FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
突然、30羽のコブハクチョウが、コペンハーゲンで死ぬ!
「デンマークの白鳥は、集団で死ぬ。違法な行為の疑いあり」


という記事が、3月4日付けの『コペンハーゲンポスト』の電子版に、

掲載されました。


30羽のデンマークの象徴で国鳥であるコブハクチョウ

そのコブハクチョウが、2月から1ヶ月短い間に、

首都のコペンハーゲンの湖で、発見されました。


「国立の獣医協会」では、コブハクチョウの一部を検死。

「デンマーク鳥類研究所」の獣医師によると、検死結果は、

敗血症による感染を疑われました。


コペンハーゲン市が、初めて死んだコブハクチョウを発見したのが、

2月初め。

突然死のコブハクチョウが、30羽も発見されていたので、

研究所の結論には、少々説明のつかない矛盾点もありました。


なぜなら、その発見されたコブハクチョウたちは、

「よく成長し」「栄養も充分」とっていたこと。

「餓死」や「凍死」はありえないようなコブハクチョウだったからです。


そこで、再び、「デンマーク野鳥協会」は、検死を行いました。

そして、ユランポステン(Jyllands-Posten) の新聞に、

ある研究者が、次のように、話しました。


「突然死したコブハクチョウたちは、毒を与えられた模様。

 たぶんクレージーな人間が、コブハクチョウに毒入り餌を与えたのでは」

と答えていました。


この検死は、2週間以上も遅れました。

当初、デンマーク市は、鳥インフルエンザを疑ったこともあります。

そして、突然死したコブハクチョウは、国立獣医協会に送られ、

再び、検死の調査が行われる模様です。 



日本でも、野鳥に対する虐待が行われた事件がありました。

記憶にもあるかと思いますが、

カモに矢を射る「矢ガモ事件」が起きました。


デンマークでは、「コブハクチョウへの毒入り餌事件」が起きました。


本当にひどいことをする人間がいると思います。

コブハクチョウたちが、とても可愛そうです。


CIMG1141_convert_20110222211401.jpg

(コブハクチョウの写真






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ










スポンサーサイト



[2011/03/11 07:06] | デンマーク・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<大地震! | ホーム | ハクチョウたちの餌場!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/265-33720580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR