FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ゴッホの作品『ヤマウズラの飛び立つ麦畑』真相!
ひさしぶりにduck4は宮城県美術館に行きました。

ちょうど、特別展のゴッホ展が開催されていたからです。


ゴッホと言えば、

彼の人生の中でほとんど絵が売れず、

晩年には、自ら命を立ってしまった、不遇の画家でもあります。


今回の作品展では、ゴッホの知られざる過去。

私たちが思い込んでいた事実が、実際には違っていたということが

明かされていました。


例えば、ゴッホは、自画像を描いていますが、

その作品の中には、彼の経済的なパトロンである弟をモデルにしていたそうです。


それから、duck4が3から4回、

その絵の前で立ち止まってしばらく鑑賞していました。


それは、やはり鳥さんの作品。

ヤマウズラの飛び立つ麦畑』です。


ヨーロッパではよく見かける典型的な初夏の風景。

麦畑の上を低空でヤマウズラさんが飛翔しています。


実は、この作品は、ゴッホが天国へと旅立った後、

ゴッホの弟の奥さんが大事に居間に飾っていたのです。


ゴッホの弟の奥さんは、

この『ヤマウズラの飛び立つ麦畑』をヒバリさんと勘違いしていたらしく、

ヒバリの...』という名前をつけていました。


確かに、美しい声で清らかに鳴いていたらヒバリさんと勘違いするのも

仕方がないことでしょう。

duck4もきっと勘違いします。


話は、ちょっと横道にそれますが、

ある鳥好きのブロガーさんがヒバリさんのことを投稿していました。

そこでduck4が気になったこと。


それは、ヒバリさんが高いところ飛びながらホバリングしながら

私たちに美声を披露してくれます。

外敵のタカさんに襲われるのではないかと心配しながら

いつもヒバリさんのことを案じているduck4なのです。


本題のゴッホの作品『ヤマウズラの飛び立つ麦畑』では

ゴッホの弟の奥さんは、ヒバリさんと勘違いしていました。

それが研究の結果、ヤマウズラさんと判明したのです。


隣にヒバリさんとウズラさんの剥製がありましたが、

確かにヒバリさんが小さくて茶位をしていて、スズメさんより、

ちょっと大きいかなと思います。


一方のヤマウズラさんさんはヒバリさんよりも大きくて、

ハトさんよりもちょっと小型です。


最近、絵を見ると、どうしても鳥さんの作品にばかり目がいってしまう

duck4であります。


DSCF4921_convert_20130630062809.jpg

(宮城県美術館で開催されていたゴッホ展




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2013/06/30 06:05] | アヒル・白鳥・野鳥⑦ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<カラスさんは目が良いという真実! | ホーム | オホーツク高気圧で涼しい仙台でほっとしている滞在組のハクチョウさんとduck4!>>
コメント
こんばんわ
ゴッホに鳥さんが描かれたものがあることは初めて知りました。
ヤマウズラ、調べてみたら日本には生息しない鳥さんですね。
私も、何かというと鳥さんにめがいってしまいます。
[2013/06/30 19:32] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
ゴッホ展いいですね

私もヒバリさんとの区別出来ないと思いますー

duck4さんが絵の中でも、鳥さんを探すのよくわかります
[2013/06/30 22:49] URL | 93 #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

こんばんは!

> こんばんわ
> ゴッホに鳥さんが描かれたものがあることは初めて知りました。
> ヤマウズラ、調べてみたら日本には生息しない鳥さんですね。
> 私も、何かというと鳥さんにめがいってしまいます。

duck4もです。
ゴッホは、鳥の巣も描いていました。
自画像のイメージが強いですが、
もしかしたら、ゴッホは自然にあこがれていたのでしょうかね。

ヤマウズラさんは日本に生息していないのですね。
絵のそばには、ヒバリさんとヤマウズラさんの剥製がおいてありました。
ヤマウズラさんはヒバリさんより大きかったです。

ゴッホの絵では、そのヤマウズラさんが低空で描かれていたので、
後世の研究者が、ヒバリさんではないと判断したようです。v-519v-521
[2013/07/01 19:49] URL | duck4 #-[ 編集 ]
93さんへ

こんばんは!

> ゴッホ展いいですね
> 私もヒバリさんとの区別出来ないと思いますー
> duck4さんが絵の中でも、鳥さんを探すのよくわかります

ゴッホと言えば、自画像やひまわりが有名ですが、
ヒバリさんではなくヤマウズラさんの作品があるとは。
もしかしたら、ゴッホさんは鳥さんが好きだったのか知れませんね。

そうなんです。
最近では、鳥さんの絵を探しています。
日本画でもアヒルさんをモチーフにした作品があります。v-519v-521
[2013/07/01 19:52] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1141-6c244da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR