FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
平和を祈願するハクチョウさんの絵図から!
江戸時代には、狩猟は禁止されていたおかげで、

鳥さんたちは保護されてきました。


しかし、明治時代では、銃の性能も向上。

鳥さんの保護活動に力を入れてこなかったため、

朱鷺さん、コウノトリさん、タンチョウさん、ハクチョウさんたちが、

狩の対象になり、数を減らせてきました。


また、戦後、GHQの占領時も、

進駐軍の兵士により野鳥の狩が行われ

鳥さんたちの受難は、続きました。


ところで、鳥さんたちに関する本を読んでいて思ったことは、

260年の江戸時代とは、鳥さんたちとっても、ヒト同様にとっても

意外と「平和な時代」だったということです。


一方、明治時代に入ると、

鳥さんたちは、ヒト同様に「受難な時代」。

の前で、多くの命が落としてしまいました。

まさに、鳥さんたちにとっても、「戦争の時代」だったのです。


そして、戦後70年、戦争にも巻き込まれず、

再び、つかぬまの平和を享受してきた私たち。


しかし、鳥さんたちの受難は続き、

農薬の使用などで、飛躍的に農産物の生産性が高まった一方で

餌となる田んぼにいた虫や小魚が減ってしまいました。

朱鷺さんやコウノトリさんは、一時、日本から姿を消してしまったのです。

その後、保護活動が実り、

再び、日本の大空を飛ぶようになりました。


ところで、duck4は今までずっと、

江戸時代とは、封建社会で身分制度もあり、

とんでもない時代と錯覚していました。


しかし、見過ごされてきた真実を知るや否や、

鳥さんたちや自然を保護してきたエコな社会だったこと。

また、2世紀も、戦争をしてこなかった平和な時代だったのです。


今の私たちの社会は、先人たちの犠牲の上、

70年のつかぬまの平和を築いてきました。


それは、絶滅した朱鷺さんやコウノトリさんが自然復帰。

タンチョウさんは、なんとか滅びずに北海道で生き延びています。

また、ハクチョウさんも、狩をされることがなくなりました。


滅びかけた多くの鳥さんたちも、ヒトの害から逃れながら、

何とか、この戦後70年を歩んできました。


最後になりますが、何か、昨今の流れは、

民意とは反対に進んでいるように思えてなりません。

なぜなら、今、この国のカタチを変えようとしているからです。


その議論が、再び始まりますが、

この目で、だまされないように注視して見ていく必要があります。


DSCF5072_convert_20120608152203.jpg

(平和を祈願するハクチョウさんの絵馬!

(関連ブログ

『最後の朱鷺(トキ)、キンちゃんのお話!』(2011年11月26日付けduck4ブログより)

『歴史の一断面から見たハクチョウさんと人間の信頼!』(2012年6月9日付けduck4ブログ)

『久しぶりに開いてみた本!』(2015年7月15日付けduck4ブログより)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2015/07/27 06:12] | アヒル・白鳥・野鳥⑩ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<アドちゃんの災難はコハクチョウさんのおちびちゃんによって! | ホーム | 減り続けるニホンライチョウさんから見えてくる日本の自然!>>
コメント
duckさん こんにちは~♪

人が動物たちの住む場所を奪い生態系を壊した結果が今、問題になっているんですよね
鹿さんの事も増えすぎてアチコチと被害がヒドイのですが原因を作ったのは人間。

物言わぬ生き物たちの怒りが聞こえてきそうです


今また、日本はいつか来た道を進もうとしていますね
子供や孫達に悲惨な思いをさせたくない
平和な日本で居てほしい
願いはそれだけです

duckさんの本
ヒユッゲの国からはとても興味深く読ませて頂いています^^
デンマークでは普通に生涯学習できる所がある事や豚の貯金箱の事、それとゆりかごから墓場までの意味も少しは分かってきました
何度か繰り返し読む事で更に親しみやすい国になっていくと思っています☆


[2015/07/27 16:00] URL | reimi01 #-[ 編集 ]
Duckさん、こんばんは、

アホウドリの繁殖地の移動の話、面白かったですね。アホウドリも羽、ダウンを採る目的だけのために絶滅寸前まで行ったんですね。

久しぶりに邦題「戦場のピアニスト」という映画を見直してみました。数日たってからもう一度見ました。


[2015/07/27 20:19] URL |   Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
reimi01さんへ

おはようございます!

> duckさん こんにちは~♪
>
> 人が動物たちの住む場所を奪い生態系を壊した結果が今、問題になっているんですよね
> 鹿さんの事も増えすぎてアチコチと被害がヒドイのですが原因を作ったのは人間。
>
根室の春国岱野鳥公園センターの近くのバス停でバスを待っていたところ、
数10頭のエゾシカさんが国道をふさいでいたことがりました。
エゾシカさんは増えすぎて、被害が出て、自然を破壊しているようですね。
何とかしないと、自然もエゾシカさんも大変なことになってしまいますよね!

> 物言わぬ生き物たちの怒りが聞こえてきそうです

まさに、生き物の怒りのような感じもします!
>
> 今また、日本はいつか来た道を進もうとしていますね
> 子供や孫達に悲惨な思いをさせたくない
> 平和な日本で居てほしい
> 願いはそれだけです

duck4もそう思います!
あのとき振り返ると、
70年間のつかの間の平和だったということがないようになって欲しいですよね!

> duckさんの本
> ヒユッゲの国からはとても興味深く読ませて頂いています^^

とても嬉しいです!ありがとうございます!v-519

> デンマークでは普通に生涯学習できる所がある事や豚の貯金箱の事、それとゆりかごから墓場までの意味も少しは分かってきました
> 何度か繰り返し読む事で更に親しみやすい国になっていくと思っています☆

生涯教育の歴史も古く、デンマークが発祥です。
今でも、デンマークには、たくさんのホイスコーレがあります。

ただ、小著に登場しているホイスコーレ(生涯教育を行う学校)は、閉じてしまい、
今はアレルギー体質を改善する施設に変わったとのこと。

国からの補助金があるのですが、ホイスコーレの経営は難しいようです。

少しでもデンマークのことが身近になっていただければ幸いに存じます!v-519v-521
[2015/07/28 07:14] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> Duckさん、こんばんは、
>
> アホウドリの繁殖地の移動の話、面白かったですね。アホウドリも羽、ダウンを採る目的だけのために絶滅寸前まで行ったんですね。
>
アホウドリさんも乱獲されて絶滅の危機に瀕した鳥さんでしたね!
何とか、保護活動が実り、繁殖のために南の島にもやって来るようになりましたね!
そして、火山の心配から、繁殖地の引っ越しも行われ、それも成功しましたね!

> 久しぶりに邦題「戦場のピアニスト」という映画を見直してみました。数日たってからもう一度見ました。

duck4は見たことがありませんが、Wikkiの説明を読んで、
ヨーロッパ人の第二次世界大戦に対して風化させないようにする意志を強く感じます。
何か、歴史から謙虚に学ぶ姿勢は、大切ですよね!v-519v-521
[2015/07/28 07:23] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1915-f9893c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR