖。
それぞれ地道な活動が、いつの日か大きな大きな実を結び、
朱鷺という鳥が、日本各地の空で見られるようになればいいですね。

朱鷺の絵、可愛いです。
[2011/12/24 22:18] URL | 風の音 #yJq7scmY[ 編集 ]
私は、いつも感じるんですが
地球は人間だけの物じゃない。
植物が有って、動物が生きられる環境があってこそ地球です。
地球を大切に。
人間も動物も植物も仲良く共存。
そんな地球が素敵だと思います。
[2011/12/25 01:04] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
duck4さん
メリークリスマス♪

農業が工業になってるって映画がありましたね
生産の為に、薬をガンガン使って健康のことは考えずお金のことだけ・・・怖いです

自然破壊も人間の体に影響が及んで来ます

農薬を使わずに、昔のスタイルに戻っていけるといいですね どじょうも戻ってトキも戻って来ることもっと期待したいですね

トキのイラストに英文 duck4さんの勉強家の姿を垣間見ました。素晴らしいですね

新聞見ました
借金大国・・・子供手当もいらないのでは・・・と思ってしまします。将来の日本を見据えてほしいです
[2011/12/25 03:37] URL | 93 #-[ 編集 ]
いちごじゃむさんへ

メリークリスマス!
おはようございます。

> duck4さん、こんにちは。
> 自然を破壊しかねない農薬が簡単に使われていて怖いですね。
> 佐渡の農法に期待したいです!

わたしも、本を読んで知りました。
農薬で、水田に住んでいる魚や植物に影響があり、
そして、朱鷺が食べる餌が少なくなっているとは!

わたしも、佐渡のコメ作りに期待します。

> 朱鷺が空を舞う姿は美しいでしょうね^^
> 見たいです♪

わたしも、そう思います。
佐渡で離された朱鷺が、本州に渡ってくることもあるそうです。
絶滅前には、石川県の能登半島でも見られました。

繁殖できるような環境が、あれば、
朱鷺もまた、北海道の丹頂鶴のように増えていくことと思います。

> 手書きの朱鷺、さっと描かれるんですね。
> 朱鷺のことは英文で。。。^^

英文は、毎日つけている日記からです。
朱鷺のことを書いたので、ついでに朱鷺の絵を描いてみました。i-275i-274
[2011/12/25 08:25] URL | duck4 #-[ 編集 ]
風の音さんへ

メリークリスマス!
おはようございます!

そして、コメント頂きまして誠にありがとうございます。


> こんばんは。いつもお世話になっております。
>
> こうして考えてみると、純日本産の朱鷺が絶滅してしまったのも、
> ドジョウをはじめとして、メダカやカワニナ、ホタルなど
> 昔は身近にいた生き物が減ってしまったのも、
> 人間達が自分本位で行動し続けた結果が招いたことなんですね…。

そうなんですね!
害虫が少なくなるようにまいた農薬が、自然の生態系を壊してしまいました。

そして、朱鷺にとっての好物。
ドジョウなどが減ってしまったようです。

それから、朱鷺たちが繁殖する森でも、温暖化の影響で、
巣を作っていた木が枯れてしまっているようです。

それも気がかりです。

巣を作って、繁殖できるような環境が戻ることを希望します。

> 新潟佐渡で始まった新しい農法、そして朱鷺の分散繁殖。
> それぞれ地道な活動が、いつの日か大きな大きな実を結び、
> 朱鷺という鳥が、日本各地の空で見られるようになればいいですね。

わたしも、そう思います。
低農薬のコメは、ブランド米として、人気がでるでしょう。
そして、朱鷺も自然に離され、
再び、自由に日本の空を飛べるようになればと思います。

> 朱鷺の絵、可愛いです。

ありがとうございます!i-275i-274
[2011/12/25 08:38] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻おばばさんへ

メリークリスマス!
おはようございます!

> 私は、いつも感じるんですが
> 地球は人間だけの物じゃない。
> 植物が有って、動物が生きられる環境があってこそ地球です。
> 地球を大切に。
> 人間も動物も植物も仲良く共存。
> そんな地球が素敵だと思います。

わたしも、そう思います。
バードウオッチングを始めてから、
「地球は人間だけのものではない」とつくづく思うようになりました。

植物や豊かな森があってこそ、自然の生態系が守られるます。
日本の森は、人間の手によって手入れされていので、荒れ果ててしまっています。

また、耕作放棄地も増えています。

そこに、野生の動物が住み着き、
街にも現れます。

また、風力発電用の風車にも、鳥があたることもあります。

どう人間、動物、自然が共存して生きていくかですよね!v-519v-521
[2011/12/25 08:44] URL | duck4 #-[ 編集 ]
93さんへ

メリークリスマス!
おはようございます!

> duck4さん
> メリークリスマス♪
>
> 農業が工業になってるって映画がありましたね
> 生産の為に、薬をガンガン使って健康のことは考えずお金のことだけ・・・怖いです

農業が農薬をどんどん使って工業になっている。
その映画、怖そうですね!

わたしたちの食べている食物は、そうなのかもしれませんよね!?
そうだったら、とても怖い話です!

> 自然破壊も人間の体に影響が及んで来ます

そして、知らないうちに、人間の体にも悪影響を及ぼしますよね。

> 農薬を使わずに、昔のスタイルに戻っていけるといいですね どじょうも戻ってトキも戻って来ることもっと期待したいですね

わたしもです。
繁殖地が確保されれば、朱鷺は、確実に増えていくこととでしょう。

確か、その本によると、
コウノトリのときには、自然に離されてから、たぶん、5年目で繁殖したと思います。

> トキのイラストに英文 duck4さんの勉強家の姿を垣間見ました。素晴らしいですね

写真を見ながら描いてみました。
最近では、日記の片隅に鳥の絵を描いています。

英日記いや絵日記かな!?

> 新聞見ました
> 借金大国・・・子供手当もいらないのでは・・・と思ってしまします。将来の日本を見据えてほしいです

わたしも、新聞を見て驚きました。
このまま放置していけば、財政破綻です。

最後のつけは、私たちひとり一人にかえってきますよね!i-275i-274
[2011/12/25 08:55] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/548-af9fce05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR