FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
復興計画案in仙台!
仙台市でも、甚大な津波の被害を受けた地域の

復興計画の中間案」の計画が発表されました。


海沿いを走る県道を防波堤の役割を担わせるため、

かさ上げして、津波から被害を減災すること。


また、最大で2400世帯の「集団移転」も計画されています。


一戸建ての場合の集団移転で、土地を購入して、新築の家を建てる費用として、

3000万円かかるとの報道もありました。


今まで所有していた土地は、現在の不動産価格での取引額になるため、

購入時の不動産価格よりも下がっていることでしょう。


そのため、住宅ローンを抱えた被災者。

高齢者の所有者が、

新たに土地を購入して、家を建てることは、

とても難しいことではないかと、思われます。


経済学者の金子勝さんが、「後戻りする復旧ではなく、新しい復興計画を」

(『大震災のなかで 私たちは何をすべきか』内橋克人著(岩波新書))

の本の中で、次のようなことを指摘していたので、紹介いたします。


被災者が、避難所から生活を建て直しを始めようとするとき、

問題に直面するそうです。


阪神大震災が起きたときには、その問題が、「高齢者の孤独死」でした。


今回の大震災は、多くの家、船、工場、事業所などの多くを飲み込んだ津波。

塩害の被害を受けた田んぼ。

放射能汚染により避難を余儀なくされている人々。

の被災者が、いるのです。


被災した人々は、津波や原発事故のよって、生活の手段を奪われてしまったのでした。


金子勝さんは、大震災により、

格差が、急激に拡大するでしょう!

と言っています。


お金を稼いでいた夫がいるかどうか!?

社会的弱者であるかどうか!?

親戚がいるかどうか!?

預貯金があるかどうか!?

ローンを抱えているかどうか!?

家があるかどうか!?

生活の手段があるかどうか!?



被災地域を復興するときに、

弱い立場の人々が、復興から取り残されないこと!

を願う限りです。



現に、津波に飲み込まれ、家を失った被災者が、

再び、新しい家を建てることは、困難を要することです。


そのわけは、人々の中には、住宅ローンを抱えているからです。


宮城県では、約30パーセント近くの人々が地震保険に加入していました。

全国でも2番の加入率でした。


もし、地震保険に加入していても、地震による全壊でも、

その家自体の全額が補償されるわけではありません。

残った住宅ローンは、返済しなければなりません。



これから、被災地域での復興計画案が発表されていきますが、

集団移転は、被災者にとっても金銭的に、大変ことです。


住宅購入は、二重ローンを抱えて、難しいことになるでしょう。


住宅を失った被災者が、

今までの住んでいた土地との等価交換で取得できる、

その地域の人々が、地域ぐるみで住める

高層住宅の整備をして欲しいと思います。


また、等価交換が困難の被災者にも、

住めるような賃貸契約ができたりすることも大切です。


住宅政策を国、地方自治体には、被災者した人々が、

安心して住める「街づくり」を進めて欲しいものです。










にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




スポンサーサイト



[2011/09/19 07:26] | 大震災からの鎮魂 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ヒマワリは除染に効果が少なかったものの...! | ホーム | ペット化する丹頂鶴(タンチョウヅル)!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/447-c3d80f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR