FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
縦横無尽の根室のエゾシカさん!
道東に行ったときにもよく見かけたのがエゾシカさん。

北海道には多すぎという実感です。


人の敷地内に入り込んで群れでいるエゾシカさん。

角の生えていないメスたちが群れを作って移動していました。


DSCF3248_convert_20130603064846.jpg

(エゾシカさんの群れが縦横無尽に走り回る根室市春国岳!


それは、根室にある春国岳、風蓮湖周辺だけではなく、

国道を走っている車の前を急に横切ったり、

また、線路に進入して列車をも止めたりもするのです。


動物だから仕方がありませんが

まさに行いは縦横無尽で容赦がありません。

なので、交通事故に巻き込まれたりもするので、とても危険です。


また、duck4はこんな大木を見ました。

幹が削られていて丸裸

このままだと枯れてしまい木が倒れてしまうのではないかと案じてもおります。

おそらく、エゾシカさんの仕業!ではないでしょうか。

このような木をたくさんたくさん森の中で見かけました。


DSCF3287_convert_20130603064624.jpg

(幹が削られてしまった大木


それからこんな落し物発見。

一見するとドングリ!?かなと思ったduck4です。

これ、何だと思いますか?


DSCF3250_convert_20130603064746.jpg

(これはなんですか?)


正解は、エゾシカさんたちが落としたです。

冬の間、氷点下以下になる極寒の台地、根室。

エゾシカさんたちの糞も凍ってしまい、

土に分解されずそのまま残ってしまっています。


エゾシカさんの行動した足跡から、

自然に対していろいろなメッセージを実感したduck4でした。





にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2013/06/03 06:43] | ダックのつばさ② | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<5羽の滞在組のハクチョウさんのお昼寝は長寿の秘訣! | ホーム | キタキツネさんの獲物の魚を狙う黒い影!>>
コメント
エゾシカさんに会ったら興奮してしまいそうです、動物園でなく普通に会うことが出来るんですもんね

難しい問題ですね
自然も少なくなってるでしょうし。。。
[2013/06/03 08:52] URL | 93 #-[ 編集 ]
こんばんわ
何でも度を超えて増えすぎるとあちこちに害を及ぼしますね。
天敵が少なくなったとか、温暖化などいくつもの要因が重なって増えたのだと思います。
適正なところへもっていくのに北海道でも努力しているようですね。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/est/hokakushien.htm
[2013/06/03 20:04] URL | ハロゲンくん #-[ 編集 ]
93さんへ

こんばんは!

> エゾシカさんに会ったら興奮してしまいそうです、動物園でなく普通に会うことが出来るんですもんね

動物園で見るとは、迫力が違います。
メスのエゾシカさんたちが群れをつくって大地や住宅地を走り回っていました。

> 難しい問題ですね
> 自然も少なくなってるでしょうし。。。

エゾシカさんの増えすぎで木が枯れてしまっています。
おそらく、エゾシカさんを襲う動物がいないからですね。
自然の生態系をあらためて考えさせられたduck4であります。v-519v-521
[2013/06/03 21:48] URL | duck4 #-[ 編集 ]
こんばんわ、
自然を維持管理しようと思うのはにんげんの驕りかもしれないのですが、Adaptiveに管理していくという考え方だけは大事かもしれないと思うことがあります。丹沢の森林の維持とカモシカの数の適正値の調整と同じように、ある程度は管理が必要なのかもしれませんね。齧られた木を見て、そんな感じがしました。
[2013/06/03 21:51] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
ハロゲンさんへ

こんばんは!

> こんばんわ
> 何でも度を超えて増えすぎるとあちこちに害を及ぼしますね。

そうですね。何でも度が過ぎるととんでもないことになってしまいます。
生態系が崩れてしまいます。
エゾシカさんが走り回って、タンチョウさんの巣に進入して卵が壊されてしまうことも
あるそうです。

> 天敵が少なくなったとか、温暖化などいくつもの要因が重なって増えたのだと思います。
> 適正なところへもっていくのに北海道でも努力しているようですね。
> http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/est/hokakushien.htm

北海道も自然環境の維持のために、対策されていたのですね。
情報を調べていただき、ありがとうございました!v-519v-521
[2013/06/03 21:54] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

こんばんは!

> こんばんわ、
> 自然を維持管理しようと思うのはにんげんの驕りかもしれないのですが、Adaptiveに管理していくという考え方だけは大事かもしれないと思うことがあります。丹沢の森林の維持とカモシカの数の適正値の調整と同じように、ある程度は管理が必要なのかもしれませんね。齧られた木を見て、そんな感じがしました。

このように自然を管理しようとする事例は日本のみならず世界中でたくさんありそうですね。
duck4が思いつくのは、ハブ退治に外来種を入れたマングース。
マングースは、危険なハブを食べず貴重なヤンバルクイナさんを食べてしまっています。

この木を見ていると、エゾシカさんによる食害は深刻です。
どのように、管理をしていくのか、難しい問題ですね!v-519v-521
[2013/06/03 22:00] URL | duck4 #-[ 編集 ]
おはようございます。

表皮を剥がされてしまった木は水を吸い上げられず、
数年後には枯死してしまいます。
更にこういった木を倒してくれるクマゲラが住めない環境となっております。
自然のバランスが崩れ、循環ができなくなってしまってるのですね。

真冬の海岸を見ると驚愕の光景だと思いますよ^^
そこには尋常じゃない数のエゾシカが集結しているためです。
あれを見ると本当に大変な事になっていると実感してしまいます。

列車といえば昨日、タンチョウの親子と列車が接触し雛が死んでしまったとニュースで流れていました。
その死んだ雛の映像も流れていました。
更にヒグマも接触する事故が起きています。
[2013/06/14 07:10] URL | Kasuga #GCA3nAmE[ 編集 ]
Kasugaさんへ

こんばんは!

> おはようございます。
>
> 表皮を剥がされてしまった木は水を吸い上げられず、
> 数年後には枯死してしまいます。
> 更にこういった木を倒してくれるクマゲラが住めない環境となっております。
> 自然のバランスが崩れ、循環ができなくなってしまってるのですね。

この木は大木だったので、クマゲラさんにとっても巣をつくるのには良い木のはずですね。
でも皮がむかれていて、水分が上げられないということは、
枯れるのを待つだけなのででしょうね。
エゾシカさんの増加と食害により、道東にはこのような木がたくさんあるのでしょうか。

> 真冬の海岸を見ると驚愕の光景だと思いますよ^^
> そこには尋常じゃない数のエゾシカが集結しているためです。
> あれを見ると本当に大変な事になっていると実感してしまいます。

根室に行ったときには、たくさんのエゾシカさんに驚いたduck4です。
国道44号線をメスの群れをなして渡ろうとしているエゾシカさん。
ドライバーはいつ渡るのか、注意しながら走行していました。

> 列車といえば昨日、タンチョウの親子と列車が接触し雛が死んでしまったとニュースで流れていました。
> その死んだ雛の映像も流れていました。
> 更にヒグマも接触する事故が起きています。

タンチョウさんの雛も列車と接触してなくなってしまったのですね。
確かに、生息地と線路は近くにあり、ネットを張っても入り込んでしまいます。
仕方がないこととは言え、残念なニュースです。

ヒグマさんも事故に巻き込まれるのですね。
やはり、動物と人間が共存できる仕組みが必要なのだと、
実感したduck4であります。v-519v-521
[2013/06/14 19:48] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1114-3432e37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR