FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
滞在組のおかげでカワセミさんに出会う!
元気な七北田川の滞在組の5羽のハクチョウさんたち。

時々、おおきなハクチョウさんだけがお留守番をしたり、

また、他の仲間たちも、別行動をすることがあるようです。


しかし、この朝は、

上流の堰といつもの中洲の中間点の川幅が狭い中州で、

5羽一緒にまったりとしたひと時を過ごしていました。


見ていると、5羽がそれぞれ思い思いの姿でいる様子。

コハクチョウさんのおちびちゃんだけは、川の中で片足を上げて1本立ち


他の滞在組も片足を上げて、バランスを取りながらもう一方の水かきをぢべたに

ぺったりとつけて立っています。


一方、一番、中州で向かって右端で、

ぢべた座りしているのがクチバシに黒い斑点があるちゃん。

体が暑いのか、ぢべた座りをして冷やしているようにも見えます。

DSCF1094_convert_20140524074030.jpg

(川幅の狭い中州で休んでいる5羽の滞在組のハクチョウさんたち!

すると、です。

何か小さな物体が滞在組とduck4の目の前を垂直線に飛び去る姿を発見!

クチバシが細長く

何よりもこの日のお天気のように透き通った青空の色をしていたのが、

その鳥さんの正体でした。


そして、その鳥さんは、細い枝に止まって一時一休みをしました。

また、しばらくすると、別の場所へと移動していきました。

遠くからではっきりしませんでしたが、

細くて長いくクチバシの先端には、小魚をしっかりと落ちないように大事そうに銜(くわ)えていました。


その鳥さんは、翡翠色をした鳥さんの世界ではアイドル的な存在のカワセミさんでした。

かつて、duck4は七北田川でカワセミさんに出会ったことがありました。

しかし、昨年は、会えませんでした。


そして、今年、偶然、滞在組が休んでいたいつもと違う中州で、

カワセミさんに再会できました。

DSCF1099_convert_20140524071746.jpg

DSCF1099_convert_20140524071746_convert_20140524075838.jpg

(小さくて見えないと思いますが枝に止まっているカワセミさんがいました!

duck4は、嬉しくなりました。

これも5羽の滞在組のハクチョウさんたちのおかげです。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ


スポンサーサイト



[2014/05/24 07:45] | 滞在組のハクチョウさん⑫ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<堰のそばで水草を探す滞在組のハクチョウさんたち! | ホーム | 急いで歩いている滞在組のチンさん!>>
コメント
カワセミさんに出会えたなんてうらやましいです!!
私は未だかつてカワセミさんに出会ったことは無いです。

duck4さんは毎日観察しているからいろいろな鳥さんや
動物、虫さんに出会っているのでしょうね!
[2014/05/24 18:02] URL | 杜のタマゴ #TSqh09ZY[ 編集 ]
こんばんは。
カワセミを見ることができてよかったですね。休んでいるのかもしれないし、時期的に繁殖期に入っているでしょうから、ひょっとしたら川のなかの獲物を探しているのかもしれませんね。

後ろのコンクリート護岸の上にあいている穴は、カワセミのためのもので、この護岸はカワセミブロックだと思います。
http://www.asahidanke.co.jp/main/kawasemi/download/pamphlet.pdf#search='%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%BB%E3%83%9F+%E7%A9%B4+%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF'
[2014/05/24 20:22] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
こんばんは
はじめましてv-398

白鳥さんに会えるのもうらやましいですが
カワセミさんもうらやましい~i-184

こちらの多摩川では望遠レンズをかまえた集団が
ずら~りといらっしゃいます
カワセミ狙いです

「あっカワセミ・・・」の
「あ」を発音するかしないかくらいで
しゅっi-189と飛び去ります
綺麗な鳥なのでもっと凝視したいです
[2014/05/24 21:33] URL | おかめパッチ #-[ 編集 ]
杜のタマゴさんへ

おはようございます!

> カワセミさんに出会えたなんてうらやましいです!!
> 私は未だかつてカワセミさんに出会ったことは無いです。

昨年は見られませんでしたが、
今年は、偶然、滞在組を観察していたところカワセミさんに出会えました。
七北田川にも、カワセミさんが棲息しているようですね!

> duck4さんは毎日観察しているからいろいろな鳥さんや
> 動物、虫さんに出会っているのでしょうね!

小さな鳥さんが草むらや葦原にいます。
スズメさんよりも小さな鳥さんを判別するのは難しいですね!

最近は毛虫さん。
また、カタツムリさんもアスファルトの上を歩いていました。v-519v-521
[2014/05/25 09:26] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> カワセミを見ることができてよかったですね。休んでいるのかもしれないし、時期的に繁殖期に入っているでしょうから、ひょっとしたら川のなかの獲物を探しているのかもしれませんね。

カワセミさんに偶然遭遇しました。
これも滞在組の5羽のハクチョウさんたちのおかげです。

ところで、カワセミさんはクチバシに小魚を銜えていました。
5月中旬に撮影したものなので、もしかしたら子供に魚を運んでいたのかもしれませんね。

カワセミさんとの再会に興奮してしまいました!

> 後ろのコンクリート護岸の上にあいている穴は、カワセミのためのもので、この護岸はカワセミブロックだと思います。
> http://www.asahidanke.co.jp/main/kawasemi/download/pamphlet.pdf#search='%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%BB%E3%83%9F+%E7%A9%B4+%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF'

いや、驚きです。
カワセミさんが巣を作れるような護岸ブロックがあるとは!!!

確かに、この護岸は、上の方に穴があります。
ここに、カワセミさんは巣が作れそうですね。

また、この場所は、川幅も狭くなり、両側には草木も豊富なので、
そこに止まってカワセミさんが小魚の狩をするのに適しているのでしょうね!v-519v-521
[2014/05/25 09:31] URL | duck4 #-[ 編集 ]
おかめパッチさんへ

おはようございます!

> こんばんは
> はじめましてv-398

コメントいただきましてありがとうございます!
これからも宜しくお願いいたします!


> 白鳥さんに会えるのもうらやましいですが
> カワセミさんもうらやましい~i-184

デジタルカメラなので、大きくは撮影できなく、
証拠写真ですが、七北田川にもカワセミさんがいることに嬉しくなりました。

そして、この5羽のハクチョウさんたちは、飛べずに、
ずっと七北田川で生きています。

> こちらの多摩川では望遠レンズをかまえた集団が
> ずら~りといらっしゃいます
> カワセミ狙いです

多摩川では、多くのカワセミファンのカメラ愛好家が
撮影しているのですね。

> 「あっカワセミ・・・」の
> 「あ」を発音するかしないかくらいで
> しゅっi-189と飛び去ります
> 綺麗な鳥なのでもっと凝視したいです

こちらでは、撮影する人もほとんどいなくて、
ゆっくりとカワセミさんを観察できます。

どことなく、のんびりできているカワセミさんにとっても、
より良い環境のようですよ!v-519v-521
[2014/05/25 09:38] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1480-e5195629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR