FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
帳がおりた夜の滞在組の5羽のハクチョウさんたちの様子!
とある帳のおりた夜のこと。

七北田川にかかる大きな橋の下を通り、

上流へと向かう5羽の滞在組のハクチョウたちがいました。


行儀良く、スイスーイと一列に並びながら、夜陰に照らす薄暗い光を頼りに、

周りが川に囲まれている中州を最終目的地として泳いで行きました。


DSCF5092_convert_20140904070643.jpg

(一列になって上流の中州へと泳いでいく5羽の滞在組のハクチョウさんたち!

きっと、今晩の塒入りのために、移動しているのでしょう。

9月になり、涼しくなってきたので、

5羽の滞在組のハクチョウたちは、動きも活発になってきました。


朝、餌場に出かけ、

夜になると、今まで、にしていた中州へと戻る。

一日中、観察していないのでわかりませんが、

恐らく、餌場と塒を分けている滞在組の5羽のハクチョウさんたちだと思います。


その中州にあるも、

今年は、水かさが多いのか、

冬の頃と比べて、侵食されて小さくなってしまっています。


そこに、5羽の滞在組のハクチョウさんたちが小さくなっている中州に集まり、

あるハクチョウさんたちは動かず、あるハクチョウさんは水浴びをし、

ある1羽のハクチョウさんは水の上でクチバシを羽の中に突っ込んで休んでいました。


DSCF5119_convert_20140904070849.jpg

(夜の帳が下りた中州には滞在組の5羽のハクチョウさんたちが!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2014/09/04 07:13] | 滞在組のハクチョウさん⑮ | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<コンクリートの土手で待つおおきなハクチョウさんと斑ちゃん! | ホーム | すぐそばで待っているおおきなハクチョウさん!>>
コメント
duck4さん、今晩は
暗くなってまでの観測、ご苦労様です。
スズメなどの小鳥は竹藪などに入って夜を過ごすようですが、ハクチョウさんは葦原などの入り身体を隠して休むのでしょうか?
[2014/09/04 17:41] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
夜の鳥さんの行動、確かに気になります。

ハクチョウさんではありませんが、今年の1月に鹿児島・出水にツルさんを見に行った時、夜中に飛び立って騒ぐことがありました。
ねぐら入りの時も、しばらく賑やかですがすっと鳴かなくなりました。

鳥さんに夢中になると日が暮れ始めても見て、夜はどうしているの。と思いますね。渡り鳥は夕方出発し夜は飛んでいますね。
以前11時頃上空でタカブシギらしき声がしたことがあります。

夜も見たいところですが、お体に差し障りがないようにお気をつけ下さい。
[2014/09/04 23:51] URL | パッサー #-[ 編集 ]
こんばんは

うちのPCでは白鳥さんたちがみえませんv-404
残念!
白鳥さんたちは鳥目じゃないんですかね
おかめたちは赤目さんより
黒目さんの方が暗さに強いですが・・・
[2014/09/05 00:02] URL | おかめパッチ #-[ 編集 ]
おはようございます。
ハクチョウは昼間羽のなかに頭を入れて休んでいることが多いのですが、夜は結構しっかりと起きていますね。警戒しているという事もあるのでしょうか。並んで泳ぐというのも面白いと思いました。
[2014/09/05 07:09] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、今晩は
> 暗くなってまでの観測、ご苦労様です。
> スズメなどの小鳥は竹藪などに入って夜を過ごすようですが、ハクチョウさんは葦原などの入り身体を隠して休むのでしょうか?

日中はピーチクパーチク鳴いているスズメさんも、夜になると全く姿をみせなくなりますよね!
こちらの住宅地でも、きっと、竹やぶはありませんが、植え込みの木に隠れて寝ているのでしょうね!

こちらのハクチョウさんたちは、葦原に潜んで寝ることはないようです。
おそらく、突然、襲われたときに、体が大きいので身動きが取れなくなるからかもしれません!

七北田川の滞在組や飛来組のハクチョウさんたちは、浅瀬や中洲に上がって群れを作って寝ているようです!

真冬の帳が下りる寸前。
多くの群れが、この中州付近に一斉に餌場から戻ってくるハクチョウさんたちを見かけます。
きっと、ここを塒に決めているようです。

開けた場所なので、群れでいれば、安心。
また、泳いで襲う4つ足動物もいないから、
5羽の滞在組もこの中州を選んでいるのかもしれませんね!v-519v-521
[2014/09/05 08:14] URL | duck4 #-[ 編集 ]
パッサーさんへ

おはようございます!

> 夜の鳥さんの行動、確かに気になります。

夜は、真っ暗なので、見えませんが、
ホシゴイさんやゴイサギさん。
それに、カルガモさんが飛んでいくところを見たことがあります!

> ハクチョウさんではありませんが、今年の1月に鹿児島・出水にツルさんを見に行った時、夜中に飛び立って騒ぐことがありました。
> ねぐら入りの時も、しばらく賑やかですがすっと鳴かなくなりました。

出水のツルさんたちもですが。
夜、塒に戻って来て、鳴いていて賑やかですか!
しばらくして、今日の獲物の報告や仲間たちとのあいさつを終えてから、
眠りにつくのでしょうね!

飛来組のハクチョウさんたちも、
夜になっても泳ぎ回ったり、鳴いたりして賑やかですね!

> 鳥さんに夢中になると日が暮れ始めても見て、夜はどうしているの。と思いますね。渡り鳥は夕方出発し夜は飛んでいますね。
> 以前11時頃上空でタカブシギらしき声がしたことがあります。

タカブシギさんらしき鳥さんも夜に行動するようですね!
鳥さんはある程度夜でも行動できるようですね。
ヒトでも、真夜中でも見えるので、たぶん、鳥さんの視力はヒト以上だと思うので、
問題ないのかもしれませんね!

> 夜も見たいところですが、お体に差し障りがないようにお気をつけ下さい。

パッサーさん!
ありがとうございます!v-519v-521
[2014/09/05 08:20] URL | duck4 #-[ 編集 ]
おかめパッチさんへ

おはようございます!

> こんばんは
>
> うちのPCでは白鳥さんたちがみえませんv-404
> 残念!

ちょっと見づらかったかもしれませんね!

> 白鳥さんたちは鳥目じゃないんですかね

時々、真っ暗になっても餌場から塒に戻って飛んでくる
ハクチョウさんもいますが、そう多くないようです。
そして、夜も水辺で泳ぎまわったり、鳴いたりして賑やかに活動しているようです。

この滞在組の5羽のハクチョウさんたち場合は、
静かに、中洲で休んでいました。

そして、意外に朝寝坊の鳥さんがハクチョウさんのようです!

> おかめたちは赤目さんより
> 黒目さんの方が暗さに強いですが・・・

おかめさんの場合は黒目さんの方が暗さに強いのですか。

夜、行動する鳥さんもいるので、
その鳥さんたちは、黒目さんだったりしているかもしれませんね!v-519v-521
[2014/09/05 08:25] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> おはようございます。
> ハクチョウは昼間羽のなかに頭を入れて休んでいることが多いのですが、夜は結構しっかりと起きていますね。警戒しているという事もあるのでしょうか。並んで泳ぐというのも面白いと思いました。

お腹がいっぱいになり、お昼寝するのかもしれませんね!
飛来組のハクチョウさんたちは、夜、塒に戻って来ても、賑やかですね!
なので、夜は、警戒して、群れでいるようですね!

一列になって泳ぐ5羽の滞在組のハクチョウさんたち。
強い仲間意識を感じました!v-519v-521
[2014/09/05 08:41] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1583-abf250d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR