FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
滞在組の夜の塒!
夜の滞在組のハクチョウさんたちの様子を知りたくなり、

七北田川の定点観測ポイントに行ってみることにしました。


すると、5羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

中州にいて、全く動く様子はありません。


きっと、今日の塒は、この中州に決め込んだのでしょうか。


背羽にクチバシを突っ込んで、目ををつぶり寝ているいつものポーズのハクチョウさんたち。

1羽だけ、寝付けないのか?

それとも、見張り番役なのか?

羽繕いをしているハクチョウさんもいます。

5羽一緒に寄り添う姿は、なんともほほえましいですし、

duck4が見ていて、とてもほっとします。


なぜなら、この中州なら、歩いてやって来る外敵には襲われる心配もなく、

もし、近づいてきても、他の仲間の1羽が、気付き、教えあうことができるからです。


こうやって、四六時中、行動を共にすることによって、

5羽の滞在組のハクチョウさんたちは、ケガをして飛ばなくなってしまいましたが、

生きてこれたのでしょう。


いつも見ていて思うのですが、5羽の滞在組の

斑ちゃん、コハクチョウさんのおちびちゃん、チンさん、首の細いハクチョウさん、

そしておおきなハクチョウさん。

その固い絆で結ばれていることを強く感じるduck4であります。


DSCF1546_convert_20140608074104.jpg

(塒入りした中州にいる5羽の滞在組のハクチョウさんたち!


追伸!

東北南部でも梅雨入りをしました。

親スズメさんに連れられた巣立ちをした3羽の子スズメさんを見ました。

親スズメさんは、3羽の子供たちに餌をせっせと運んでいました。

住宅地なので、平均2羽が巣立てば良いと思っていましたが、

3羽の子供を連れた親スズメさんの後を必死に追いかけながら飛び回っている姿に

とてもほのぼのとした気持ちになりました。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2014/06/08 07:49] | 滞在組のハクチョウさん⑫ | トラックバック(0) | コメント(12) |
<<雨でもおちゃのこさいさいの5羽の滞在組のハクチョウさんたち! | ホーム | おおきなハクチョウさんのお散歩は750メートル!>>
コメント
おはようございます。

水に囲まれた中州は寄り添って助け合って生きている滞在組さんたちの格好の塒なんですね。

自然災害が起きたとき、皆で助け合おうとするのは、ずっと災害に耐えてきた日本人の資質なのかもしれませんね。悲しみを乗り越えて生きていくためには過去を忘れる楽天的な精神も必要だったのかもしれないのですが、逆にたった3年前のことが振り返えられなくなることも悲しいです。

雨の週末ですが、峠は越しました。仙台これからだと思います。フィールド散策には気をつけてください。
[2014/06/08 08:45] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
夜の観察、お疲れさまです。

実は私も5羽のハクチョウさんたち、夜はどうしているのかな?
と思っていました。

ちゃんと5羽いっしょにいたのですね。

滞在組さん、健康で飛べるハクチョウさんだったら
団結することもなかった5羽だろうに・・・
飛べなくなって生きていくためにたぶん親でも子でもないのに
寄り添って助け合って普通とは違う能力を隠し持っていたのですね!!
感動ですね!!

[2014/06/08 10:35] URL | 杜のタマゴ #TSqh09ZY[ 編集 ]
duck4さん、お疲れ様です。
五羽が中州に集まって寝るのですね。
外敵から身を守るには一番いいのでしょう。
スズメの子供たちも巣立って、外で親から食べ物を貰うようになったのですね!!
[2014/06/08 18:54] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
ちゃんと互いに間隔をとっているのですね

群れる鳥って一緒に行動して休憩時も寄り添ってる種類と
割と視界に入る位置でお互い好きなことして
休むときも一定の距離を取る種類があるような気がします

オカメインコは後者ですが、白鳥さんたちも後者なのですね
なんとなくハリネズミの童話を思い出しました
[2014/06/08 20:34] URL | おかめパッチ #-[ 編集 ]
おかげで滞在組さんの夜の様子がわかりました。

出水のツルも塒ではお隣と間を空けるそうです。というのは、危険を察知して飛び上がる時、お隣との衝突事故を避けるためだそうです。
ハクチョウさんも同じ理由で間隔を開けているかもしれませんね。

写真の明るさでは陽が沈んでいると思います。
夜の行動は恐ろしいですね。
私は晩夏にサギの塒を確認する時が有りますが、車から出ないようにしています。
事故にもお気をつけて、また滞在組さんの様子を教えて下さい。
[2014/06/08 21:26] URL | パッサー #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> おはようございます。
>
> 水に囲まれた中州は寄り添って助け合って生きている滞在組さんたちの格好の塒なんですね。

この中州は、塒には最高の場所のようです。
真冬には、飛来組のハクチョウさんたちが、日没になるとたくさん集まって来ます。
仕方なく、滞在組のハクチョウさんは移動する羽目になってしまっていました。
でも、今は違います!


> 自然災害が起きたとき、皆で助け合おうとするのは、ずっと災害に耐えてきた日本人の資質なのかもしれませんね。悲しみを乗り越えて生きていくためには過去を忘れる楽天的な精神も必要だったのかもしれないのですが、逆にたった3年前のことが振り返えられなくなることも悲しいです。

こちらでは、まだまだ、震災の爪あとが残っています。
蒲生干潟周辺、仙台空港周辺は、瓦礫は片付きましたが、津波の爪あとが残っています。
ただ、津波の被害を受けていない地域に住んでいると、
震災がウソだったようにも風化されていく感じもします。

> 雨の週末ですが、峠は越しました。仙台これからだと思います。フィールド散策には気をつけてください。

梅雨入りしてから、雨が降り続いています。
いつまで雨がつづくのでしょうかね!

そして、七北田川の滞在組のハクチョウさんたちは何をしているのでしょうかね!?v-519v-521
[2014/06/08 22:15] URL | duck4 #-[ 編集 ]
杜のタマゴさんへ

こんばんは!

> 夜の観察、お疲れさまです。
>
> 実は私も5羽のハクチョウさんたち、夜はどうしているのかな?
> と思っていました。

夜になると、塒入りするようで、このときは中州にいました。
真冬のころには、たくさんの飛来組のハクチョウさんたちがいたところでしたが、
今は、縄張りを取り戻して安心しているようです!

> ちゃんと5羽いっしょにいたのですね。

このときは、5羽でいっしょにいました。
5羽でいると、やはり、安心しますね!

> 滞在組さん、健康で飛べるハクチョウさんだったら
> 団結することもなかった5羽だろうに・・・
> 飛べなくなって生きていくためにたぶん親でも子でもないのに
> 寄り添って助け合って普通とは違う能力を隠し持っていたのですね!!
> 感動ですね!!

ハクチョウさんたちの群れはとても不思議です。
一般的に、家族で行動するとありますが、その説には、多少疑問もあります。

餌場に行くとき、渡りをするときには、群れをつくります。
家族であったり、若鳥、成鳥であったりいろいろです。

普段は、家族、小さな群れで行動しますが、
ハクチョウさんたちにも社会というものがあるように感じてなりません。

滞在組は5羽と家族でもない、兄弟でもない、
オオハクチョウさんとおちびちゃんのようなコハクチョウさんの群れであります。
滞在組みは群れでいるからこそ、何とか飛べなくても、
協力して生きてこれたのかもしれませんね!v-519v-521
[2014/06/08 22:24] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

こんばんは!

> duck4さん、お疲れ様です。
> 五羽が中州に集まって寝るのですね。
> 外敵から身を守るには一番いいのでしょう。
たぶん、塒の場所は、変えていると思いますが、
ただ、定点観測ポイントで、周りが川で、外敵に襲われる心配がないのは、
ここが一番良い場所だと思います。

> スズメの子供たちも巣立って、外で親から食べ物を貰うようになったのですね!!

スズメさんの子供たちも巣立って、親鳥から餌をもらっていますね。
まだ、産毛に覆われていますが、
何とか雨宿りをして無事に大きくなって欲しいものですね!v-519v-521
[2014/06/08 22:29] URL | duck4 #-[ 編集 ]
おかめパッチさんへ

おはようございます!

> ちゃんと互いに間隔をとっているのですね

間隔のことまでは気付きませんでした!

> 群れる鳥って一緒に行動して休憩時も寄り添ってる種類と
> 割と視界に入る位置でお互い好きなことして
> 休むときも一定の距離を取る種類があるような気がします

確かに、体をぴったりとつけて休む鳥さんもいますね。
そして、距離を離れて休む鳥さん。
きっと、ハクチョウさんたちは、距離を開けて休むのでしょうね!

> オカメインコは後者ですが、白鳥さんたちも後者なのですね
> なんとなくハリネズミの童話を思い出しました

オカメインコさんは距離をあけて休むのですね!

いっしょにいる5羽の滞在組を見るといつもほっとします!v-519v-521
[2014/06/08 22:32] URL | duck4 #-[ 編集 ]
パッサーさんへ

おはようございます!

> おかげで滞在組さんの夜の様子がわかりました。

夜の滞在組のハクチョウさんたちのことが気になっていました。
中州は、滞在組のハクチョウさんたちにとって、安心して休める塒のひとつのようですね!

> 出水のツルも塒ではお隣と間を空けるそうです。というのは、危険を察知して飛び上がる時、お隣との衝突事故を避けるためだそうです。
> ハクチョウさんも同じ理由で間隔を開けているかもしれませんね。

出水のツルさんたちはお隣との間を開けて寝るのですね。
確かに、くっついて寝ていると、急に外敵が襲ってきたときに、
隣のツルさんにぶっかってパニック状態になってしまいますね!

> 写真の明るさでは陽が沈んでいると思います。
> 夜の行動は恐ろしいですね。
> 私は晩夏にサギの塒を確認する時が有りますが、車から出ないようにしています。
> 事故にもお気をつけて、また滞在組さんの様子を教えて下さい。

鳥さんたちにとって帳が下りて真っ暗になったときの方が、
怖いのでしょうね!

だから、仲間でいると安心できるのでしょう。
それが、飛べなくなった滞在組が生き抜ける秘訣なのかもしれませんね!

車の中からの観察の方が、
サギさんにも良いことかおしれませんね。v-519v-521
[2014/06/08 22:39] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんは
夜の観察ですか・・・!
今の時代は怖い話しがいっぱい』聞きます。
夜の一人歩きは、禁物です。
何事も無くてよかったです。
大きな声を出すと、白鳥さん達が助けてくれるかもですね。
[2014/06/09 17:52] URL | 絵っちゃん本舗;マー #-[ 編集 ]
マーさんへ

おはようございます!

> こんばんは
> 夜の観察ですか・・・!
> 今の時代は怖い話しがいっぱい』聞きます。
> 夜の一人歩きは、禁物です。
> 何事も無くてよかったです。

あまり、危険を感じたことがないので、大丈夫だと思っていました!!
早朝は、散歩、ランニング、釣りをする人に会います。
夜は、ジョギング、犬の散歩をする人にも会います。
結構、人通りの多い散策路です。

> 大きな声を出すと、白鳥さん達が助けてくれるかもですね。

それに、滞在組のハクチョウさんもいますし、
この時期には、オオヨシキリさんも暇なく鳴き続けていますよ!v-519v-521
[2014/06/10 07:27] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1495-b031803d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR