FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
コサギたちの喧嘩と人間たちの喧嘩!
そこに(サギ山)一歩踏み込むと、

うるさい鳴き声、強烈な臭い、雛の死体、吐き出した魚などに

「生きることのすさまじさや厳しさをまざまざと見せ付けられる」



(『バード誌』1996年版「サギ特集号」)

(『バードウオッチング入門』「コサギ」浜口哲一著(文一総合出版))94頁より引用。



「コサギ」は、美しい羽を持っていてきれいな鳥と思っていました。


しかし、

優雅に空を舞っている姿から、想像できない。

ほどの「コサギたちの生き様」が、描かれていました。



CIMG8968.jpg

(コサギの飛翔


確かに、うるさい鳴き声

これは、当てはまるかもしれません。

「ゴア!ゴア!」

と地響きのように泣きます。

特に、

サギ山で集団になって生息しているので、うるさくも感じるのかもしれません。


CIMG8964.jpg

(サギ山



強烈な臭い

これも理解できるかもしれません。

200羽以上も、松林にサギたちが集まれば、

糞など、地面に落ちているかもしれません。


特に、ショックだったのは、雛の死体。

生育できなかったサギの子どもたちが、亡くなって、

そのまま地面に放置されるでしょう。

また、大きな鳥に襲われて、命を落としたのかもしれません。


弱肉強食の時代

コサギたちは、生きるか、死ぬかを、精一杯生き抜いていかなければなりません。 


コサギたちは、喧嘩もします。


喧嘩の原因は、時々、ケースバイケースで変わってきますが、

おそらく私なりに推察すると。

自分たちの縄張りの主張

餌のとりあい

などでしょうか?


喧嘩をするときには、彼らの武器。

口ばしや足、羽を使って行われるようです。

かなりの破壊力があるようです。


争いごとは、生き物たちにとっての宿命なのでしょうか?


でも、

コサギたちより、

人間の方が、他の生物よりも、

度が過ぎた争いごとをします。


鳥たちの場合は、最大の攻撃手段が、口ばしですが・・・!

人間の場合は、弾薬や一瞬のうちに何十万にも死滅させる核爆弾です。

もし、爆発したら、人類が破滅してしまいます!


今年は、特に、考えさせられます。

ヒロシマ、ナガサキに核爆弾が投下され、

あの戦争から66年8月15日

また、フクシマでは、原発事故。


わたしたちは、核爆弾や原発について、真剣に考えなければならなくなりました。


喫緊の課題として、

放射能汚染された土壌をどのように除去するのか?


すぐに、

被災地にとって、

答えを出さなければならない、「この夏休みの宿題」なのです。






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2011/08/15 07:33] | 大震災からの鎮魂 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<鎮魂の願いを込めて! | ホーム | デンマークの田舎の教会にて!>>
コメント
人間が争いを起こすときは欲。
いろいろな欲が有りますが、
結局、一番力の弱い所に影響が出ます。
皆で仲良く出来る知恵を持ち合わせるのは人間だと思うのに・・
今日は非常に複雑な気持ちです・・・
[2011/08/15 21:09] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
>人間の方が、他の生物よりも、
度が過ぎた争いごとをします。
うんうん、そうかもねえ。 なんとなく情けないよね。 ほらこの間のいつでも攻撃開始できそうだったうちの大鳥群、最後の最後まで待ちましたからね。 うちの旦那も鳥も戦いをしなくても良かったわけで。。。うちの旦那が元は悪いんだし。
[2011/08/16 04:07] URL | カントリーママ #3/VKSDZ2[ 編集 ]
太巻おばばさん

おはようございます!

> 人間が争いを起こすときは欲。
そうです。
人間の争いは、欲からきますよね!

> 結局、一番力の弱い所に影響が出ます。
わたしもそう思います。
必ずといって、弱い人々が、最大の犠牲者になります。

争いを回避する方法はないのでしょうか?
この時期がくるとそう思うのです。v-519

[2011/08/16 05:41] URL | duck4 #-[ 編集 ]
カントリーママさん

おはようございます!

動物や鳥の方が、食べ物、縄張り、求婚、子どもを守るため。
自己防御や種を守るために、争いが繰り広げられていると思います。

> うんうん、そうかもねえ。 なんとなく情けないよね。 ほらこの間のいつでも攻撃開始できそうだったうちの大鳥群、最後の最後まで待ちましたからね。 

やはり、鳥たちは、防御のために、最後まで待ちましたか?
攻撃をするときは、彼らも、とても必死に戦ってきます。
同じようなことがあったら、是非、気をつけてくださいね!v-519

[2011/08/16 06:03] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/412-82ba29dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR