FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
八重の桜を見て!/ 滞在組のハクチョウさんの視線には!
毎週、愉しみに見ているテレビに

大河ドラマ「八重の桜」があります。

それには、duck4のルーツが会津にあるからです。


昨日の大河では、

アメリカ留学の会津藩主の家老の娘、捨松が、元薩摩藩の大山巌と結婚する話です。

このころの日本は、諸外国と結んだ不平等条約を破棄すること。

国会開設の準備。

富国強兵のために、徴兵制を導入すること。


そのため、若い学生が徴兵に取られてしまう危機から、

新島襄が大学申請を急ごうとしていたところでした。


何か、明治時代の歴史ですが

現代とも相通じるところがあるような感じがしました。


会津の人々は、賊軍扱いされたまま、

汚名を晴らそうとしても、国家の中枢では働けず、

学問の分野で、日本の近代化を支えていくことになります。


最近の議論の中で、

一部のエリートだけを育てて行けば良いという風潮もあります。

しかし、それには懐疑的なduck4。


国全体の底上げにはならず、二極化してしまい、かえって国力の低下につながってしまいます。

万人にが、知識に触れることで、一人ひとりが将来を見据えることができることが

日本をより豊かな国になるのではないかということです。


もともと、会津は教育熱の高い土地柄

政治に関しては、ちょっと疎いところもあります、

長州のように多くの総理大臣を輩出していません。

また、総理大臣になることを断った政治家もいました。


賊軍になっても、

新島八重のように活躍できたのにも、

会津藩の教育熱心の高いお国柄だったからではないでしょうか。


話が変りますが、

ハクチョウさんは給餌してくれる地元の人を待っています。

川の中からずっと、来るのを待っています。

10メートル先ぐらい上流の方へと泳いで、見ています。

そして、気配に気づくと、急いで、餌場へと向かってきます。


まさに、地元の人を見て、自転車のブレーキの音が聞こえ、

そして、パンを持った地元の人がコンクリートの護岸に現れる。


まさに、パブロフの犬のような条件反射ではないかと思って観察しています。

でも、パンのにおいには反応しないようです。

ハクチョウさんは、嗅覚が発達していません。


あるカラスさんの実験で、

透明なビニールと黒いビニール袋に好物のお肉を入れたところ、

透明袋に入ったビニール袋のお肉だけを食べていました。

ということは、カラスさんは、嗅覚で獲物を探すのではなく、

視覚で探していることになります。


昨日、ブロガーさんのハロゲンさんからいただいたコメントから、

ハクチョウさんの行動から視覚、聴覚、嗅覚についてちょっと考えてみました。



DSCF7328.jpg

(ハクチョウさんの視力はどのくらいあるのだろうか!





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト
[2013/10/28 06:59] | 滞在組のハクチョウさん⑦ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<滞在組のところに1羽のハクチョウさんが飛来! | ホーム | 真正面からのハクチョウさんの視線!>>
コメント
白鳥は臭いで食べ物を判断し、カラスは目で獲物を判断するんですね。多かれ少なかれ、臭いと目で判断するんでしょうが。会津は小笠原藩と似ていますね。小笠原藩は長州藩に古典パンにやっつけられ、城も落城しました。それで教育に力を入れて、会津から何人が勉強に来ていました。郡長政で検索してみてください。
[2013/10/28 08:46] URL | fukuchan #-[ 編集 ]
フクちゃんさんへ
おはようございます!

> 白鳥は臭いで食べ物を判断し、カラスは目で獲物を判断するんですね。多かれ少なかれ、臭いと目で判断するんでしょうが。会津は小笠原藩と似ていますね。小笠原藩は長州藩に古典パンにやっつけられ、城も落城しました。それで教育に力を入れて、会津から何人が勉強に来ていました。郡長政で検索してみてください。

郡長正は、福岡に留学した会津藩士の家老で
戊辰戦争での責任を取って家老の萱野権兵衛の次男だったのですね。

そして、ひもじいと干し柿を食べたいと手紙を送り、
母からの手紙を落としてしまい、
その責任を感じて、切腹したのですね。

http://www53.tok2.com/home2/osanpo/sanpo11.html

武士道として精神を持って
自分の行動に責任を持って生きた16歳の少年だったのですね!

話はかわりますが、
ハクチョウさんもカラスさんのように、視覚、聴覚は良いですが、
嗅覚は悪いようです。

鳥目とは、暗くなって見えなくなるような比喩として用いられていますが、
どうやら、違うようですね。v-519v-521

[2013/10/29 07:27] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんにちは。
「万人が、知識に触れることで、一人ひとりが将来を見据えることができる」というところ、ハッとしました。
今学校でしょっちゅう「将来」という言葉を聞かされます。
「将来のことを考えて」とか「将来を見据えて」とか、、、

でも、実際には「将来」ってものすごく漠然としてて、考えろと言われても何をどうしていいかわからない。
結局、何も知らないからなんだと思いました。
どういう勉強をすればどういう道がひらけるとか、逆に世の中にはどんな仕事があって、この仕事をするためにはどの時期にどういうことをしておかなくちゃいけないとか。

自分たちが学校で与えられている知識っていうのは、やっぱりほとんどが受験対策かなあと思えます。
本当の生きるための知識?というのが足りないのかな、と。
自分が何も知らないということは部活での経験でもよく解ったんですけど、じゃ、自分は一体どうすればいいかってところでいつも考えが止まってしまいます、、、

ブログへのコメントありがとうございました!
ずいぶん遅くなって失礼してしまいましたが、お返事させていただいたので、どうぞ、お時間のあるときにのぞきにいらしてください。いつも励まされます、ありがとうございます!
[2013/10/30 17:20] URL | へにょっち #-[ 編集 ]
へにょっちさんへ

おはようございます!

> こんにちは。
> 「万人が、知識に触れることで、一人ひとりが将来を見据えることができる」というところ、ハッとしました。

学ぶことは大切だと思います。
いろいろなことが見えてきます。
また将来のこともです。

> 今学校でしょっちゅう「将来」という言葉を聞かされます。
> 「将来のことを考えて」とか「将来を見据えて」とか、、、

> でも、実際には「将来」ってものすごく漠然としてて、考えろと言われても何をどうしていいかわからない。
> 結局、何も知らないからなんだと思いました。
> どういう勉強をすればどういう道がひらけるとか、逆に世の中にはどんな仕事があって、この仕事をするためにはどの時期にどういうことをしておかなくちゃいけないとか。
>
> 自分たちが学校で与えられている知識っていうのは、やっぱりほとんどが受験対策かなあと思えます。
> 本当の生きるための知識?というのが足りないのかな、と。
> 自分が何も知らないということは部活での経験でもよく解ったんですけど、じゃ、自分は一体どうすればいいかってところでいつも考えが止まってしまいます、、、

自分のやりたいこと。
将来、仕事としてやってみたいことをトライしてみてはどうでしょうか。
すると、おのずと道は開けると思います。

「あれもこれも」より「あれかこれか」と自分の信じる道に進んでみることです。

> ブログへのコメントありがとうございました!
> ずいぶん遅くなって失礼してしまいましたが、お返事させていただいたので、どうぞ、お時間のあるときにのぞきにいらしてください。いつも励まされます、ありがとうございます!

学校生活を意義あるものにしてみてください。
何か、ヒントがあるかもしれませんよ!v-519v-521
[2013/10/31 07:32] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1269-34418551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR