FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
台風通過後のアドちゃんたち!
今年の七北田川は、台風の当たり年。

台風9号が通過した川は濁り、

土砂と共にペットボトルや生活ゴミまで流れてきていました。

やはり、われわれが汚している元凶であるのは、否めません。


DSCF1656_convert_20160823080112.jpg

(ティちゃんの周りに流れてくる生活ゴミ!)

そして、土手は蒸し暑いのか、

カメラのレンズも曇り、

近づいて来るアドちゃんが、

ちょっと水分を含んでいるようでもありました。


DSCF1642_convert_20160823075824.jpg

(蒸し暑い土手にやって来たアドちゃん!

DSCF1644_convert_20160823075854.jpg

(首を曲げるアドちゃん!

DSCF1645_convert_20160823075926.jpg

(低姿勢のアドちゃん!

DSCF1646_convert_20160823075958.jpg

(蒸し暑そうなアドちゃん!

そして、アドちゃんに、

「雨の中、昨晩、どこにいたの!?」

と白鳥語で聞いてみたところ、

たぶん、こんな答えが返ってきたと思います。

「高いところに、皆といたよ!」

アドちゃんは...。


DSCF1649_convert_20160823080037.jpg

(「高いところにいて大丈夫だったよ!」と自慢げな顔をしているアドちゃん!

ところで、昨晩。

午後8時頃に一時的に豪雨になりましたが、

今朝、川に行ってみると、大した水位には達していなくて安心しました。


でも、こんな時は、

皆で、水が上がってこない高いところに避難していたはず。

慣れっこにはなっているとは思いますが、

ヒトよりもハクチョウさんたちの方が、たぶん自然の怖さを知り尽くしている分、

ある意味冷静になのかもしれません。


最後になりますが、

ヒトの方が、かえって膨大な情報が手に入れられる分、

それを選んで何が有効かを見極める力が求められています。


そして、ハクチョウさんたちや野生の動物たちよりも、

もし何らのシステムトラブルで情報が遮断されてしまったときに、

パニックを起こすのはヒトなのかもしれません。


もっと、自然の中に身を置いて、

野生的な直観力を身につけていかないと

とんでもないことになってしまうのではないか。

と東日本大震災を経験した身とは思いました。


DSCF1638_convert_20160823080210.jpg

(7羽の滞在組!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2016/08/24 05:42] | 続・滞在組⑯ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<威厳に満ちているリーダーの斑ちゃん! | ホーム | 七北田川のツバメさん、カルガモさん、ティちゃん!/持続可能な●●とは!>>
コメント
こんばんは

処暑を過ぎても相変わらず蒸し暑い日が続いています。仙台もまだ暑そうですね。

10年ほど前ですが、自然の中に廃棄されたプラスティックスが塑性を失って小さくなっていくとマイクロプラスティックスになって、その環境汚染や食物連鎖での汚染が問題になってくるということを指摘された医学者がおられました。もう対岸の問題ではないですね。
[2016/08/24 19:39] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
duck4さん、こんばんは

動物や鳥は、自然災害に対し直感的に対応する能力があります。
一方、人は自然に対し直観力が衰え、マニュアルがないと太刀打ちできないのではないかと愚考します。
[2016/08/24 21:02] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

> こんばんは
>
> 処暑を過ぎても相変わらず蒸し暑い日が続いています。仙台もまだ暑そうですね。

仙台も最高気温30度台の日が多く、蒸し蒸しした日が続いているので、
ハクチョウさんたちも堪えているのではと思いきや、
そうではないのでほっとしているところですね!

> 10年ほど前ですが、自然の中に廃棄されたプラスティックスが塑性を失って小さくなっていくとマイクロプラスティックスになって、その環境汚染や食物連鎖での汚染が問題になってくるということを指摘された医学者がおられました。もう対岸の問題ではないですね。

duck4もこのマイクロプラスチックの気がかりです!
多くの魚が、この微細な水中に漂っているプラスチックを食べてしまっていれば、
何らかの影響が出ます!

そうすると、回りまわって、ヒトもこのプラスチックを摂取することになるからですね!

七北田川もプラスチックゴミが漂っていて、水鳥のハクチョウさんは、よく水を飲むので、
体内にマイクロプラスチックが蓄積されているのか心配になることがありますよね!

もっと、自然界に戻っても有害でない微生物で作る必要があるのでしょうね!v-519v-521
[2016/08/25 07:02] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、こんばんは
>
> 動物や鳥は、自然災害に対し直感的に対応する能力があります。

ハクチョウさんたちの行動を見ていて思うのですが、
台風で川が増水したとき。
また、津波が川を逆流したときに、
ちゃんと命を守る行動を5羽の滞在組のハクチョウさん、
アドちゃん、ティちゃんはしていました!

これも、日々の自然の中で培ってきた野生的な本能なんでしょうね!

> 一方、人は自然に対し直観力が衰え、マニュアルがないと太刀打ちできないのではないかと愚考します。

確かに、マニュアルに頼ることが多いですよね!
特に、災害情報においては、何が自分にとって大切な情報のなのか。
取捨選択する能力が必要ですよね!

SNSの世界では、特に、それが試されているような気がしますね!v-519v-521
[2016/08/25 07:08] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは。こちらの江戸川放水路も台風のあと、たくさんの枯れたアシの茎と共にプラスチックごみが流れ着いていました。市役所の人は河川敷のゴミは年々少なくなっていると言っていましたが、思うに今のごみは軽量化されたプラスチック製品(ペットボトルやカフェの容器など)になっているので、風などで大部分がいちばん低いところである川や海に落ちているのだと思います。そして、海を漂っているか粉砕されて目には見えなくなっているだけなのだと思います。
[2016/08/28 22:54] URL | bird run! #-[ 編集 ]
bird runさんへ

おはようございます!

こんばんは。こちらの江戸川放水路も台風のあと、たくさんの枯れたアシの茎と共にプラスチックごみが流れ着いていました。市役所の人は河川敷のゴミは年々少なくなっていると言っていましたが、思うに今のごみは軽量化されたプラスチック製品(ペットボトルやカフェの容器など)になっているので、風などで大部分がいちばん低いところである川や海に落ちているのだと思います。そして、海を漂っているか粉砕されて目には見えなくなっているだけなのだと思います。

確かに、今のゴミは軽量化されていますよね!
duck4はその点に気づきませんでした!
bird runさんのご指摘でなるほどと思いました!

プラスチックは軽いので、風に飛ばされます。
そして、劣化して、小さな微粒子になって、
目には見えない形で水中を漂うことになりますよね!
特に、海の場合はそんなんですよね!

将来、その細か裁断された目には見えないほどのマイクロプラスチックが、
海にいる生物が飲み込み、それをヒトが食べる。

また、その前にお魚さんたが害を及ぼして、減ってしまい、
海には、プラスチックのみになってしまうこともあるとの指摘もあるようですね!v-519v-521
[2016/08/29 07:34] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/2321-b238db43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR