FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
渡り鳥のサシバ(The migratory bird of the eagle(Sashiba))!
CIMG6630.jpg

(小学生が描いたサシバの絵:The elementary students drew an eagle (sashiba).)

The Grey-faced Buzzard-eagle is kind of eagle and a migratory bird.

The Grey-Faced Buzzard eagle known as Sashiba(サシバ)in Japanese.

They eat frogs, sankes and lizard.

And then they eat grasshoppers, cicada, mouse and birds.

The size of eagle(Sashiba) is as same as the crow.

サシバはワシの一種で、渡り鳥です。

日本語では、そのワシのことを「サシバ」といいます。

サシバは、カエル、へび、トカゲを食べます。

それから、バッタ、せみ、ねずみ、鳥も食べます。

サシバの大きさは、カラスと同じぐらいです。



When they remance, they cry "Pixtukui.Pixtukui."

And they make a nest on the pine tree and Japanse ceder collecting dead branch

to raise thier children during spring.

サシバが求愛するときには、「ピーックイ!ピーックイ!」と鳴きます。

そして、サシバは、春の間、子どもたちを育てるために、

枯れ枝を集め、松や杉の木の上に巣を作ります。


The poulation of the Grey-faced Buzzard-eagle(Sashiba) is decreasing now,

because of developing the farmland and decreasing the rice fields.

And then the frogs were infected with the virus,

therefore the cause is that his feeds are decreasing.

サシバの個体数は、田んぼの減反や農地の開発のために、今、減っています。

それから、カエルがウイルスに感染してしまい、そのため彼らのえさも減っているのが、

原因です。


The eagle (Sashiba) is a migratory bird.

They winter on the southwest islands of Japan and Taiwan during the winter.

They migrate for the eastern Japan to raise the children

between spring and autumn.

When the eagle(Sashiba) migrates, they pass the lake of Ira(Aichi prefecture),

the cape of Sata(Kagoshima prefecture) and Miyako-jima(Okinawa prefecture).

サシバは、渡り鳥です。

サシバは、冬の間、日本の南西諸島や台湾に越冬します。

春から秋の間には、サシバは、子どもたちを育てるために、東日本に渡ります。

サシバが、渡るときには、愛知県の伊良湖、鹿児島県の佐多岬、宮古島を通過します。


To change the subject, I like a book written by Hiroyoshi Higuchi,

who is fowl's scholar.

He published a book known as "Travel of the birds".『鳥たちの旅』(NHK BOOK)

He studied about the migratory birds.


話が変わりますが、わたしは、鳥類学者である樋口広芳さんによって、

書かれた本が好きです。

彼は、『鳥たちの旅』(NHK BOOK)を出版しました。

彼は、渡り鳥について研究しています。


The method of his research is that he chases how to migrate the birds.

He attached the birds to a sending manchine, which could send a signal

to the satelite.

And he chased some birds of swans, crane and eagle (Sashiba).

彼の研究方法は、鳥たちの渡りの仕方を追跡することです。

彼は、衛星に信号を送信することが出来る、送信機を鳥たちに取り付けました。

そして、彼は、ハクチョウ、鶴、ワシ(サシバ)の鳥たちを追跡しました。


According to his resarch, the eagle (sashiba)flew

between Ishigaki and Fukushima prefecture,

because of migrating for the eastern Japan.

Another eagle (Sashiba) flew for south-wast Japan

between Nigata and Ishigaki, because of wintering.

彼の調査によると、そのワシは、東日本に渡るために、

石垣島と福島県を飛びました。

他のワシは、越冬のために、新潟県と石垣島の間を日本の南西に向けて、

飛びました。


And I take an airplane, so I also migrate for Ishigai like an eagle (sashiba).

そして、わたしは、飛行機に乗り、サシバのように、石垣に向けて渡ります。

【参考文献】

『鳥たちの旅』 樋口広芳(NHK BOOK出版)

『ひとめでみる野鳥』中川雄三監修(成美堂出版)





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2011/01/02 08:55] | ダックのつばさ(カンムリワシ編) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サシバの渡りと飛行機の飛行ルート! | ホーム | 富士山が見える空旅(仙台→中部国際空港)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/172-b26e3255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR