FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
長崎平和宣言!
戦争って、加害者にもなるし被害者にもなる。

でも、一生、心に傷を持つのは、両者。


その傷をもって、この70年間も生きて来られた方のことを考えると、

心が締め付けられる思いでいっぱいになります。


ところで、8月9日の長崎市長の長崎平和宣言。

冒頭部分では、次のような言葉で始まっています。


昭和20年8月9日午前11時2分、一発の原子爆弾により、長崎の街は一瞬で廃墟と化しました。

大量の放射線が人々の体をつらぬき、想像を絶する熱線と爆風が街を襲いました。24万人の市民のうち、7万4千人が亡くなり、7万5千人が傷つきました。70年は草木も生えない、といわれた廃墟の浦上の丘は今、こうして緑に囲まれています。しかし、放射線に体を蝕まれ、後障害に苦しみ続けている被爆者は、あの日のことを1日たりとも忘れることはできません。



その中で、特に、

「放射線に体を蝕まれ、後障害に苦しみ続けている被爆者は、

あの日のことを1日たりとも忘れることはできません。」

という言葉には、重みというものを感じました。


被爆された方にとっては、一瞬にして人生が狂ったわけです。

最愛なるヒトを失ったり、体や心に傷を負って、

それを一生癒えることなく生きていくこと。


これは、戦争を経験したことがない我々の世代にとって、

想像を絶するとしか言いようがありません。


そして、市長が、

現在、国会では、国の安全保障のあり方を決める法案の審議が行われています。70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、いま揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。政府と国会には、この不安と懸念の声に耳を傾け、英知を結集し、慎重で真摯な審議を行うことを求めます。

と読み続けている瞬間に、平和式典に参加されていた参加者の一部から拍手が。

きっと、思うところがあったからだと思います。

(参考資料) 

平成27(2015)年 長崎平和宣言



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2015/08/11 06:19] | 自費出版までの道 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<どうやら、間に合いそうだね!アドちゃん!! | ホーム | スズメさんの世界でも少子化!?>>
コメント
こんばんは、

相変わらず蒸し暑い天気が続いています。

事務局原案はき平和宣言起草委員会の強い意向を受け入れてずいぶん変わったようですね。

[2015/08/11 20:03] URL |   Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは、
>
> 相変わらず蒸し暑い天気が続いています。
>
猛暑からは解放されましたが、ムシムシする日が続いていますね!
でも、こちらでは、朝晩はひんやりすることもあります!

> 事務局原案はき平和宣言起草委員会の強い意向を受け入れてずいぶん変わったようですね。

多くのヒトの想いによって、心を打つような長崎平和宣言になったのですね!
平和を願う気持ちが、とても込められていたと思います。v-519v-521
[2015/08/12 06:38] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1930-45923f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR