FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
「チェルノブイリと福島・ベラルーシからの学ぶこと」の感想!
NHKの解説員の石川一洋さんが、

「チェルノブイリと福島・ベラルーシから学ぶこと」

というリポート解説していた記事がありました。


今日は、

特に、チェルノブイリ原発事故から25年が経った、

ベラルーシでは、

どのように、放射能のに汚染された食料品に対して対策がなされてきたのか?

彼の記事を要約抜粋して、紹介していきたい、と思います。


(duck4なりの要約!


ロシアを専門としているNHK解説員の石川一洋さんは、

子どものたちの健康や食品の放射能物質を検査している、

ベルラッド研究所所長ネステレンコさんに電話インタビューをしています。


その中で、研究所所長のネステレンコさんは、

「フクシマの事故」について、

次のように指摘していました。


ソビエトと同様に、日本政府もまた、たくさんの情報を隠していました。

最も重要なことは、私たちが、厳しく食品の管理と検査をすること。

特に、子どもたちに対しては、体内に放射能物資を取り入れているのか、

否かを検査することです。


専門家が、もっと放射能物質やその物質を減らし、除去する仕方を、

情報として伝える重要性も、言っていました。


日本では、

放射能セシウムに汚染されていた稲わらを食べさせていた牛から、

セシウムが検出されました。



それに対して、研究所所長のネステレンコさんは、

次のように言っていました。


「日本政府、食品会社、のみならず市民の団体が、食品の検査を行うべきであります」

「なぜなら、政府は、国民にとって都合の悪い情報を知らせないで、『隠蔽』するからです」


日本は、放射能汚染に対する、「暫定」基準値を決めました。

例えば、ほとんどの食品が500ベクレル

飲料水や牛乳200ベクレルです。


そして、

研究所所長のネステレンコさんは、

日本政府が、暫定基準値を決めたことに、強く批判しています。


ベラルーシでは、3歳未満の子どもが、飲むミルクが37ベクレルとなっています。


ベラルーシの基準は次の通りです。

(1キロあたり10ベクレル

牛乳(1キロあたり100ベクレル

パン(1キロあたり40ベクレル

牛肉(1キロあたり500ベクレル

豚肉や鶏肉(1キロあたり200ベクレル


ベラルーシの基準は、

日本よりも、かなり厳しく設定されていて細かく分類されています。



それから、

ネステレンコさんは、放射能に汚染された食品から汚染を少なくする、

料理の仕方について、人々に教えています。


その「魚やお肉」の料理方法として、

まず、はじめに、お魚やお肉を約2時間ほど塩水や酢の中につけておきます。

そして、洗い流します。

再び、お魚やお肉を塩水や酢の中につけて置きます。

すると、少なくとも30%から40%の放射能物質が除去されるそうです


私たちが、カカオやバナナを食べるのも効果的です。

それは、カカオやバナナには、セシウム似たカリシウムがいっぱいあるからです。


そらから、皮付きのジャガイモも効果的です。


また、ペクチンを取るのも、セシウムを除去するのには効果的です。

野菜や果物には、ペクチンが多く含まれています。

特に、りんごジュースです。



最後に、NHKの解説員の石川一洋さんが指摘していたことがありました。


ベラルーシと違い、日本の国家予算が100倍という大国です。

そして、日本政府が、国民の健康と安全を守るという意識があるかと言うことです。


私たち日本が、ベラルーシから学ぶことが大切だと言っていました。



(duck4より一言

この「チェルノブイリと福島・ベラルーシから学ぶこと」

というNHKの解説員の石川一洋さんの解説で、

疑問のひとつが解けたように思いました。


わたしにとっては、とても参考になる解説なので、紹介いたしました。


それは、ベラルーシの人々の健康と生命を守ることを

日常の食生活のことを知ることができたからです。

日本にも、とても参考になるからです。


「原発事故に関するニュースを自主規制!?」する昨今。


NHKの解説員の石川一洋さんの解説は、

放射能汚染の「不安」を少しでもやわらげるものになったからです。


そして、私たちに求められていること。

それは、自らが情報を探し、正しい情報かどうかを判断する、

必要性に、わたしたちひとりひとりが立たされていると思います。



(参考記事)

「チェルノブイリ!フクシマ!ベラルーシの学ぶこと」石川一洋NHK解説員の投稿記事より。








にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ






スポンサーサイト



[2011/08/07 08:00] | 大震災からの教訓 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<アヒル(カモ)注意の道路標識! | ホーム | 大震災後、新天地に移動したサギたちの様子!>>
コメント
いつも情報ありがとうございます
基準値の比較が出来て、日本の異常値が改めて明確になりました。
塩水等も初めて耳にしました
自分の健康は自分で・・・
子供たちの健康は母親にかかってるんですね

意識してみます
[2011/08/07 20:12] URL | 93 #-[ 編集 ]
93りんさん

こんばんは!

実のところ、
わたしも、このベラルーシの食品に関する、
情報を得るまで全く知りませんでした。

もっとNHKでも、情報を伝えて欲しいものです。

食生活が、ベラルーシと日本では違うとは言え、
日本の暫定基準値が高すぎだと思います。

ベラルーシの場合、
特に、毎日摂取する食料品の基準値が低くなっているのが
特徴的です。

> 自分の健康は自分で・・・
> 子供たちの健康は母親にかかってるんですね

わたしもそう思います。
食品の安全性については、
私たち自身が。もっと関心を持つ必要があると実感しました。v-519
[2011/08/07 21:54] URL | duck4 #-[ 編集 ]
フォイスコーレに興味をもっているうちに、佐々木さんのブログに行き着きました。

私は福島に住んでいますので、ずっとセシウム汚染には悩んでいました。これから記事に飛んで、もっと学びます。

情報ありがとうございます。
[2011/08/17 04:38] URL | こんにちは。 #-[ 編集 ]
こんにちは さん

おはようございます!

ホイスコーレについては、日本ではまだまだマイナーなので、
ブログを通して、伝えていけたらと思っています。

来週、あたりから、「デンマークレポート」の中で書いていくつもりです。

参考になるか、どうか分かりませんが、
NHKの解説員の説明は、旧ソ連のチェルノブイリの現状を取材したもの
なので、かなり信憑性があると、わたしは思っています。

情報源になれば、幸いに存じます。v-519
[2011/08/17 05:55] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/404-fa3790cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR