fc2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
あ!危ない!そこには高圧電線と大橋が..!
夕方になると、

たくさんのハクチョウさんたちが、餌場の田んぼから七北田川へと戻って来ます。

空に耳を澄ますと、遠くの方からコォ!コォ!コォ!と仲間同士で鳴き合いながら、

何か、安全でも確認するかのようにこちらへと向かって飛んで来ます。


それは、数10羽の群れであったり、

2羽のほどのツガイであったり、

仲間から置いていかれた1羽のハクチョウさんだったりします。


しかし、

このduck4の定点観測ポイントには難所もあります。

大橋のそばには、高圧電線が通っています。


それを避けるように飛んできたり、

また、危ないので迂回するハクチョウさんたちの群れをよく見かけます。


でも、最近は、過信しているのか、

この大橋と高圧電線の間を直接飛んでくる

ハクチョウさんたちの群れをよく見るようになりました。


DSCF8365_convert_20141225091440.jpg

(大きな橋と高圧電線があるハクチョウさんたちの塒!

DSCF8364_convert_20141225091347.jpg

(高圧電線の上を飛んでくるハクチョウさんたちの群れ!

そして、外は真っ暗になり、

周りの明かりを頼りにしないと、

先が見えなくなってしまった日没後。


コォ!コォ!コォ!と鳴きながら群れになって飛んでいたのですが、

何か、大きな音が突然バーン!と聞こえてきました。

すると、何か、川へと落ちてきてバタン!という嫌な音がしました。


真っ暗なので、

確認するすべもなく、その場所に行きました。

どうやら、群れで飛んでいたハクチョウさんが高圧電線に衝突して落ちてきたのではないか!!!

とduck4は思いました。


あまり良くないのですが、

探すのには仕方がないので、

フラッシュをたいて写真を撮りました。


すると、そこには、数羽のハクチョウさんたちが写っています。

ロクちゃんもいます。

けれども、さっきまで一緒に遊んでいたロクちゃんはずっと地上にいたはず。


そしたら、1羽の幼鳥のハクチョウさんが泳いでいるのが写っていました。

羽を気にするかのように、何度もバタバタと羽ばたかせていました。

この子供のハクチョウさんが、衝突したのではないかと、

とっさに思った次第です。


DSCF8382_convert_20141225091600.jpg

(奥で泳いでいる子供のハクチョウさんが、もしかしたら高圧電線に衝突したかも!?

翌日、同じ場所に行ってみましたが、

その子供のハクチョウさんを見つけることができませんでした。


いつも思うのですが、

ここはハクチョウさんたちが飛行するのには危険な場所。

衝突したのかわかりませんが、

かつて1羽でいたまだ灰色の羽に覆われていた子供のハクチョウさんが、

ひとりぼっちでいたこともありました。


それに、飛べなくなった5羽の滞在組のハクチョウさんも...!


毎年、衝突は報告されていて、

運が良いハクチョウさんたちは、

みやぎ野生動物保護センターで救護され治療されています。


電線に衝突する鳥さんたちのために、

電力会社に何とか衝突防止の標識をつけてもらうよう

対策をと言っても無理な話なんでしょうね。

残念なかぎりです。


そのため、なんとか、七北田川で越冬しているハクチョウさんたちには、

気をつけて飛行して欲しいと心の中で祈るしかありません。

それをサンタさんからのプレゼントとしてもらいたいduck4であります。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2014/12/25 07:08] | 滞在組のハクチョウさん⑱ | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<冬になるとなぜかクチバシに黒い斑点が現れる滞在組のシンちゃん! | ホーム | メリークリスマス!/ロクちゃんと菜々ちゃんはまた戻ってきました!>>
コメント
こんばんは、

滞在組さんたちもほとんどが同じ理由でけがをしたのではないでしょうか。目が前に向いている猛禽類は遠近感、パースペクティブをとるのがうまいですが、目が両脇に有って360度の視界を保って身を守るその他の鳥たちは、遠近感があまりうまくとれないはずですよね。しかも⒑キロもあるハクチョウはかなりのスピードで飛びます。衝撃は大きいと思います。

日本の町には電線が多すぎますね。
[2014/12/25 18:44] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
duck4さん こんばんは!

高圧電線 一番 心配ですね
犠牲になる ハクチョウさん 可哀想ですね!
けがの状況等 気がかりですね☆
[2014/12/25 22:32] URL | トマトの夢3 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは、
>
> 滞在組さんたちもほとんどが同じ理由でけがをしたのではないでしょうか。目が前に向いている猛禽類は遠近感、パースペクティブをとるのがうまいですが、目が両脇に有って360度の視界を保って身を守るその他の鳥たちは、遠近感があまりうまくとれないはずですよね。しかも⒑キロもあるハクチョウはかなりのスピードで飛びます。衝撃は大きいと思います。

野生の怪我した鳥さんや動物を治療している
みやぎ野生動物保護センターさんのブログによると、
電線や建物に衝突してハクチョウさんを保護されているようです。

きっと、この5羽の滞在組のハクチョウさんたちも、
何かに衝突して飛べなくなったのでしょうね!

Gabachoさんがおしゃったように、
確かに、ハクチョウさんの目は顔の横にあり360度を見渡すことができますね!
そうだと、遠近が難しいのでしょうね!
それと、10キロの体ですから、衝突の衝撃はかなりのものです!

> 日本の町には電線が多すぎますね。

本当に、電線が多すぎですね!
せめて、鳥さんたちの餌場付近では、地中化なので対策をして欲しいのですが!

そして、この高圧電線は危ないので心配しているduck4であります!v-519v-521
[2014/12/26 08:03] URL | duck4 #-[ 編集 ]
トマトの夢3さんへ

おはようございます!

> duck4さん こんばんは!
>
> 高圧電線 一番 心配ですね

この高圧電線は、ちょうど、塒の近くにあるので心配していました!

> 犠牲になる ハクチョウさん 可哀想ですね!
> けがの状況等 気がかりですね☆

何か、最初の頃は、ハクチョウさんたちも注意して飛ぶのでしょうが、
慣れてくると、油断もあり衝突してしまうのでしょうね!
特に、今年生まれた幼鳥は心配です!

この子供のハクチョウさんがどうなったかわかりませんが
無事でありますことを願っております!v-519v-521
[2014/12/26 08:06] URL | duck4 #-[ 編集 ]
duck4さん こんばんは~

橋と高圧線があるのは危険ですよね~
こちらでも鶴居方面や阿寒方面では電線でケガをする事故が聞こえてきます。

本当に痛ましい事ですよね~

↓ロクちゃんと菜々ちゃん
心配してましたけど見つかって良かったですね~♪



[2014/12/26 16:38] URL | reimi01 #-[ 編集 ]
duck4さん、はじめまして。半年ほど前に「白鳥通信」と御ブログに出会って、毎回拝見させていただいております。これまでは「拍手」と「応援ポチッ」だけだったのですが、今回の記事には強く心を動かされて、投稿したくなった次第であります。 
 私の地元の千葉県市川市に「行徳野鳥観察舎」併設の「野鳥病院」というものがあって、そこにも、千葉県本埜の「白鳥の郷」付近で送電線に衝突して飛べなくなったコハクチョウが収容されています。その子を見ているといろんなことを感じさせられます。人間と野生の生き物との関係。
送電線の問題にしても、電力会社が人間以外の生きものにもまなざしを向けて、蛍光性の三角形とかの旗(布切れ)を送電線に下げるなどすることで、だいぶ違うだろうなと思ったりもします。
 われわれ野鳥愛好家が、市民の立場で社会に対して声を上げていくしかないのかもしれませんね。
 あと、duck4さんが、これまでブログで紹介しておられる数冊の白鳥についての本が、私自身とても役に立っております。ありがとうございます。これからも楽しみに拝見させていだだければ、と思っております。
[2014/12/26 21:28] URL | Bird run! #-[ 編集 ]
reimi01さんへ

こんにちは!

> duck4さん こんばんは~
>
> 橋と高圧線があるのは危険ですよね~
> こちらでも鶴居方面や阿寒方面では電線でケガをする事故が聞こえてきます。

やはり、タンチョウさんやハクチョウさんも電線に衝突してケガをしてしまうことがあるのですね!
そのような、ニュースを聞くととてもとても残念です!

伊藤サンクチュアリのそばにも電線があったはず。
あそこは、黄色印のようなものが電線に架けられていたのが覚えています。

このような、鳥さんたちが衝突しないような対策をしてもらいたいと
願っているduck4であります!

>
> 本当に痛ましい事ですよね~

真っ暗だったので、その後、どうなったかわかりませんでしたが、
無事でありますこのを願っています!

> ↓ロクちゃんと菜々ちゃん
> 心配してましたけど見つかって良かったですね~♪

ロクちゃんと菜々ちゃんが一緒にいるところを見ると、
とてもほっとします!v-519v-521
[2014/12/27 13:22] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Bird runさんへ

こんにちは!

> duck4さん、はじめまして。半年ほど前に「白鳥通信」と御ブログに出会って、毎回拝見させていただいております。これまでは「拍手」と「応援ポチッ」だけだったのですが、今回の記事には強く心を動かされて、投稿したくなった次第であります。 

duck4も「白鳥通信」さんのことを知り毎日地チックしています。
あそこまで、ハクチョウさんたちの情報を集められているのは、すごいと思っています!
いつも、参考にしています!

そして、duck4ブログを応援していただき、ありがとうございます!

>  私の地元の千葉県市川市に「行徳野鳥観察舎」併設の「野鳥病院」というものがあって、そこにも、千葉県本埜の「白鳥の郷」付近で送電線に衝突して飛べなくなったコハクチョウが収容されています。その子を見ているといろんなことを感じさせられます。人間と野生の生き物との関係。

そうなんですよね!野生とヒトとの関係は考えさせられることが多いのですよね!
行徳野鳥観察舎に併設して「野鳥病院」があるのはすごいです!

こちらでも、NPOで運営されているみやぎ野生動物保護センターがありますが、
ケガしたハクチョウさんたちが運ばれて来ます!
そして、県の担当者が、放鳥しているようです!

Bird runさんは、ケガしたコハクチョウさんも見られているということで、
いろいろなお気持ちを感じられているのでしょうね!

duck4のところにも5羽の飛べない滞在組のハクチョウさんがいます。
地元の方の給餌によって、何とか頑張って生きているのが現状です!
話によると15年も生きているハクチョウさんもいるとのことです!

> 送電線の問題にしても、電力会社が人間以外の生きものにもまなざしを向けて、蛍光性の三角形とかの旗(布切れ)を送電線に下げるなどすることで、だいぶ違うだろうなと思ったりもします。

そうなんですよね!
送電線に蛍光性の三角形の旗をつけて欲しいと思います。
そうすれば、少しでも、ハクチョウさんたちの事故も少なくなるかと思います!

>  われわれ野鳥愛好家が、市民の立場で社会に対して声を上げていくしかないのかもしれませんね。

duck4もそう思います!
鳥さんが好きなヒトがもっと、社会に対して声を上げていくことが、
人々の意識を変え、野鳥、生き物に対して愛情を注ぐことで、
動物もヒトも生きやすい社会が実現されると思います!

大切なことだと思います!

>  あと、duck4さんが、これまでブログで紹介しておられる数冊の白鳥についての本が、私自身とても役に立っております。ありがとうございます。これからも楽しみに拝見させていだだければ、と思っております。

そう言っていただけると、これからもduck4ブログを続けている励みになります!
これからも、どうぞ、宜しくお願いします!v-519v-521
[2014/12/27 13:37] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1697-a2e7ce3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR