FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ソワソワしている飛来組のハクチョウさんたち!
duck4の定点観測ポイントでは、

約19羽ほどのハクチョウさんたちが、

まだ、残っています。


その中には6羽の幼鳥さんもいます。

時折、1羽増えて、7羽目の幼鳥さんも戻って来て、

7羽になることもあります。

DSCF0320_convert_20150303203012.jpg

(7羽目の幼鳥さん!

そんな様子を観察していると、

いつ、すべての飛来組のハクチョウさんたちが旅立ってしまうのか。

こちらの方まで、気持ちが、ソワソワとしてきます。


ところで、

あの『水辺に生きるハクチョウ』の著者。

嶋田哲郎さんのエッセイが新聞に連載されていました。

その一部を抜粋して紹介します。


「・・・渡り鳥が去っていく季節です。

彼らがそわそわしているのを感じます。

寒さが続いた後、南風が吹いて気温の上がる日があります。

そういう日、鳥たちは渡ります。」


(河北新報 「微風 旋風 渡りの季節」嶋田哲郎著より


確かに、南風が吹き、気温が上がると、

ハクチョウさんたちは、旅立って行くようでした


それは、こちらでも、

60羽ほどいた群れが40羽になり、

また20羽になる。


その日を境に、

飛来組の数が、急激に減らしたこともあります。


恐らく、その日に暖かい風が吹き、

ハクチョウさんたちは、出発を決めるのでしょう。


でも、時折、戻ってくるものもいるそうです。


それについて、

嶋田さんのエッセーの中には、

「...雪がなくても、行った先では、多くの雪ということもあります。

そういうときには、まだ早かったな、と戻ってくることもあります。

雪に阻まれつつ、行きつ戻りつ、鳥さんたちはゆっくり北上します。」


(河北新報 「微風 旋風 渡りの季節」嶋田哲郎著より


確かに、立ち寄り先で、大雪ならば、

飛行にも差し支えがあり、食べ物も確保できないことでしょう。


そして、また戻るという判断を下して、

今までいた場所に、

舞い戻ってくる群れもいるでしょう。


それを繰り返しながら、

ゆっくり、二月ほど掛けて、

北のシベリアの繁殖地へと戻って行くようです。


最後に、

こちらでは、家族群れのハクチョウさんも多いので、

ゆっくり戻ろうと考えているのでしょうか。


次の南風

いや、その次の次の南風が吹いた時。

出発する!?のではないかと、

ソワソワしながら19羽ほどの飛来組のハクチョウさんたちを見ている

duck4であります。


DSCF0335_convert_20150306090255.jpg

(19羽の飛来組のハクチョウさんが残っているduck4の定点観測ポイント!

(引用記事

『河北新報』「微風 旋風 渡りの季節」嶋田哲郎著(2015年3月5日)

(参考ブログ

『7羽目の幼鳥さんが!』(3月4日付けduck4ブログより)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2015/03/06 06:20] | 続・滞在組① | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<19羽の飛来組の後姿には..!そして、デコちゃんは! | ホーム | 残り少なくなったオナガガモさんたち!/ 白鳥さんの慰霊祭!>>
コメント
duck4さん、今晩は
ハクチョウさんは旅立ちのタイミングを南風で計っているのですね。
こういう能力は先天的なものなのでしょうね。
凄いことだと思います。
[2015/03/06 19:43] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
duck4さん こんばんは!

ハクチョウさん 賢いのですね
記事を読んで 勉強になります

まだ 飛来組のハクチョウさん 思った他
残っていて よかったですね☆
[2015/03/06 22:10] URL | トマトの夢3 #-[ 編集 ]
こんばんは、

面白いエッセーですね。渡りのタイミングや渡り方など、特に引き返すなんて、面白い動きですね。

今日は夕方湿ってきてついに雨です。明日上がるといいのですがs、
[2015/03/06 22:18] URL |   Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
ハクチョウさん、渡り前にソワソワするのですね。
仲間でまだかな?まだじゃない?と相談するのでしょうか。
本能でジッとしていられないのでしょうか。
雪で行く手を阻まれる事があるのですね。

愛知県の河口では旅鳥のシギチが休憩を終え渡りを再開する時があります。
集合して鳴きあい行ったり来たりして戻る群れ、行ってしまう群れがあります。
でも鳴きあう直前まで採食で忙しそうですよ。
[2015/03/06 23:17] URL | パッサー #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、今晩は
> ハクチョウさんは旅立ちのタイミングを南風で計っているのですね。

南風が渡りのタイミングのようですね!

> こういう能力は先天的なものなのでしょうね。
> 凄いことだと思います。

でも、春の渡りは、あちらこちらに立ち寄りながら、
北へ向かうようです。

北東北、そして北海道へとこれから、
どんどん北上していくのでしょうね!v-519v-521
[2015/03/07 08:27] URL | duck4 #-[ 編集 ]
トマトの夢3さんへ

おはようございます!

> duck4さん こんばんは!
>
> ハクチョウさん 賢いのですね

ハクチョウさんたちが賢いと思います!
普段は、家族単位ですが、時には群れになって行動します!
また、いろいろなコミュニケーションの手段も持っているようです!

> 記事を読んで 勉強になります

嶋田さんは、伊豆沼の財団で調査研究をされている方なので、
エッセイにも説得力を感じます!

> まだ 飛来組のハクチョウさん 思った他
> 残っていて よかったですね☆

3月初旬まで残っているのは、
例年並みのようです!v-519v-521
[2015/03/07 08:30] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは、
>
> 面白いエッセーですね。渡りのタイミングや渡り方など、特に引き返すなんて、面白い動きですね。

嶋田さんは、伊豆沼で渡り鳥の調査研究を行っている方なので、
そのエッセイには引き込まれるものを感じました!

雪で、また引き返すハクチョウさんがいたりするようですね!

> 今日は夕方湿ってきてついに雨です。明日上がるといいのですがs、

季節の変わり目!
春らしく、湿った雨も降るようになって来ましたね!v-519v-521
[2015/03/07 08:33] URL | duck4 #-[ 編集 ]
パッサーさんへ

おはようございます!

> ハクチョウさん、渡り前にソワソワするのですね。
> 仲間でまだかな?まだじゃない?と相談するのでしょうか。

そんな気配を感じることがあります!
1羽のハクチョウさんが上下に首を振り、コォ!コォ!コォ!と鳴き、
その取り巻きの仲間たちも鳴きかわします!

まるで、何か、飛び立つ、相談でもしているよいうです!

> 本能でジッとしていられないのでしょうか。
> 雪で行く手を阻まれる事があるのですね。

3月初旬ですと、
北東北ではまだ雪が降るので、
引き返してくるのでしょうね!

春の渡りは、あちらこちらに立ち寄りながら北上。
今は、北東北あたりに本隊が集まっているのでしょうね!

そして、3月下旬から4月にかけて、
北海道へ上陸するのでしょうね。

> 愛知県の河口では旅鳥のシギチが休憩を終え渡りを再開する時があります。
> 集合して鳴きあい行ったり来たりして戻る群れ、行ってしまう群れがあります。
> でも鳴きあう直前まで採食で忙しそうですよ。

体力をつけてから、出発するのでしょうね!
また、鳴きかわしは、コミュニケーションのひとつなんでしょうね!

シギチさんも、ハクチョウさんと同じなのかわかりませんが、
いきなり高度を上げて飛んでいくのは、長距離の渡りをする証のようです!v-519v-521
[2015/03/07 08:40] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは。
嶋田哲郎さんのリアルタイムのエッセーが読めてありがたく思います。

拝読して思ったのが、鳥さんたちは季節の微妙な変化を読んだり、土地の状態を判断しながら、そんな高度な知的活動を仲間と共有しながら、越冬しているんだなということでした。ほんと「かっこいい」と思います。首を振ってうなづくのは、コミュニケーションをとっているのですか?!新たな発見!

『ハクチョウ 水べに生きる』に嶋田さんが書かれていることでいちばん好きなところがいちばん最後にある「自然が教えてくれること」のところです。ここを読めただけでも買ってよかったと思っています。
[2015/03/08 18:16] URL | Bird run! #-[ 編集 ]
Bird runさんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> 嶋田哲郎さんのリアルタイムのエッセーが読めてありがたく思います。

地元新聞にエッセイが掲載されているので、
また、duck4ブログでも引用して紹介しようと思っています!

> 拝読して思ったのが、鳥さんたちは季節の微妙な変化を読んだり、土地の状態を判断しながら、そんな高度な知的活動を仲間と共有しながら、越冬しているんだなということでした。ほんと「かっこいい」と思います。首を振ってうなづくのは、コミュニケーションをとっているのですか?!新たな発見!

ハクチョウさんたちは、どのように季節の変化を感じたり、
地形を覚えていたり、仲間たちとコミュニケーションを図ったりと、
すごい能力を持っていると思います!

何パターンの鳴き方があり、
それがハクチョウさんのコミュニケーションになっていることを
実感することがあります!

> 『ハクチョウ 水べに生きる』に嶋田さんが書かれていることでいちばん好きなところがいちばん最後にある「自然が教えてくれること」のところです。ここを読めただけでも買ってよかったと思っています。

確かに、「自然が教えてくれること」がたくさんありますね!

多くのハクチョウさんたちが旅立っていくのですが、
それとは、反対に渡ってくる鳥さん。
また、暖かくなってきて囀りの声も多く聞かれるようになってきました!

それから、今年は堤防工事で、昨シーズンまで越冬していたハクチョウさんが
1羽もいませんでした!

これも、ヒトが自然に手を加えた結果なのでしょうね!

自然はいろいろ私たちに教えてくれますよね!v-519v-521
[2015/03/09 07:58] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1769-838c07c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR