FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ライチョウさんから滞在組やアドちゃんの換羽について仮説を考える!
今、duck4が読んでいる本。

中村浩志著『二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ』(農文協)には、

ライチョウさんは3回換羽を行うとのこと。


その中で、ハクチョウさんにも関連する、

飛翔羽では初めに換羽をするのは、

初列風切羽だということです。


その観察結果では、

オスのライチョウさんが、6月20日に始まり10月7日に終了。

その換羽にかかった期間が109日。


何かの理由で繁殖に失敗したメスのライチョウさんは、

7月9日に始まり、10月12日に終了。

その換羽に要した期間が95日でした。


雛を連れたメスのライチョウさんは、他の個体よりも遅く、

8月1日に始まり、10月14日に終了。

その期間は、短く74日でした。


ということは、オスは、早く始まり、ゆっくり進んでいく換羽ですが

それに対して、繁殖に成功したメスは、遅く始まり、早く終わるようです。


さて、こちらの七北田川にいる

5羽の滞在組のハクチョウさんやアドちゃんたちですが、

一番早く、初列風切羽の換羽が始まったのは、

おおきなハクチョウさん。

6月下旬のことでした。


DSCF4640_convert_20150629075313.jpg

(おおきなハクチョウさん!

2番目は、チンさん。

6月下旬

DSCF4958_convert_20150710073749.jpg

(新しい羽が生えてきたチンさん!

3番目は、シンさん。

7月中旬でした。


DSCF5184_convert_20150714074331.jpg

(羽が抜け落ちたシンさん!

DSCF4736_convert_20150713073014.jpg

(換羽が始まる前のシンちゃん!

他の、斑ちゃん、おちびちゃん、アドちゃんは、

まだ、初列風切羽の換羽は始まっていることを確認しておりません。


ところで、

ライチョウさんとハクチョウさんとの

「初列風切羽の換羽の傾向」を単純比較して考えると、

次のようなことが言えるのかもしれません。


例えば、

おおきなハクチョウさんとチンさんは、

6月下旬には、換羽が始まっているので、

オス!?ということが考えられます。


また、それから2週間ほど遅れて、

あまり動き回らなくなったシンさんですが、

こちらは、7月中旬に換羽を確認しております。


ということは、シンさんは、ライチョウさんに当てはめて考えた場合に、

メス!?であるということも考えられます。


duck4の定点観測ポイントにいるハクチョウさんたちは、

今のところすべて非繁殖個体ですので、

もうそろそろ、ちゃん、コハクチョウさんのおちびちゃん、

アドちゃんも換羽が始まっても良い頃なのですが、

まだ、未確認であります。


ライチョウさんの換羽の研究。

5羽の滞在組やアドちゃんの換羽を研究する上で、

仮説を考える上で、とても役に立っています。

(参考文献

中村浩志著『二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ』(農文協)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2015/07/14 06:18] | 続・滞在組④ | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<久しぶりに開いてみた本! | ホーム | 七北田川のハクチョウさんたちにとって換羽の7月!>>
コメント
こんばんは、
私は「甦れブッポウソウ」しか持っていないのですが、中村先生はいくつかの鳥の本を書いておられるんですね。その原点は千曲川なんですね。

今日のDuckさんの換羽の話、たいへん興味深く読ませていただきました。
[2015/07/14 20:29] URL |   Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
カラスさんやトビさん、風切り羽がスカスカの個体を見ます。
繁殖が終わった鳥さんは換羽の時期ですね。

滞在組のハクチョウさん、そういえば性別も不明でしたね。
ハクチョウさんは雌雄同じ外見なので見当つかないです。
ライチョウさんの換羽に当てはめるとは、とても面白いです。
ライチョウさんが3回も換羽するとは知りませんでした。住んでいる環境が厳しいので3回も必要なのでしょうね。
[2015/07/14 20:30] URL | パッサー #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは、
> 私は「甦れブッポウソウ」しか持っていないのですが、中村先生はいくつかの鳥の本を書いておられるんですね。その原点は千曲川なんですね。

ライチョウさんを研究している中村浩志さんは、
長野県の千曲川でブッポウソウさんも研究されていた方だったんですね!

本には、カワラヒワさんを研究していたことも紹介されていました。

『二万年の奇跡を生きた鳥 ライチョウ』の本を読んでいて、
これから、滞在組やアドちゃんたちを観察する上でのヒントが、
あちらこちらに隠されていました。

> 今日のDuckさんの換羽の話、たいへん興味深く読ませていただきました。

duck4もライチョウさんの換羽の話を知り、
鳥さんたちの研究の奥深さをあらためて認識させられました!v-519v-521
[2015/07/15 06:16] URL | duck4 #-[ 編集 ]
パッサーさんへ

おはようございます!

> カラスさんやトビさん、風切り羽がスカスカの個体を見ます。
> 繁殖が終わった鳥さんは換羽の時期ですね。

カラスさんやトビさんたちでは、もう繁殖も終わり、
次に、親たちは換羽の時期なんですね!
鳥さんたちも、1年、本当に忙しいですよね!

> 滞在組のハクチョウさん、そういえば性別も不明でしたね。
> ハクチョウさんは雌雄同じ外見なので見当つかないです。

そうなんですよね!
想像するしかありませんでしたが、
外見からは、オスとメスの判別は難しいです。

> ライチョウさんの換羽に当てはめるとは、とても面白いです。

ライチョウさんの換羽と当てはめて考えると、
おおきなハクチョウさんとチンさんは、早く、換羽を始めたのでオス!?

シンちゃんは、7月中旬なので、メス!?
ということになります。

でも、レーダーの斑ちゃん、コハクチョウさんのおちびちゃん、子どものアドちゃんは
まだ、始まっていないようなのでわかりませんね!

> ライチョウさんが3回も換羽するとは知りませんでした。住んでいる環境が厳しいので3回も必要なのでしょうね。

ライチョウさんの3回の換羽は驚きですよね!
外敵に襲われないようにカモフラージュするためにも、
必要なのでしょうね!v-519v-521
[2015/07/15 06:29] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんにちは。
ロンドンの池のまわりにもコブハクチョウの羽が落ちているのをちらほら見かけました。 波打ち際にはいろいろな鳥の羽がごちゃごちゃ打ち寄せられていたりもします。 時期的にそのようです。

野鳥の研究の分野にもいろいろなものがあるのですね。
[2015/07/16 01:36] URL | shidekubo #xRksozhw[ 編集 ]
shidekuboさんへ

おはようございます!

> こんにちは。
> ロンドンの池のまわりにもコブハクチョウの羽が落ちているのをちらほら見かけました。 波打ち際にはいろいろな鳥の羽がごちゃごちゃ打ち寄せられていたりもします。 時期的にそのようです。

ロンドンの池でも、コブハクチョウさんの羽が落ちていますか?
鳥さんたちにとって、夏から秋にかけて換羽の季節なんですよね。
そして、ライチョウさんですが、オスとメスとでは、その期間も違うことには驚きでした。

> 野鳥の研究の分野にもいろいろなものがあるのですね。

研究者が書いたライチョウさんの本を読んで、それをあらためて実感しました。
バードウオッチングは奥が深いですよね!v-519v-521
[2015/07/16 06:27] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは。
とても興味深いご考察です。大いにあり得ることだと思います。
今読んでいる『鳥の渡りを調べてみたら』(P.ケリンガー著)の第5章「渡りの季節」にこうありました。「アメリカチョウゲンボウのメスは、通常なら秋にはオスよりも3週間から1カ月早くケープメイ岬に渡って来る。・・・メスは育雛中に換羽を始めるために、早く渡り始めるのだろう。一方、オスはヒナの食べ物を捕っているため、おそらくヒナが巣立つまで換羽をしない。」
人間で言う男性ホルモンや女性ホルモンに相当するものが鳥さんにもあって、それが換羽の時期を決めているといったことも考えられるかもしれませんね。
この本は、だいぶ前から読んでいるのですが、もともとたくさんの細かい事実に考察を加えて論理を組み立てる自然科学系の文章が苦手な上に、アメリカの鳥さんたちが考察されているので、理解するのが大変でなかなか進まないです。
duck4さんが今回ご紹介されている本、面白そうです。ぜひ読んでみたいです。
[2015/07/20 23:51] URL | Bird run! #-[ 編集 ]
Bird runさんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> とても興味深いご考察です。大いにあり得ることだと思います。

duck4は、日々、滞在組とアドちゃんの羽の様子を観察しています!

> 今読んでいる『鳥の渡りを調べてみたら』(P.ケリンガー著)の第5章「渡りの季節」にこうありました。「アメリカチョウゲンボウのメスは、通常なら秋にはオスよりも3週間から1カ月早くケープメイ岬に渡って来る。・・・メスは育雛中に換羽を始めるために、早く渡り始めるのだろう。一方、オスはヒナの食べ物を捕っているため、おそらくヒナが巣立つまで換羽をしない。」
> 人間で言う男性ホルモンや女性ホルモンに相当するものが鳥さんにもあって、それが換羽の時期を決めているといったことも考えられるかもしれませんね。

チョウゲンボウさんのオスの場合、雛が巣立つまで換羽をしないのですね!
メスは育雛中に換羽を始めるのは、理にかなっていますよね!

その方が、抱卵が終わったときには、巣を離れ、産卵などで体力を使ったので、
その回復のためには必要なことですよね!

> この本は、だいぶ前から読んでいるのですが、もともとたくさんの細かい事実に考察を加えて論理を組み立てる自然科学系の文章が苦手な上に、アメリカの鳥さんたちが考察されているので、理解するのが大変でなかなか進まないです。

そうなんですよね!
アメリカの鳥さんのことが考察されているので、実際、そのフィールドに行って見ているわけではないので、
なかなかイメージが着かないことも大きく左右してしまいますよね!

> duck4さんが今回ご紹介されている本、面白そうです。ぜひ読んでみたいです。

この本から、duck4は、ハクチョウさんをフィールドを行う上でのヒントをいただいたような感じがします。
それは、ライチョウさんのようにオスとメスでの換羽の時期の差から、
性別が判別できるのではないかということなど。

この本に出合えたことで、フィールドの幅が広がったようでもあります。v-519v-521
[2015/07/21 07:22] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1901-fffc0e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR