FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
羽の成長と換羽について!
7羽の滞在組のハクチョウさんたちの白い落し物!

そうなのか。

そうでないかは、いろいろな意見があるかと思います。


初夏から真夏にかけて、

七北田川でハクチョウさんの落し物の白い羽

探して拾って集めてみると、

次のようなことが言えるのではないか。

とduck4になりに気づかされることがあります。


それは、6月中旬頃になると、

羽の中でも一番大きくて立派な羽。

風切羽が落ちていることがあるからです。


そして、7月中旬から下旬頃になると、

大きな羽ではなくて、

比較的小さな羽である半綿羽綿羽を見かけるようになりました。


ということは、ハクチョウさんたちの換羽は、

大きな羽から小さな羽へと進行していくことになるのでしょうか?


また、8月上旬になっても、

羽のお手入れをしていると、小さな羽を落としていることがあります。


そんな七北田川の7羽のハクチョウさんたちの落し物を見ていて、

疑問に思っております。


DSCF0861_convert_20160807101333.jpg

(換羽も進み新しい羽弁になってきた最近のアドちゃん!

羽の成長と換羽!

ところで、

ソーア・ハンソン著黒沢令子著『羽(Feathers)』(白揚社)の中で、

わかりやすく羽の成長と換羽について描かれていた図があったので、

紹介いたします。


【鳥の換羽の始り】

細胞の活動になると、羽嚢襟で新しくできた組織へ栄養を送り込み、

新しい羽軸と羽枝が伸びてきます。


新しい羽が伸びると、古い羽が抜け落ちてしまいます。

これが、簡単に言うと換羽の始まりのようです。


【羽の成長】

新しい羽は、羽鞘(うしょう)の中で作られます。

羽鞘(うしょう)で包まれ、羽嚢(はのう)から外に出て羽枝(うし)が開いてきて、

羽弁(うべん)が現れます。


DSCF0828_convert_20160807101936.jpg

(『羽』の本より!

(参考文献)

ソーア・ハンソン著黒沢令子著『羽(Feathers)』(白揚社)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2016/08/08 05:47] | 続・滞在組⑯ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<ハムレットな気持ちを味わったおおきなハクチョウさん(ミルクちゃん)! | ホーム | 換羽中のティちゃんの本音!>>
コメント
duck4さん、こんばんは
ハクチョウさんの換羽は大きな羽から始まっているようなんですね。
ご参考までに、樋口広芳緒「鳥ってすごい!」には、『ガン、カモ、ハクチョウなどは、風切羽を同時に、あるいは短期間のうちに落とす。このタイプの換羽をする鳥は、一時飛べなくなるのだが、その分すばやく羽毛を更新できる。また、これらの鳥は飛びながら食物をとるわけではないので、水辺に出ていれば採食しつつそれなりに安全にくらすことができるのだ。』と記載されています。
これからハクチョウさんは小鳥などに比べ短期間で換羽を行うことが分かります。

[2016/08/08 19:36] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
こんばんは

私が筒のようなものと思っていたのは「うしょう」なんですね漢字は「羽鞘」でいいんでしょうか。

おもしろい本があるんですね。
[2016/08/08 19:51] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、こんばんは
> ハクチョウさんの換羽は大きな羽から始まっているようなんですね。

この2年ほど、じっくり見ているだけなので、まだなんとも言えませんが、
どうやら、大きな羽から先に落ちるような感じを受けています!

> ご参考までに、樋口広芳緒「鳥ってすごい!」には、『ガン、カモ、ハクチョウなどは、風切羽を同時に、あるいは短期間のうちに落とす。このタイプの換羽をする鳥は、一時飛べなくなるのだが、その分すばやく羽毛を更新できる。また、これらの鳥は飛びながら食物をとるわけではないので、水辺に出ていれば採食しつつそれなりに安全にくらすことができるのだ。』と記載されています。

ハクチョウさんたちは、水鳥なので、飛びながら餌を探す鳥さんたちとは違うので、
一斉には風切羽が落ちても大丈夫なようにできているのでしょうね!

それにしても、たくさんの羽に覆われてているので、
換羽も大変そうですよね!

> これからハクチョウさんは小鳥などに比べ短期間で換羽を行うことが分かります。

確かに、スズメさんたちは、飛びながら餌を探さなければならないので、
換羽も時間がかかるのでしょうね!v-519v-521
[2016/08/09 07:02] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは
>
> 私が筒のようなものと思っていたのは「うしょう」なんですね漢字は「羽鞘」でいいんでしょうか。

この本の付録部分で出ていたのですが、
duck4は、とても羽のことが勉強になりました!

羽鞘(うしょう)で言いようですね!

> おもしろい本があるんですね。

ストロー状の羽鞘の中で包まれていて、そこから羽が広がるようにできるのでしょうね!
これで滞在組のハクチョウさんたちの換羽がまた少しわかりました!v-519v-521
[2016/08/09 07:08] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/2305-4275ff21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR