FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
姿を見て舞い降りて来たスミスさん夫妻!
先日、スミスさん夫妻は、もう1羽の成鳥のオオハクチョウさんと一緒に、

duck4のところに近づいてきました。


真ん中を歩いているのが旦那のスミスさんで、

とても、体の大きなオオハクチョウさんです。


DSCN6221_convert_20190227182016.jpg

(スミスさん夫妻とそのお友達!)

翌日、20羽になったいつもの定点ポイントの七北田川。

そのうち、15羽は飛来組のオオハクチョウさんで、

一斉に飛び立っていったはずなんですが、

2羽だけ戻ってきました。


DSCN6342_convert_20190227181504.jpg

(戻って来た2羽!)

そして、duck4のちょっと先のところで、

着水しました。


DSCN6346_convert_20190227181531.jpg

(着水する2羽!)

2羽のうち1羽のオオハクチョウさんは、

大きく羽を広げたのち、こちらへ向かって泳いできました。

それは、あのスミスさん夫妻でした。


DSCN6347_convert_20190227181555.jpg

(スミスさん夫妻!)

個体識別の方法で、クチバシの黒い模様で見分けられるということを、

duck4ブログでは触れていますが、

この旦那のスミスさんの特徴は、

生え際に生える両方の黒い2本線と、

とぎれとぎれになっている黒い斑点です。


DSCN6371_convert_20190227181623.jpg

(旦那のスミスさん!)

一方、旦那のスミスさんよりも体が小さいので、

おそらく婦人だと思うのですが、

クチバシの黒い部分の一部が黄色になっています。


DSCN6372_convert_20190227181644.jpg

(スミス婦人!)

毎年来てくれるスミスさん夫妻。

duck4のことを覚えてくれているようです。

ただ、例年だと、3月上旬に旅立つはず。

あと1週間もするとお別れになるでしょう。


昨シーズンのお別れと時には、

duck4へのご挨拶の後、スミスさん夫妻は早朝に他の仲間とともに飛び去ってきました。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2019/02/28 05:02] | 2019年2月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<冬に出会った小鳥たち!アドちゃんのストレス! | ホーム | まもなく旅立つ飛来組のハクチョウさんたちへの嬉しいプレゼント!>>
コメント
duck4さん、こんばんは

スミスさん夫妻はとび立ってしまいましたか。
知り合いのハクチョウさんがいなくなると寂しくなりますね。
[2019/02/28 18:52] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

こんばんは!

> duck4さん、こんばんは
>
> スミスさん夫妻はとび立ってしまいましたか。

実は、飛び立ち、また舞い戻ってきたようでしたね!

> 知り合いのハクチョウさんがいなくなると寂しくなりますね。

別れはやはり寂しいものですよね!v-519v-521
[2019/02/28 22:55] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/3248-25c60ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR