FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
福島の放射能汚染地図!
福島生まれのわたし。

福島市に在住の親戚も疎開しています。

わたしにとっても、

他人事のように思えないのが、今回の原発事故です。


日本政府の後手後手になる情報開示。

メディアは、どこかに遠慮して、

なかなか真実を伝えようとしない日本の現実。


外国からも、日本政府の情報開示の遅さに批判が集まっています。

チェルノブイリ事故のソ連もそうでしたが、

国と言うのは、都合の悪いことを「隠蔽」するところがあるようです。


イギリス公共放送局BBC放送は、報道の使命感をもって

リビア、アフガニスタンの戦地に行ってリポートしています。


しかし、日本のメディアが、どこか頼りない今。


duck4のブログでも、何度か書き込みましたが、

自分で、放射能汚染の情報を集めなければならないと思い、

今日まで至っています。



そして、やっと後手後手に回っていた、日本のメディアでも

NHKが、放射能汚染に関する特集番組を報道しました。


その番組は、

「ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月」



福島県の放射能汚染調査をする、科学者に同行取材する番組でした。

事故後、初めて、科学的根拠に基づく、

「放射能汚染」現実に迫る番組
だったと思います。


事故直後。

科学者は、福島県入りして、土壌調査をしました。

そして、放射能汚染が深刻で、高濃度に汚染された地域(ホットスポット

があることを発見します。

人々は、原発周辺から避難を始めたところです。



それから、2週間後。

再び、科学者たちは、放射能測定器を積んだ車を走らせ、

福島県内の道路沿いの放射能汚染の調査と土壌採取を行いました。


なぜか。

そのときには、文部科学省では、定点観測による、放射能汚染の

調査が行われていたのです。

でも、HPでは数値のみ公表していましたが、

場所については公表されませんでした。

関係する自治体でも知る由がありません。



ホットスポットであるのにもかかわらず、

集会所に避難をしていた人々がいました。

その避難してきた人々は、

ホットスポットであることを知らされていなかったのです。

調査で立ち寄った科学者に初めて知らされ、避難することを決めたのでした。







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ







スポンサーサイト



[2011/05/29 06:30] | 大震災からの教訓 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ソーラー充電器! | ホーム | 被災地のウミネコの巣!>>
コメント
こんばんは~
私もそのその番組ではありませんが
似たような事をニュースか何かで見ました。
同じような位置で測定しても山側と谷川?では
数値が違ったり…発表しているのだから
それでは駄目では(-_-;)

福島県ご出身なんですね。
お知り合いの方は大丈夫ですか?

[2011/05/29 07:45] URL | りくなも #-[ 編集 ]
りくなもさん

こんばんは!

測定場所ですが、基準がないようで、
ビルの上で測定したり、地上で測定することもあるそうです。

> 同じような位置で測定しても山側と谷川?では
> 数値が違ったり…発表しているのだから
> それでは駄目では(-_-;)

比較するには、問題があるように思います。

知り合いは、大丈夫です。
[2011/05/29 19:59] URL | duck4 #-[ 編集 ]
いつも情報提供ありがとうございます
本当に色々と情報を知るとマスコミのあり方や国の対応に疑心が沸いてきます

国民を思っているのなら包み隠さず情報開示して欲しいものです
[2011/05/30 00:36] URL | 93 #-[ 編集 ]
チェルノブイリの原発事故でも、
同じ事が起こりました。
ドイツでも、この街は平気なのに隣町は検出されたみたいな・・・

何を信じて、どんな風に身を守るか・・
難しいところですね。
[2011/05/30 02:20] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
93りんさん

おはようございます!

> 本当に色々と情報を知るとマスコミのあり方や国の対応に疑心が沸いてきます。


わたしも、そう思います。

人々の健康がかかっているので、
もっと早く、情報開示をして欲しいと強く思います。

世界から、日本が、安全ではないと思われた
原因になったのかもしれませんね。


[2011/05/30 05:10] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻おばばさん

おはようございます!

> チェルノブイリの原発事故でも、
> 同じ事が起こりました。
> ドイツでも、この街は平気なのに隣町は検出されたみたいな・・・


チェルノブイリで起きたことがひとつの手がかりになると思います。
その番組で、科学者は、放射能汚染について分析していました。

地形。
事故発生時の風向き、天気、気候も左右したそうです。

あのころは、とても寒かったです。
雪も降っていました。
その放射能を含んだ雪が、地表に積もり、汚染したのではないか。

遠く離れても、谷間や盆地が高くなっているようです。

あと、コンクリートはすぐ流れるので、高くはありませんが、
校庭や芝生といったところが比較的に高かったです。


> 何を信じて、どんな風に身を守るか・・
> 難しいところですね。

わたしもそう思います。
危険なときは、「できるだけ遠くへ逃げる」が鉄則のようですね。
[2011/05/30 05:23] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/344-31c4ec28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR