FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
1羽の伝書鳩さんからのメッセージ!
歩道を歩いている時に絶命した鳥さんの亡骸を見つけたduck4。

カラスさんかな。

いやカラスさんではありません。

羽が真っ黒ではなかったからです。


そして、近づいて見てみると、

その鳥さんはハトさんたったのでした。

でも、いつも見慣れたハトさんとは違って、足先には2つの足環がついていたのです。


鳥インフルエンザにかかっていたらどうなるだろう。

という心配をよそに目視できる位置まで足元についているリング

手で触れて動かしてみました。

すると、このハトさんのドット番号と飼い主さんの携帯電話番号が印字されたいる

黄色いリングを読み取れたのです。


そこで、そのハトさんの飼い主さんにお電話をして、

ことの真相を確かめてみることにしました。

そして、そのハトさんの飼い主と連絡が取れ、

驚くべき事実がわかったのです。


このハトさんは、千葉県にお住まいの方が飼われていたもので、

一ヶ月前の伝書鳩レースに参加してから、行方不明になったことが判明したのでした。

そこで飼い主さんのところまで戻ることなく、

この千葉から約300キロ以上も離れた仙台の地で、この世からあの世へと旅立っていったのです。


伝書鳩さんのご冥福を祈るduck4であります。


そこでduck4は

鳥さんたちの飛翔能力のすごいことをあらためて実感したのです。


北半球から南半球まで旅する鳥さんもいるくらいなので、

人間の身体能力にはない、まさに超人的いや鳥人的(ちょうじんてき)であります。


DSCF4639_convert_20130621072256.jpg

(イメージ写真:ハトさん!) 




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ




スポンサーサイト



[2013/06/21 06:56] | アヒル・白鳥・野鳥⑦ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<滞在組の5羽のハクチョウさんたちは2つの組に分かれて行動中! | ホーム | 大木をめぐって縄張り争いをする2羽のモズさんたち!>>
コメント
こんにちは。
鳥好きのduck4さんに見つけてもらった伝書鳩さん。遠い地から飼い主さんに連絡してもらいたかったのでしょうか。
1カ月もどこをどうしていたのでしょう。かわいそうでしたね・・・
[2013/06/21 10:20] URL | SRまゆみ #-[ 編集 ]
オオタカのような猛禽でしょうか。それとも迷っているうちに衰弱したのでしょうか。Duckさんに見届けてもらったことだけは、このハトにとって幸運だったと思います。
[2013/06/21 16:15] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
こんばんわ
このハトさん、duck4さんに見つけて貰って本当によかったと思います。
ハトさんは、地球の磁場をたよりに自分の巣に帰るようですが、予期せぬことが起きて帰れなくなってしまったのでしょうね。
[2013/06/21 20:02] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
SRまゆみさんへ

おはようございます!

> こんにちは。
> 鳥好きのduck4さんに見つけてもらった伝書鳩さん。遠い地から飼い主さんに連絡してもらいたかったのでしょうか。
> 1カ月もどこをどうしていたのでしょう。かわいそうでしたね・・・

最初、歩道にいたので、何かなと思い近づいてみたら伝書鳩さんでした。
足環があって、飼い主さんの連絡先もあったので、連絡してみました。
この伝書鳩さんは、飼い主の元へは戻ることが出来なく、
天国へと旅立っていきました。

今頃、魂は天国を旅していることと思います。v-519v-521
[2013/06/22 04:48] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabchoさんへ

おはようございます!

> オオタカのような猛禽でしょうか。それとも迷っているうちに衰弱したのでしょうか。Duckさんに見届けてもらったことだけは、このハトにとって幸運だったと思います。

最初、カラスさんかなと思いましたが、ハトさんでした。
鳥インフルエンザが怖かったのですが、恐る恐る触って足環を発見。
メッセージを運ぶ、伝書鳩さんだったのでした。
飼い主さんへは辛い報告になりましたが、
この伝書鳩さんの生きていた証を伝えたくてご連絡いたしました。
伝書鳩さんは、メッセージを運ぶ鳥さんだったんですね。v-519v-521
[2013/06/22 04:53] URL | duck4 #-[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

おはようございます!

> こんばんわ
> このハトさん、duck4さんに見つけて貰って本当によかったと思います。
> ハトさんは、地球の磁場をたよりに自分の巣に帰るようですが、予期せぬことが起きて帰れなくなってしまったのでしょうね。

ハトさんに足環がついていたおかげで飼い主さんがわかって、
唯一の慰めになりました。
電話をしたときに、飼い主さんも驚かれていて、
千葉から遠く離れた仙台にいたからです。
その話を聞いて、duck4もでした。

ハトさんは、地球の磁場をたよりに自分の巣を見つけるのです。
この伝書鳩さんは、何らかのトラブルに巻き込まれて迷ってしまったのですね。
飼い主さんのお話によると、1ヶ月前の伝書鳩レースに参加してから、
見やたらなくなったとのことでした。v-519v-521
[2013/06/22 04:58] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1132-b390a2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR