FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
滞在組の居場所で工事が本格化!
滞在組のハクチョウさんたちの棲息ポイントでは、

工事が始まっていています。


両岸に、黄色いフェンスが張られ、

上流へは移動できなくなってしまいました。


ところで、この先には、

大好物の葛の葉っぱやイヌビエなどの草が自生してて、

旬の食べ物が岸辺には多く自生しています。


冬になると、

かろうじて生えている雑草をついばむために、

岸に上陸して食べている飛来組のハクチョウさんもいます。


この工事ですが、

河川敷に堆積した土砂を取り除くためのもので、

上流部分から大橋付近までを予定しているとのこと。


話によると、

夜、過ごしている、

あの中洲も取り除かれるようです。


そうすると、滞在組のハクチョウさんたちが、

安心して生きていける居場所が、

なくなってしまうのではないかと、

とても心配になります。


DSCN4060_convert_20190909133331.jpg

(工事のためにフェンスが張られた七北田川!)

追伸!


地元紙に、

「重過ぎる通学かばん12キロ 

中学生「つらい」 ロッカー狭く置き勉困難」

という記事がありました。


duck4の中学の時も、

たくさんの荷物で

ブタ🐖ちゃんのように大きく膨らんだ

背負いカバンを背負って

登校していたので、

重くて重くてとても大変で、

せめて「置き勉」があればといいのに

と思っていました。


ところで、

お医者さんの話によると、

「重い荷物で背骨が

変形し姿勢が悪くなることはないが、

腰痛や肩凝りの原因になる恐れがある」

とのこと。


背負いカバンだと、

両肩で背負うので、負荷が分散されるので、

多少、楽は楽なのですが、

しかし、成長過程の子供たちにとって、

12キロの荷物を毎日、歩いて運ぶのは、

肩と腰にかなり負担がかかるのは事実だと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
重過ぎる通学かばん12キロ 中学生「つらい」 ロッカー狭く置き勉困難

 「中学1年の娘の荷物が重すぎてかわいそう。何とかして」。仙台市宮城野区の主婦(45)から「読者とともに 特別報道室」に相談のメールが届いた。生徒にとって重いかばんを背負っての登下校は苦痛の種。成長期の子どもへの負担を懸念する声があり、学校側も対応に苦慮している。

 市立中に通う長女(12)のかばんには教科書やノートがぎっしり。参考書やプリントをとじたファイルなどを合わせた中身は計25冊。かばん全体の重さは約12キロにもなった。
 「学校は楽しいが、着くまでがつらい。みんなも重すぎると言っている」。長女は登下校時に重いかばんを背負った上に部活動の道具なども持ち、片道1.6キロを約20分かけて歩く。
 重い荷物は成長期の児童生徒に悪影響という声が高まり、文部科学省は昨年9月、携行品の量や重さを工夫して軽減するよう全国の教育委員会に通知。自宅で使わない教材を学校に置いていく「置き勉」を認める方針を示した。
 長女が通う中学校も通知を受け、学校に置いておける教材や持ち込まずに済む問題集を指定するなど対策を講じた。ただ、長女は「もう少し広いロッカーが欲しい。このままでは荷物が重すぎて姿勢が悪くなりそう」とこぼす。教室に備えられた格子状のロッカーは狭く、置き勉できるスペースはないという。
 同校の教頭は「広いロッカーを設置したいが、学校だけの努力では限界がある。重いかばんを背負っている生徒の姿を見ると、私もつらい」と頭を抱える。

◎私立など積極対応も

 仙台市教委は今年4月、市立の全小中学校を対象に「置き勉」の実施状況を調査した。実施校は全184校中171で、教員が各教科で教材を指定していた。文科省の通知があった昨年9月以降、ロッカーを新設した学校はなかった。
 子どもを青葉区の市立中に通わせるある母親は「学校に教科書を置くスペースは限られ、置き勉を許可されている教材はわずかだ。状況は変わっていない」と指摘する。
 仙台市内では、私立を中心に置き勉を積極的に取り入れている中学校がある。
 宮城学院中(青葉区)は10年以上前から、生徒の荷物の軽減化に取り組んでいる。教室にロッカー室を併設し、生徒一人一人に部活動の道具を収容できる鍵付きロッカーを与えている。
 丸山仁教務部長は「両手は何も持たず、リュック一つで学校に来ることを目指している」と話す。家庭学習の内容や時間を想定し、必要最低限の荷物で登下校するよう指導するという。
 宮城教育大付属中(同区)では置き勉の教材を指定していないほか、教室のロッカーやその上に部活動の道具なども置いて帰るよう呼び掛けている。放課後は教室を施錠するなど盗難防止を徹底している。
 脊椎外科と小児整形が専門の仙台西多賀病院整形外科の両角(もろずみ)直樹副院長によると、重い荷物で背骨が変形し姿勢が悪くなることはないが、腰痛や肩凝りの原因になる恐れがあるという。
 個々の体格や体力の違いにも配慮が必要だ。両角副院長は「体力に見合う重さにするため、積極的に置き勉を活用するのも一つの手段。大人は知恵を絞り、重い荷物から解放してあげてほしい」と提言する。
(宮崎伸一)

河北新報電子版2019年09月04日より



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2019/09/11 05:22] | 2019年9月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<早朝お出かけるようになった滞在組! | ホーム | 暑いのは大変なミルクちゃん!>>
コメント
おはようございます!
まさにこちら広瀬川も同じ状態です。
中洲が取り除かれその先は行けず、堰までは通行禁止。久佐も木も倒され、わかばちゃんは、居場所がありません。
いつも私たちも近づけないので、呼んで10分弱かけてわかばちゃんは、来ないといけないのです!
アユ釣りの他人も自由にできないので、わかばちゃんの近くで網を張ってしまいます。お願いしてもかけられそうに何度もなりました。
全面封鎖ではなく、必要なところを数メートルずつ移動してやってほしい。こんな状態を一年はきつすぎます!
[2019/09/11 07:04] URL | うい #-[ 編集 ]
おはようございます!
まさにこちら広瀬川も同じ状態です。
中洲が取り除かれその先は行けず、堰までは通行禁止。久佐も木も倒され、わかばちゃんは、居場所がありません。
いつも私たちも近づけないので、呼んで10分弱かけてわかばちゃんは、来ないといけないのです!
アユ釣りの他人も自由にできないので、わかばちゃんの近くで網を張ってしまいます。お願いしてもかけられそうに何度もなりました。
全面封鎖ではなく、必要なところを数メートルずつ移動してやってほしい。こんな状態を一年はきつすぎます!
[2019/09/11 09:48] URL | うい #-[ 編集 ]
duck4さん、こんばんは

ハクチョウさんが夜休む中州がなくなってしまうと天敵に襲われないか心配になりますね。
[2019/09/11 19:20] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
ういさんへ

こんばんは!

> おはようございます!
> まさにこちら広瀬川も同じ状態です。

4年前の9.11豪雨が影響して、
県内の河川では工事を行っているでしょうか?

> 中洲が取り除かれその先は行けず、堰までは通行禁止。久佐も木も倒され、わかばちゃんは、居場所がありません。

広瀬川でも、中洲が取り除かれ、草も木も倒され、
わかばちゃんの居場所がなくなってしまっているんですね!
なのか、七北田川と同じですね!

> いつも私たちも近づけないので、呼んで10分弱かけてわかばちゃんは、来ないといけないのです!

会うのも一苦労ですね!
なので、下流の方までわかばちゃんは移動してしまったのでしょうか?

> アユ釣りの他人も自由にできないので、わかばちゃんの近くで網を張ってしまいます。お願いしてもかけられそうに何度もなりました。

気が気ではないですよね!
わかばちゃんのことを思うとです!

> 全面封鎖ではなく、必要なところを数メートルずつ移動してやってほしい。こんな状態を一年はきつすぎます!

こちらもそんな感じですね!

ところで、
わかばちゃんは近づくとパクパクするそうですが、
こちらの滞在組はしないと思いますね!v-519v-521
[2019/09/11 19:45] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

こんばんは!

> duck4さん、こんばんは
>
> ハクチョウさんが夜休む中州がなくなってしまうと天敵に襲われないか心配になりますね。

工事が始まり、上流へ行けなくなった滞在組のハクチョウさんたち!
餌場も減ってしまって、気の毒な状態です!
いつもの中洲はまだ工事が始まっていませんが、
これからのようなのでとても気がかりですね!v-519v-521
[2019/09/11 19:47] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/3445-79a75124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR