FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
世界一安全な○○とは無縁の鳥さんたちの賢さ!
御巣鷹山に衝突した日航機123便の事故からもう30年。

ご遺族の方もご高齢になり、その歳月の長さをあらためて実感します。

しかし、当事者のご家族にとっては、

まだ昨日のことのように思っているのかもしれません。


ところで、日航機の事故は、

尻もち事故後に行われたボーイング社での修繕修理に原因もあるのではないか?

とも言われていますが、

まだ、真の原因究明には至っていないようです。


文明の利器が発達して、経済性をあまりにも追求すると、

安全性が損なわれ事故が起きるということが、

繰り返されてきています。


例えば、最近の頻繁に起きている新幹線のトラブル。

大きな事故には至っていませんが、

一歩間違えば、大惨事になって、もおかしくありません。


真夏の炎天下の日に止まってしまうと、

車内は蒸し風呂。

経済性の追求が、かえってヒトの生命の危機になってしますことさえあります。

経済性と安全性はまさに紙一重なのです。


よく、われわれは、「世界一安全な○○」と言って、

日本の最新技術のすばらしさを形容します。

でも、この言葉が、逆に大惨事を生み出すこともあったのです。


それは、福島第一原子発電所の事故。

そして、原発の再稼動の時に、

「世界一安全な○○」でという自画自賛するかのように

この言葉が使われ始めました。


あの原発事故後なのに、

何か、この言葉に違和感さえ覚えてしまいます。


ヒトの作った技術には、必ず欠点があるはず。

万能ではないのです。


「このような危険性がありますので注意しましょう!」

では、ヒトは、誰も怖くて信用しません。


ならば、「世界一安全な新幹線」「世界一安全な基準をクリアーした原発」

という安全神話に復活で、ヒトを納得させる術がないのでしょうか。


今日は前置きが長くなりましたが、

滞在組の5羽のハクチョウさんやアドちゃん。

羽をケガして、もう2度と飛べなくなってしまいました。


ハクチョウさんたちは、まだ飛べなくなっても、

アヒルさんのようになって水辺があれば生きられます。


しかし、

他の渡り鳥や狩をして生きている鳥さんたちにとっては、

羽のケガが致命傷。


鳥さんたちの方が、何か、ヒトよりも、大ケガがすぐ死に直結するので、

自然の中で危険を察知したり、自らの身は自分で守らないと生きていけないことを知っていて、

安全神話という迷信に惑わされない賢さがあるようです。


DSCF6446_convert_20150813073525.jpg

(ケガをしている羽を大きく広げるおおきなハクチョウさん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2015/08/13 06:01] | 続・滞在組⑤ | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<アドちゃんの定位置の土手!? | ホーム | どうやら、間に合いそうだね!アドちゃん!!>>
コメント
duck4さん、今晩は
どうも人は科学技術の進歩に歩調を合わせて安全に関し傲慢になってしまったと思います。
一方、鳥さんなどは、すべて自力で解決しなくてはいけないので少しもあなどることなく全力で事に当たっているのだと思います。
[2015/08/13 19:33] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
こんばんは、
岩波文庫に「科学は不確かだ」という訳本があります。原著者のFeynman氏が死期を悟ってからロジャーズ委員会に参加し、何を言ったのか、アポロとジャンボですが、本質は同じだと思います。

良い連休を。
[2015/08/13 21:01] URL |   Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
御巣鷹山の慰霊祭、事故から30年たったのですね。
ご高齢の親御さん、幼くして親を亡くされたお子さん。
様々な方がいらっしゃいますが、皆さん事故後の傷は癒えていないようです。

順調な時は無事に過ごし、明日もわからぬのに来年の予定を立てますね。
鳥さんたちは自分を信じ、毎日毎日を一生懸命生きているのですね。
↓アドちゃんも滞在組さんと付き合い方を学んで活かしています。
自分の身は自分で守る。とても大事な感覚ですね。
[2015/08/13 22:47] URL | パッサ- #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、今晩は
> どうも人は科学技術の進歩に歩調を合わせて安全に関し傲慢になってしまったと思います。

そうですよね!
科学技術は、時には、大きな人災を起こすのに、
それを前提にシステムが構築していないことが、
逆に危険なように思えてなりません!

> 一方、鳥さんなどは、すべて自力で解決しなくてはいけないので少しもあなどることなく全力で事に当たっているのだと思います。

鳥さんたちは、いつも危険と隣りあわせなので、
ヒト以上に敏感で、過信していないように見えますね!v-519v-521
[2015/08/14 06:46] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは、
> 岩波文庫に「科学は不確かだ」という訳本があります。原著者のFeynman氏が死期を悟ってからロジャーズ委員会に参加し、何を言ったのか、アポロとジャンボですが、本質は同じだと思います。

初めて知った本ですが、アマゾンのコメントを読んでいて、
なるほどと思いました!

不確かな点を持って科学技術を見ていく謙虚さが必要ですよね!
「世界一安全な○○」は何か、不確かさを曖昧にしていますよね!

鳥さんたちの方が、不確かなことに対しては疑って行動している
賢さがあるとduck4は思います!v-519v-521

> 良い連休を。

良いお盆を!v-519v-521
[2015/08/14 06:52] URL | duck4 #-[ 編集 ]
パッサーさんへ

おはようございます!

> 御巣鷹山の慰霊祭、事故から30年たったのですね。
> ご高齢の親御さん、幼くして親を亡くされたお子さん。
> 様々な方がいらっしゃいますが、皆さん事故後の傷は癒えていないようです。
>
御巣鷹山の事故から30年。
ご家族のことを考えると、
複雑な気持ちになります。

きっと、それぞれの想いが、交錯され、
またこの日をむかえたのでしょう。

ご高齢の方、慰霊登山されている後姿を見て、
そう思いました!

> 順調な時は無事に過ごし、明日もわからぬのに来年の予定を立てますね。
> 鳥さんたちは自分を信じ、毎日毎日を一生懸命生きているのですね。

鳥さんたちは、明日どうなるかわからないので、
必死に今日という日を生きているように見えます!

> ↓アドちゃんも滞在組さんと付き合い方を学んで活かしています。
> 自分の身は自分で守る。とても大事な感覚ですね。

アドちゃんは、滞在組の5羽との付き合い方を学び、
後ろをついていき、共に生きる道を選んだようです!

おちびちゃんが近づいてきたときには、
こう対処するとかもあるようです!

アドちゃんは、アドちゃんなりに自分の身を守る術を
会得したようですよ!v-519v-521
[2015/08/14 06:59] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは。
私が鳥さんを見てて思うのが、いつも死と隣り合わせで生きているからでしょうか、「生きるために生きている」「全力で生きている姿」、のように思います。
人間は頭でっかちで、生きるのに先立っていろいろと考えるために、あるいは不必要な欲をいろいろ持っているために全力で生きられないのかもしれません。もちろん全力で生きている人も世界中に多くいるのですが。
だから神話を生みだして、それにすがって生きようとするのかも、とも考えます。

やはり人間は自身の実感を出発点に、自分の頭と自分の言葉でものごとを考えるしか、この地球に適応する術はないのだろうかとも思います。 
自戒を込めて(自己弁護も織り込みつつですが)・・。
[2015/08/17 22:13] URL | Bird run! #-[ 編集 ]
Bird runさんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> 私が鳥さんを見てて思うのが、いつも死と隣り合わせで生きているからでしょうか、「生きるために生きている」「全力で生きている姿」、のように思います。

duck4もそう思います!
鳥さんたちは一歩間違えると死に直結するので、
まさに「生きるために生きている」という印象を強く受けますよね!

> 人間は頭でっかちで、生きるのに先立っていろいろと考えるために、あるいは不必要な欲をいろいろ持っているために全力で生きられないのかもしれません。もちろん全力で生きている人も世界中に多くいるのですが。
> だから神話を生みだして、それにすがって生きようとするのかも、とも考えます。

確かに、生きることに先立っていることあります!
目先の利益に右往左往して、あとで悲惨な事故を起こしてしまう。
まさに、これこそ、安全という名の神話ですね!
危ない安全神話を信じて生きているヒトなんでしょうね。
それは、鳥さんたちにはない発想なのかもしれません。

> やはり人間は自身の実感を出発点に、自分の頭と自分の言葉でものごとを考えるしか、この地球に適応する術はないのだろうかとも思います。 
> 自戒を込めて(自己弁護も織り込みつつですが)・・。

まさしくduck4もですよ!
自分で考えないと、ただ、流されてしまいますよね!
それが、最も危険なことなのかもしれません。v-519v-521
[2015/08/18 07:01] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1932-111ae4c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR