FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
デンマーク皇太子・松島訪問に想うこと!
東北には、観光地がいっぱいあります。

おいしい食べ物たくさんあります。

温泉もあります。

自然もあります。


この大震災以降、東北地方への観光客は激減しています。

宮城、仙台でもそれを感じます。


1995年に神戸で起きた大震災後。

震災直後の観光客数に戻るまで、約12年かかったそうです。


日本三景のひとつ松島

その松島は、ゴールデンウィークに間に合わせるかたちで、

遊覧船の運航を始めました。


そして、6月14日月曜日には、デンマーク王国フレデリック皇太子が、

松島のクルージングの観光をしました。

なんと取材陣、約数10社を引き連れての松島、ご訪問です。


松島の安全を世界を、

特に、ヨーロッパ諸国にアピールするチャンスになったはずです。

まさに、「デンマーク皇室パワー」です。


あるデンマーク人に聞いた話ですが、フレデリック皇太子のことを、

わたしに、こう評していたことがありました。

「フレデリック皇太子は、デンマークの皇室の中では広報官の役割を演じています!」


確かに、今回の日本ご訪問で、そのように感じました。

報道機関を数10社同行。

そして、日本にご訪問されたことは、

日本人のひとりとして、とても嬉しいことです。

それも、被災地で閑古鳥が鳴いて、観光客が減って困っているいる

観光地のひとつ松島においでいただからでした。



デンマーク人の友人とわたしは、皇室談義になったことがありました。

デンマークも日本も皇室がある国です。

どこか、親近感を感じます。


天皇陛下が被災地を御廻りになられた時には、

日本国民のひとりとして、とても勇気づけられました。



話を、デンマークのフレデリック皇太子の話に戻しますが、

地元宮城では、新聞、テレビ報道等で大きく取り上げられませんでした。

これに関して、デンマークビーキのduck4としては、いささか不満でもあります。


遠路はるばる、北欧の国デンマークから、被災地に来られたのに、との思いです。

地元新聞の第一面記事に紹介すること。

地元テレビでもトップニュースにして欲しかったです。


そして、このデンマーク皇太子のご訪問が、「世界への日本三景松島の観光アピール」のチャンスになります。

宮城は、安全という、海外の観光客へのメッセージにも繋がります。


デンマークのオーデンセ市にある、『醜いアヒルの子』 のなど童話を執筆した、

童話作家の「ハンス・アンデルセン博物館」には、

天皇陛下が、ご訪問されたときの写真のパネルがありました。

その敬意に、とても感謝しています。


これからも、日本・デンマークの末永い友好関係が続きますことを願っています。






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ







スポンサーサイト



[2011/06/17 06:32] | 大震災からの教訓 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<会津地方の風評被害! | ホーム | ヨーロッパ諸国の原発事情!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/364-c32db2cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR