FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
はじまる福島の土壌改良!
原因は、わかりませんでしたが、

我が家のひまわりプロジェクトは失敗!


土壌にカリシウム不足だったのでしょうか?

とうとう種から芽吹くことはありませんでした。



CIMG7707.jpg

(イメージ写真。ひまわりの種



福島県や農林水産省が進めている「ひまわりプロジェクト」は、

放射能に汚染された土壌の改良という第一歩になると思います。


チェルノブイリ原発のあるウクライナでは、

ひまわりを植えたことで、土壌の改良が進んでいるそうです。

ひまわりには、カリシウムと似ている放射線セシウムを吸収する性質があります。


今月の28日から始まり、

8月末まで、ひまわりプロジェクトの実験が行われます。

その実験場所は、福島県飯舘村です。



福島の土壌汚染は、深刻です。

福島第一原子力発電所から離れた60キロ離れた中通り地方の福島市

また、郡山市でも放射能線量の高い地域があります。

その汚染された地域が、点在もしています。


学校の校庭でも、国が定める放射線量の毎時3.8マイクロシーベルト

超えたところもあります。

そのため、国は、子どもたちの、屋外での活動を、

1時間以内の措置がとらています。


基準値が下がっても、学校は、子どもたちの安全を考慮して、

屋外での活動を制限しているところもありあります。


また、年間の20ミリシーベルトの基準に不安を覚えている

人々も多々いることも事実です。

福島県民にとって、その基準値が、

理解を得られているとは、到底思えないのが現実なのです。




放射能汚染の土壌改良の方法として考えられたのが、

上にあった汚染された土を、下に入れ替えることです。

「上下置換」という方法です。


この方法を取り入れた、幼稚園では、毎時2.1マイクロシーベルト

10分の1にまで下がりました。

一定の効果が上がったのです。


まさに、福島の土壌改良の取り組みは始まったところです。

放射能汚染された大地が、元通りになるのには、100年以上いや

それ以上の歳月がかかることでしょう。


でも、四半世紀たった、

大きな犠牲を強いられてきたウクライナでは、大きな努力で、

小さな改善の積み重ねより、改善に向かっているの事実です。


「この放射能汚染の問題は、『時』が解決するでしょう」

と言っていたウクライナ在住の友人の言葉に、

わたしは、どことなくこの放射能汚染の真実があるように聞こえてなりません。







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


スポンサーサイト



[2011/05/27 07:14] | 大震災からの教訓 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<被災地のウミネコの巣! | ホーム | ガンバレ・ゴーヤの苗!>>
コメント
ヒマワリの浄化パワーは昔っから聞いていましたが、ヒマワリがセシウムを吸い込んだ後のヒマワリは国が処理してくれるのでしょうか。
私が聞いた限りでは、ヒマワリや草木に堪りこんだセシウムやそれ以外の放射線物質は、専門の処理が必要だと。土から吸い込みさえすれば石棺も可能ですが。。。政府は何処まで処理してくれるのでしょうか。 まさか住民に自分達で
栽培、そして収穫を期待していないですよね。。。 チェルノではどうされたのでしょうか。
気になります。
[2011/05/27 11:02] URL | カントリーママ #JalddpaA[ 編集 ]
ドイツではひまわり畑は沢山見ますが、
油をとってますね。
この油は一部はマーガリンなどに利用してます。
そして、菜種油などはエネルギーになるようですが・・・
ひまわり畑の持ち主さんに聞いてみたいです。
一体、あんなに沢山のひまわりから、
何に利用するのか・・・
[2011/05/27 15:45] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
カントリーママさん

こんばんは!
コメントありがとうございました。

わたしが知る限り、枯れたひまわりは、微生物に食べさせて、
小さくしてから処理をするということを新聞記事で読んだことがあります。

その小さくなった汚染された廃棄物をどう処理するのかまでは、
わかりません。

どのように、処理をするのでしょうか?
また、疑問が生じました。

カントリーママさんが、おしゃっている、
「チェルノではどうされたのでしょうか。」
ということが、このひまわりプロジェクトの鍵になると思います。

ひまわりプロジェクトについては、これからも留意して
チェツクしていきたいと思っています。
[2011/05/27 20:09] URL | duck4 #-[ 編集 ]
太巻おばばさん

こんばんは!
コメントありがとうございます。

ドイツでは、ひまわり畑がたくさんあるようですね。
その一部がマーガリンになるのですね。

残念ながら、ドイツに行ったのは、早春だったので、
菜花畑やひまわり畑を見ることができませんでした。

デンマークでも沢山の菜の花があります。
5月上旬は、とてもきれいでした。

わたしも、菜種やひまわりがどのように使われるのか
とても知りたくなりました。

[2011/05/27 20:20] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ひまわり、残念でしたね。

ヒマワリなんて、種まけば、かってに出てくるものだとおもっていたのに。

家は、種を二袋、楽天で頼んだところです。
メール便で届くはずです。

土を入れ替えるのは、分かるけれど、何時やればいいのでしょうか。 つまり、放射能はもう飛んでこないのか(そうであれば、もう土の入れ替えができます)、だけど、飛んでくるのであれば、今やっても、新しい土の上にまた溜まるんですよね。

結果報告します!


[2011/05/27 22:03] URL | ぴき #-[ 編集 ]
初めまして!

ひまわりにそんな性質があるとは知りませんでした!!
ポーランドではひまわり畑をみた事がありませんが
ブルガリアには有りました。。。
日本のひまわりプロジェクトが上手く進むといいですね!! 
効果を期待したいです。

話は変わりますがデンマークに遊びに行くならいつの時期が
一番ベストでしょうか?
もしよろしいければ教えて下さい。
[2011/05/28 04:45] URL | りくなも #-[ 編集 ]
びきさん

おはようございます。

ひまわりは出なかったのが残念でした!
発泡スチロールの中に土を入れて蒔いたので、
育たなかったのかもしれません。


> 土を入れ替えるのは、分かるけれど、何時やればいいのでしょうか。 つまり、放射能はもう飛んでこないのか(そうであれば、もう土の入れ替えができます)、だけど、飛んでくるのであれば、今やっても、新しい土の上にまた溜まるんですよね。

わたしは、詳しいことがわかりませんが、
考えられることをコメントで書きます。

福島県の中通り地方には、ホットスポットがあります。
また、校庭で、こどもたちが遊ぶことも出来ません。

子どもたちの健康を守るにも必要なことと思います。

そして、放射能汚染の二次的、三次的被害をできるだけ
少なくするためにも、効果があると考えたのでしょう。

もし、わたしが福島市に住んでいいれば、数値が下がれば
少しほっとします。
でも、安心はできないと思います。

東日本では、牧草からセシウムの検出。
茶畑からも検出。
との、のニュースを聞くと、
また、土壌に溜まるのではないかと心配してしまいす。

そのときは分かりませんが、
また、土を入れ替えるなどの措置をするのかもしれません。
子どもたちの健康のためにもです。




[2011/05/28 05:57] URL | duck4 #-[ 編集 ]
りくなもさん

おはようございます!
コメント頂きましたありがとうございます。
ブルガリアには行ったことがありませんが、ヨーグルトというイメージがあります。
ひまわりは、何に使うのでしょうね。


> 話は変わりますがデンマークに遊びに行くならいつの時期が
> 一番ベストでしょうか?

わたしなら、5月上旬が一番のベストシーズンだと思います。
菜の花畑が大地を黄色く焦がす、美しさは最高です。

初夏から9月までは、過ごしやすい気候です。
お勧めできます。
6月は夜の10時過ぎまで太陽が出ていました。

でも、真冬は、1月、2月は太陽が全く出ません。
毎日が曇り空の日々が続きます。


[2011/05/28 06:06] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/342-d9b33af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR