fc2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
出生率は西高東低!
この日本を襲った大震災と福島原発事故。

この影響が、子どもの出生率にもかなりの影響を及ぼしています。



昨年の同月(4月から6月)との比較での、出生率が減少した都道府県は、

福島県(74.6%)、福井県(88.8%)、山梨県(89.7%)、

千葉県(93.3%)、奈良県(93.5%)でした。


一方、

昨年の同月(4月から6月)との比較での、出生率が増加した都道府県は、

岐阜県(114.8%)、高知県(114.8%)、青森県(111.6%)、

鳥取県(111.3%)、福岡県(108.5%)、長崎県(108.5%

でした。


ちょっと、統計資料が古いのですが、

2008年出生率によると...

出生率が、高かった都道府県は、

福島県(1.52)、福井県(1.54)、島根県(1.51)、佐賀県(1.55

長崎県(1.50)、熊本県(1.58)、大分県(1.53)、宮崎県(1.60

鹿児島県(1.59)、沖縄県(1.78)でした。


ちなみに、2008年度の日本の平均の出生率は、1.37でした。


福島県、福井県をのぞくと、

九州、沖縄県が、出生率が高い
ことがわかるかと思います。

出生率の高さが、「西高東低」の傾向が強くなっています。



今まで、出生率が高かった福島県。

でも、この震災と原発事故で変わってしまいました。


約10万人近くの人々が避難。

そして、福島県の子どもたちも、

放射能汚染とは、無関係ではなくなってしまったのです。


かつては、自然が豊かで、おいしい果物があり、

子育ても多く健やかに育っていた福島県。


そのような、安心して生活ができる福島県を取り戻して欲しいと節に望みます

それには、わたしたちが、福島の事故を決して風化させてはいけないのです。



CIMG9116.jpg

(イメージ写真:福島市で撮影した旗)










にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2011/11/28 07:20] | 大震災からの課題 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<日本一の学力の秋田の子どもたち! | ホーム | 大きな余震に備えて!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/522-44a5d95d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR