FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
再生できた動物園の話!
今日は、閉鎖されかかった動物園のお話を

duck4のブログでは紹介いたします。


その動物園は、福岡県北九州市の「到津(いとず)の森公園」にあります。

わたしは、北九州に行ったことがありませんが、

一冊の本。

『戦う動物園 旭山動物園と到津の森公園の物語』で知りました。


かつて、「到津の森公園」には、私鉄の鉄道会社が経営していた

私立の動物園と遊園地がありました。

しかしながら、動物園を経営するのには、多額の赤字を抱えていました。

そして、その私鉄の鉄道会社は、閉園することなく、北九州市に譲渡しました。


そのひとつの理由には、

市の中心に広がっている豊かな森に動物園があったからです。

市民の財産。

貴重な街の緑が失われたくなかったからでした。



北九州市に譲渡され、動物園は、再開されたものの問題がありました。

動物園は、改革が必要だったのです。


まず、はじめに、遊園地を廃止。

動物園の経営のみに集中することにしました。

つまり、桶屋(オケヤ)が、桶屋(オケヤ)で勝負することにしたのです。



それから、動物園は、経営がトントンになるように、高めに入場料を設定しました。

しかし、市議会から反対


仕方なく、動物園側は、かつて想定していた入場料より、安く設定することになりました。

そこで、経費の削減をどうするのか、という問題が生じました。


動物園側は、考え抜いた結果は、次の通りです。

市の卸売り市場より、余った野菜を無料で譲ってもらうことにしました。

それで、経営の経費が削減に成功します。


「到津の森公園」は、市民の力により、支援され、

今も、子ども、親、祖父母までに愛される動物園を経営しています。

つまり、市民の声が、動物園の存続を救ったのです。


市民の協力なくして、動物園の再生はなかったでしょう。


わたしは、この倒産しかかった動物園の再生の話から、

今の東北の被災地の街づくりの仕方のヒントがあるように思えてなりませんでした。


意見が違う住民の合意を得ることは、難しいことです。

でも、街は、住む人たちの、人と人のがあって存在するものでしょう。


被災地の街づくりは、

住民の意見を反映された、納得のいく街づくりをして欲しいものです。




CIMG9040.jpg

(『戦う動物園 旭山動物園と到津の森公園の物語』の本より



(参考文献

『戦う動物園 旭山動物園と到津の森公園の物語』中公新書

小菅正夫、岩野俊郎著 島泰三編




                




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


スポンサーサイト



[2011/09/10 06:49] | 大震災からの鎮魂 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<9.11から10年!3.11から6ヶ月! | ホーム | そろそろ南の国へ渡りを開始するツバメたち!>>
コメント
到津の森公園の動物園には小学校の頃、母と近所の人に連れられていきました。懐かしい所です。その頃の北九州市はまだ繁栄していました。新日鉄が千葉に行ってから、人口減になり寂れました。時代のながれですね。到津の動物園が福島の再生の手がかりになればよいですね。管さんは放射能汚染からの復興には20年かかるといって批判を受けましたが。チェルノブイリ以上の災害をもたらして、20年で放射能を閉じ込める事ができるのですかね。
[2011/09/10 21:24] URL | ふくちゃん #-[ 編集 ]
ふくちゃんさん

おはようございます!

到津の森公園の動物園に、ふくちゃんさんは、行かれたことがあるのですね。
情報ありがとうございます。

北九州は鉄の街だったのですね。
さぞかし、当時は、賑わっていたことでしょう。
北九州市には、行ったことがなかったので、
本を読みながら、動物園のことを想像しながら、ブログに書いていました。

北九州の市民が、倒産しかかった動物園を再生させたことに
わたしは、心を動かされました。

東北の再生、福島の再生には、市民の力が必要です。
一人ひとりの思いが、地域や国を動かすからです。
そして、福島の再生には、迅速な国のバックアップもまた必要です。

今日で大震災から6ヶ月が経過。
除染作業が始まったばかりです。

街全体、また森の中の除染は、大変な作業です。
少しでも、安心して住める自然豊かな福島に、戻って欲しい!

わたしは、そう願っています。v-519



[2011/09/11 07:09] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/438-796ea7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR