FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
大きさが全く違う2羽のカルガモさん!
仙台は、春本番になりました。

ただいま、サクラが満開です。


さて、duck4の定点観測ポイントの七北田川でも、

冬鳥さんたちは、あの滞在組のハクチョウさんたちのみとなってしまいました。


この冬、よく見かけていたオナガガモさん、

ヒドリガモさん、カワアイサさんなどの姿はなく、

よく見かけるカモさんは、留鳥のカルガモさんのみです。


そのカルガモさんたちですが、

ハクチョウさんたちも警戒心が強いようで、

コンクリートの防波堤で日向ぼっこをしていると

duck4が近づくとすぐに逃げて行ってしまいます。


その中でも、餌を与えている人を見ると、

誘惑に負けてやって来るものもいますが、

一般的にこの七北田川の定点観測ポイントではまだ少数派のようです。


そして、気になる2羽のカルガモさん。

おおきなカルガモさん。

ちいさなカルガモさん。

とこまで、親と子ほどの違いの大きさがあります。

まるで凸凹コンビです。


DSCF9856_convert_20140416075302.jpg

(いつも一緒にいる2羽のカルガモさん!


見ているといつも一緒のご様子。

きっと、ツガイのカルガモさんではないかと思います。


最後になりますが、

この七北田川をduck4の定点観測場所にしてきましたが、

まだ、繁殖の準備をしているカルガモさんを見たことがありません。


5~6羽の群れが複数の群れがいて、出会えても良さそうです。

しかし、茂みや隠れられる場所も少なく開けた場所なので、

トビさん、カラスさん、また初夏になるとキツネさんも出没するので、

カルガモさんたちは、ここでの繁殖を避けているようです。
 

DSCF9857_convert_20140416075347.jpg

(大人の子供の大きさの凸凹差があるツガイのカルガモさん!?






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2014/04/16 07:52] | アヒル・白鳥・野鳥⑨ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<滞在組のおおきなハクチョウさんの羽繕い! | ホーム | 滞在組のハクチョウさんたちの七北田川で泳ぐ速度は!>>
コメント
今度はカルガモの赤ちゃんが見れるのでしょうか?
楽しみですね!

やはり巣作りは人間やほかの動物に見つけられないような
ところに作るのでしょうね。
[2014/04/16 12:49] URL | 杜のタマゴ #TSqh09ZY[ 編集 ]
duck4さん、お疲れ様です。
カルガモさんの抱卵、誕生をまだ見たことがありません。
きっと人にも他の動物にも容易に分からないところに巣を作るのでしょうね。
[2014/04/16 17:25] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
こんばんは、
私の自宅(横浜)の近くの小川では、毎年カルガモが雛を育てます。人の生活圏に近いほうが天敵を避けやすいのかもしれませんね。
[2014/04/16 20:27] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
杜のタマゴさんへ

おはようございます!

> 今度はカルガモの赤ちゃんが見れるのでしょうか?
> 楽しみですね!

実を言うと、duck4の定点観測ポイントでは、
カルガモさんの赤ちゃんや抱卵の様子は観察できません。
たぶん、大きくなってからやってくるのかもしれませんね!

> やはり巣作りは人間やほかの動物に見つけられないような
> ところに作るのでしょうね。

かつて、東京でカルガモさんの引っ越しが話題になりましたが、
人目や外敵に襲われない茂みの中に巣をつくるのでしょうね。
川のそばは、洪水になる危険性もあることをカルガモさんたちも
きっと知っているので選ばないのかもしれませんね!v-519v-521
[2014/04/17 08:13] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、お疲れ様です。
> カルガモさんの抱卵、誕生をまだ見たことがありません。
> きっと人にも他の動物にも容易に分からないところに巣を作るのでしょうね。

かつて、東京ではカルガモさんの親子の引っ越しが話題になりました。
そのときは、小さな池から大きなお堀への移動でした。

おそらく、カルガモさんの親も、容易に外敵に襲われない、
茂みの中に巣をつくるのでしょうね。

しかし、七北田川にはたくさんのカルガモさんがいます。
カルガモさんの生態も謎の部分もたくさんありますね!v-519v-521
[2014/04/17 08:17] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんは、
> 私の自宅(横浜)の近くの小川では、毎年カルガモが雛を育てます。人の生活圏に近いほうが天敵を避けやすいのかもしれませんね。

鳥さんたちは、不思議ですよね。
毎年、同じような場所に巣をつくります。
同じ場所で観察している、その季節になると必ず現れる鳥さんがいますね。
きっと、その場所が、子育てに適しているからなんでしょうね。

カルガモさんの場合は、天敵からの攻撃を避けるために、
人の生活圏に巣をつくようなんですね!v-519v-521
[2014/04/17 08:20] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1442-f948f079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR