FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
震災前に撮影したあのハクチョウさんたちの今!
duck4にとって思い出の1枚の写真


それは、アスファルトの農道を横切って歩いているハクチョウさんの群れ。

このときは、午前中で、大沼を塒にしていたであろう、

ハクチョウさんたちがちょうど餌を探して歩き回っているところでした。


そこに、duck4が今でも忘れることができない1羽のハクチョウさんが、

べたっとアスファルトの上に座り込んでいます。


疲れたのか、この場所から動こうとはしませんでした。


車が全く走らない農道なので、このようにリラックスしていたのか、

このハクチョウさんは、あまりにも無防備すぎるように感じたduck4であります。


CIMG7079_convert_20140309191042.jpg

(震災前、仲間たちは農道を横切り、1羽だけアスファルトの上に座っているハクチョウさん!


それから、数日後。

2011年3月11日 午後2時46分。

東日本大震災が発生、その後、大津波が仙台平野をのみ込んでいったのでした。


たぶん、そのとき、海から3キロほど離れたこの辺りにいたハクチョウさんたちも、

津波に驚き、奇声を上げながら飛び回ったことは、容易に想像できます。



復興作業も進み、仙台平野では瓦礫が片付けられ

田植えも始まりました。


そして、ブロガーさんのGabachoさんから仙台にある大沼には、

ヘラサギさんが来ているという情報を得ました。


それを聞いたduck4は、仙台に住んでいるのにハクチョウさんの越冬地、

大沼には行ったことがありませんでした。


そこで、2014年2月初旬に大沼に行ったところ、

約300羽ほどハクチョウさんたちが沼で羽を休めていました。


沼から近くの田んぼの餌場に向かった飛んでいくハクチョウさんの姿も見ました。

そして、そのハクチョウさんを追って、探してみると、

田んぼにはたくさんのハクチョウさんがいて餌をしていました。


この場所は、2011年の震災前に出会ったハクチョウさんがいた田んぼからも近いです。

震災、翌年から戻ってきたのかは、わかりません。


しかし、今、たくさんのハクチョウさんたちは、被災地の越冬地にも戻って来ているのです。

それは、塒と餌場である田んぼで米が作られるようになったからかもしれません。


農地や自然の再生で、またたくさんの鳥さんたちが、

仙台平野に戻ってくる淡い期待が持てるようになりました。



DSCF8949_convert_20140205075721.jpg

(大沼のハクチョウさん!


DSCF8968_convert_20140206073821.jpg

(2014年、大沼付近に田んぼを餌場にしているハクチョウさんたち!






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2014/03/10 07:06] | アヒル・白鳥・野鳥⑨ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<あの津波と滞在組のハクチョウさんの斑ちゃん! | ホーム | 久しぶりに読者からの感想をいただき嬉しくなったduck4!>>
コメント
duck4さん、こんばんわ
ハクチョウさんたちが被災地に戻って、生活しているのですね。
田んぼを復活させた結果、ハクチョウさんの餌場ができたからなのでしょうね。
[2014/03/10 20:14] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
農道にペタンと座っているなんて、なんてのどかなんでしょう!!
そして農道を歩いて渡っている白鳥さん、安心しているのですね!

他の動物、羊さんとか牛さんだったらテクテク歩いているのは
想像つくのですけど・・・微笑ましくて笑ってしまいました。
[2014/03/10 22:45] URL | 杜のタマゴ #TSqh09ZY[ 編集 ]
Duckさん、こんにちは、
高砂駅のタクシーの運転手さんに大沼に先に行ってもらうようにお願いしたのですが、ご存じではなく、仕方なく直接蒲生干潟に向かいました。大沼も被害を受けたんですね。
自然が回復していく力は大きいですね。でもそれはたいへん長い時間のいるプロセスなんですよね。
Brusselsより
[2014/03/11 01:13] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> duck4さん、こんばんわ
> ハクチョウさんたちが被災地に戻って、生活しているのですね。
> 田んぼを復活させた結果、ハクチョウさんの餌場ができたからなのでしょうね。

この大沼付近は、海から3キロ地点。
津波が流れ込んできた地域です。
震災後は土砂で田んぼを多い尽くしていました。

2012年度には、たくさんのハクチョウさんが大沼に来ていたのか、
この目で見ていないので判断できませんが、
2014年2月に300羽ほどのハクチョウさんが大沼にいて、
餌場の田んぼには100羽以上もいたことに興奮を隠し切れませんでした!

少なくとも、餌場である田んぼの復興は、
ハクチョウさんたちにとっては、
良い出来事のように見えますね!v-519v-521
[2014/03/11 07:30] URL | duck4 #-[ 編集 ]
杜のタマゴさんへ

おはようございます!

> 農道にペタンと座っているなんて、なんてのどかなんでしょう!!
> そして農道を歩いて渡っている白鳥さん、安心しているのですね!

duck4もこのペタンと農道に座っているハクチョウさんのことが忘れられませんでした。
そして、車もほとんど走らない農道で、
ハクチョウさんたちは安心して利用しているようですね。

> 他の動物、羊さんとか牛さんだったらテクテク歩いているのは
> 想像つくのですけど・・・微笑ましくて笑ってしまいました。

ハクチョウさんたちも群れでいると、警戒心も薄れるのでしょうか。
餌場でまったりした時間を過ごしていました。

それが、あの東日本大震災の数日前に撮影した写真なので、
今でも忘れられない1枚です!v-519v-521
[2014/03/11 07:34] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> Duckさん、こんにちは、
> 高砂駅のタクシーの運転手さんに大沼に先に行ってもらうようにお願いしたのですが、ご存じではなく、仕方なく直接蒲生干潟に向かいました。大沼も被害を受けたんですね。

まさにduck4のフィールドの近くですね!
ブログのコメントからもしかしたら蒲生干潟ではと思っていましたが、
やはりいらっしゃっていたのですね!
嬉しいです!v-519v-521

> 自然が回復していく力は大きいですね。でもそれはたいへん長い時間のいるプロセスなんですよね。
> Brusselsより

蒲生干潟を見ていると、回復には時間がかかるのでしょうね。
あれだけの津波被害なので、七北田川のお魚さんの生態も変っていると
釣人さんがおしゃっていました。

それとコペンハーゲン経由でブリュッセルに行かれているのですね。
ヨーロッパの情報も愉しみにしております!v-519v-521
[2014/03/11 07:41] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1404-ac8b3cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR