FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
あなたはロクちゃん!?南から40羽のハクチョウさんたちが!?
早朝の定点観測ポイント。

3羽の幼鳥さん。

9羽の成鳥のハクチョウさんがいました。


そのうち、1羽がどことなく、

あのオオハクチョウさんのロクちゃんにも似ているような。

いや似ていないような!?


クチバシの色が蛍光色でも塗ったようなオレンジ色

どことなく馬のように長い顔つき


でも、目の大きさや顔とクチバシのところに若干の黒い線があるのですが、

このオオハクチョウさんにはないので、

違うと言えば違うとしか言えないduck4であります。


ただし、このロクちゃんのようなロクちゃんでないハクチョウさんは、

いつも、4羽で一緒に行動しています。


DSCF0799_convert_20150327072457.jpg

(あなたは誰!?

DSCF9231_convert_20150228090421.jpg

(こちらはあの、ロクちゃん!

それから、何気なく大空を見上げてみると、

14羽のハクチョウさんたちが七北田川上空を上流方向へと向かって、

飛んで行きました。


DSCF0807_convert_20150327072207.jpg

(七北田川沿いを飛んでいる14羽のハクチョウさんたち!

ひょっとすると、南から渡ってきた立ち寄り組ではないか!?

と思いました。


そのことは、後から、地元のヒトから聞いたのですが、

午前10時頃、40羽ほどのハクチョウさんたちが降りて来た!」

とのことでした。


そして、また、どこかへと飛んで行ったとのこと。

暖かい南からの風に背を押されながら、

ハクチョウさんたちも北への旅を続けているのでしょう。


その後。

あの2羽の幼鳥さんの姿も見ていません。

今頃、この群れに混じって、

北へと旅立って行ったのでしょうか。


DSCF0805_convert_20150327072043.jpg

(2羽の幼鳥さんたちのテイクオフ!

DSCF0806_convert_20150327072127.jpg

(この後!姿を見ていない2羽の幼鳥さんたち!もしかしたら北へと旅立って行ったのでは!?

(関連ブログ

『友人を見つけ一緒に行動している2羽の幼鳥さんたち!』(3月26日付けduck4ブログより!)

『ロクちゃんはどこに行ったの!?』(2月28日付けduck4ブログより!)

『ロクちゃんはどこに!』(2月4日付けduck4ブログより)

『表情豊かなオオハクチョウさんのロクちゃん!』(1月26日付けduck4ブログより)

『ロクちゃんと菜々ちゃんのコミュニケーションの取り方!』(1月5日付けduck4ブログより)

『葦原の奥深く隠れるオオハクチョウさんのロクちゃん!』(2014年8月18日付けduck4ブログより)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2015/03/27 06:51] | 続・滞在組① | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<5羽の滞在組を追いかける幼鳥のアドちゃん! | ホーム | 友人を見つけ一緒に行動している2羽の幼鳥さんたち!>>
コメント
はじめまして。
ロクちゃん・・・ どこへ行ってしまったのか・・・って
いつも気にしながらブログを拝見していたので、
コメントさせていただきました!
タイトルを見て、えーっ!?って驚きましたが・・・
いつもブログを拝見しながら、もう一度、ロクちゃん・・・戻ってこないのかな・・・
なんて毎回願っているのでした(^^ゞ
[2015/03/27 16:58] URL | ちまころ #-[ 編集 ]
duck4さん こんばんは!

ロクちゃんに 似ていますね
どこへ 行っているのでしょうね
それにしても 40羽ほどのハクチョウさんたちが
下りてきたとは 驚きました☆
[2015/03/27 21:47] URL | トマトの夢3 #-[ 編集 ]
ちまころさんへ

おはようございます!

> はじめまして。

これからも宜しくお願いいたします!

> ロクちゃん・・・ どこへ行ってしまったのか・・・って
> いつも気にしながらブログを拝見していたので、
> コメントさせていただきました!

オオハクチョウさんのロクちゃんを気にしていただきまして、
誠にありがとうございます!

> タイトルを見て、えーっ!?って驚きましたが・・・

duck4も驚いています!
なぜなら、このハクチョウさんがロクちゃん似であるからです!

> いつもブログを拝見しながら、もう一度、ロクちゃん・・・戻ってこないのかな・・・
> なんて毎回願っているのでした(^^ゞ

クチバシのオレンジ色がそっくり。
ただ、目がちょっと違うかなとも思っています!
それと、すぐに近づいてきません!
もう、duck4のことを忘れてしまったのかな!?と思ってしまっています!

これからもこのロクちゃん似のハクチョウさんを観察し続けていくつもりです!

コメントありがとうございました!v-519v-521
[2015/03/28 07:23] URL | duck4 #-[ 編集 ]
トマトの夢3さんへ

おはようございます!

> duck4さん こんばんは!
>
> ロクちゃんに 似ていますね

あのロクちゃん似のオオハクチョウさんです!
でも、duck4の顔を忘れてか、
かつてのように、すりすりと近寄ってきません!

> どこへ 行っているのでしょうね

本家のロクちゃんは、菜々ちゃんと一緒に渡って行ったのでしょうかね!?

> それにしても 40羽ほどのハクチョウさんたちが
> 下りてきたとは 驚きました☆

duck4も目撃をしていなく、地元のヒトから聞いた話ですが、
それにしても40羽は大群です。
南から北へと旅をする途中に、休憩のために立ち寄ったのでしょうね!v-519v-521
[2015/03/28 07:27] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは
BBCマガジンにあった「給餌しているカラスから少女が贈り物をもらう話」、わからないところもありましたがなんとか訳し終えました。(翻訳ソフトはグーグル先生よりも@niftyがよかったです。)英語に接したのは数十年ぶりでしたが意外と出来ました。本を読むのが好きなので、学校を出てからも文章理解がいくらか身についてきてたのかもしれません。
こうやって、duck4さんのブログが私にとって学びの場ともなっていることを実感した次第であります。
 記事の内容は、少女が餌付けしている野生のカラスがえさ台のトレーや水盤に、金属片などの落ちている人工物や母親が落としたカメラレンズのキャップを持ってくるという出来事を、カラスの研究者の話とともに紹介しているものでした。読んで思ったのが、カラスという鳥の特殊性、カラスの個性として考えるべき出来事かな、と思いました。この少女がカラスとの間で体験したことを、ほかの鳥にもあてはめて一般化するとちょっとまずいかなと感じました。
でも、鳥と人であっても、生きものと生きものである以上、何らかのかかわり合いがあれば意思のやりとりはあると思っています。
私は本埜のハクチョウさんたちからは、この冬、目に見えないものを確かにもらったのでした。これもコミュニケーションの一つとも言えるのかもしれません。

 余談ですが、カラスに関して私が実際に経験したことですが、公園の木の下で自分でにぎったおにぎりを食べている時、もぐもぐしながら手にしていたおにぎりに何かぽとんと落ちてきて、見たら鳥のふんでした。上を見たら、3メートルほど上の木の枝に1羽のカラスが止まっていたのでした。偶然のできごとにしては上出来なので、食べている人間にカラスが興味を持っていたずらしたんだな、と思いました。

ロクちゃんらしきハクチョウさんの写真をじっと見ているのですが、確かに似ているようにも思います。でもやはりご本人がいちばんわかるというべきでしょう。
次の冬、今年の11月、12月に菜々ちゃんと一緒に渡って来て、七北田川に越冬に来るのを楽しみにしていたいです。
それにしても「ろくちゃん」や(七北田川の?)「ななちゃん」と、duck4さんの遊び心がうかがえるような命名が素敵です。
七北田川の上空、高い空を飛ぶハクチョウさんたちの編隊飛行がのびやかでいいですね。思わず「がんばれ」と言いたくなります。気をつけて北へ向かって欲しいです。
[2015/03/28 23:43] URL | Bird run! #-[ 編集 ]
Bird runさんへ

おはようございます!

> こんばんは
> BBCマガジンにあった「給餌しているカラスから少女が贈り物をもらう話」、わからないところもありましたがなんとか訳し終えました。(翻訳ソフトはグーグル先生よりも@niftyがよかったです。)英語に接したのは数十年ぶりでしたが意外と出来ました。本を読むのが好きなので、学校を出てからも文章理解がいくらか身についてきてたのかもしれません。

あのBBCマガジンの文章。結構、長かったので、日本語へ訳すのも大変だったことと思います!
Bird runさんのコメントから、達成感がひしひし伝わってきております!
グーグルよりも@niftyの方が、良いのですね!
これから、英語で書かれた鳥さん関係の文章を読むのも容易になったのではないでしょうかね!

> こうやって、duck4さんのブログが私にとって学びの場ともなっていることを実感した次第であります。

そう言っていただけると、duck4もブログを続けて、とても嬉しくなります!

>  記事の内容は、少女が餌付けしている野生のカラスがえさ台のトレーや水盤に、金属片などの落ちている人工物や母親が落としたカメラレンズのキャップを持ってくるという出来事を、カラスの研究者の話とともに紹介しているものでした。読んで思ったのが、カラスという鳥の特殊性、カラスの個性として考えるべき出来事かな、と思いました。この少女がカラスとの間で体験したことを、ほかの鳥にもあてはめて一般化するとちょっとまずいかなと感じました。

少女が餌付けをして、餌台に、金属、確か彼らの獲物も持ってくるところを見ると、
どうもお礼の意味があるのでしょうかね!

カラスさんは、とても個性的で、社会性も備わっている鳥さんだと思います!

例えば、滑り台を滑るカラスさん!
電線でくるくると回るもの!
これはまさに遊びですよね!

また『世界一賢い鳥 カラスの科学』
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E8%B3%A2%E3%81%84%E9%B3%A5%E3%80%81%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%95/dp/4309252885
という本では、仲間で亡くなると、ヒトと同じように弔うということもするそうです!
そこで、この群れでの自分の地位を確認したりもするそうです!

まるでヒトと思った次第です!

> でも、鳥と人であっても、生きものと生きものである以上、何らかのかかわり合いがあれば意思のやりとりはあると思っています。

duck4もそう思っております!
ハクチョウさんとヒトとの間でも、それを感じることがあります!
それは、1965年以降、日本全国で行われてきた餌付けにより、
身近になったことも十分に考えられると思います!

> 私は本埜のハクチョウさんたちからは、この冬、目に見えないものを確かにもらったのでした。これもコミュニケーションの一つとも言えるのかもしれません。

Bird runさんのところでもそうでしたか。
ハクチョウさんがコミュニケーションをしているようですよね!

例えば、こちらを向いて、コォ!コォ!と鳴くことがあります!
何か、duck4に語りかけているのではないかと思います!

また、犬の鳴き声のようにうなることもします!
これは、甘えているときに発するハクチョウさんの声です!
初めて、聞くと怒っているのではないかと勘違いをしてしまいますが..!

>  余談ですが、カラスに関して私が実際に経験したことですが、公園の木の下で自分でにぎったおにぎりを食べている時、もぐもぐしながら手にしていたおにぎりに何かぽとんと落ちてきて、見たら鳥のふんでした。上を見たら、3メートルほど上の木の枝に1羽のカラスが止まっていたのでした。偶然のできごとにしては上出来なので、食べている人間にカラスが興味を持っていたずらしたんだな、と思いました。

それは、十分に考えられることですよね!
おにぎりが食べたかったのか!?
Bird runさんに興味を示していたカラスさんだったのではと思います!

> ロクちゃんらしきハクチョウさんの写真をじっと見ているのですが、確かに似ているようにも思います。でもやはりご本人がいちばんわかるというべきでしょう。

確かに、ロクちゃん似なんですが、
duck4を警戒してか近づいてきません!

ロクちゃんだったら、そばまで近づくので、きっと違うオオハクチョウさんではないかと思っています!

それとも、2ヶ月ほど経ち、duck4のことを忘れてしまったのではないか!?
いやそうなことはないかと思っております!

> 次の冬、今年の11月、12月に菜々ちゃんと一緒に渡って来て、七北田川に越冬に来るのを楽しみにしていたいです。

また、菜々ちゃんと一緒に、ロクちゃんも10月頃に、子供を連れて、渡ってきて欲しいものですよね!

> それにしても「ろくちゃん」や(七北田川の?)「ななちゃん」と、duck4さんの遊び心がうかがえるような命名が素敵です。

名前をつけたほうが、ブログでもわかりやすいので、つけてみました!

> 七北田川の上空、高い空を飛ぶハクチョウさんたちの編隊飛行がのびやかでいいですね。思わず「がんばれ」と言いたくなります。気をつけて北へ向かって欲しいです。

3月下旬に40羽のハクチョウさんたちが飛来。
これは、南からの立ち寄り組だと思います。

早朝!14羽ほどが通過していきましたが、
恐らく、安全な休憩場所でも探していたのでしょうかね!?

ハクチョウさんたちの行動からいろいろなことが見えてきますよね!v-519v-521
[2015/03/29 09:34] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1790-87f43daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR