FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
滞在組のハクチョウさんを心配する人々!/宮城県の動物さんや鳥さんの保護の実情!
宮城県では、

民間のNPO法人で傷ついて動物や鳥さんを保護して治療する施設があります。

その団体はみやぎ野生動物保護センターさんです。


傷ついたミサゴさんやウミネコさんたちが

治療のために運ばれてきてきます。


そして、

元気になるまで治療しているのです。


羽を怪我したハクチョウさんも運ばれてきて、

残念ながら、大怪我だったので、羽を切断して飛べなくなったものの、

オオハクチョウは断翼済みで一生飛べなくなりましたが楽になったのか食欲・

 元気が出て来ました。
 」

( 「暴れん坊将軍」013年05月07日ブログより引用!)

とセンターさんで書かれたブログでは紹介されていました。


DSCF4065_convert_20130513072525.jpg

(イメージ写真:滞在組のハクチョウさんより!


DSCF9885_convert_20130215200301.jpg

(今年2月に撮影した紐が引っかかったままのハクチョウさん!


どういう経緯で、滞在組のハクチョウさんたちがケガをして

飛ばなくなったのかがわかりませんが、

よく頑張って、この七北田川で生き抜いてきたことかと思います。


紐が引っかかった口ばしに黒い斑点のあるハクチョウさんには、

どうか自然に紐が外れ、元気に仲間たちと一緒にいて欲しいと

祈るしかないduck4です。



話が変りますが、

宮城県は、

傷を負った鳥さんや動物さんの保護に力を入れて取り組んでいるのか?

という質問をあるブロガーさんから受けたのです。


ここからは、

duck4の主観的な意見になるということを

承知で読み流していただきたいのですが、

その答えは、否(いな)だと思います。


なぜなら、

財政的にもとても厳しい善意で活動されている

民間NPO法人のみやぎ野生動物保護センターさん

のような民間の団体が献身的一生懸命に取り組んでいるのが現状なのです。


ある外国では、

傷を負った動物さんを救護する救急車があり、

動物病院へ運ぶという制度や活動がある国を聞いたことがあります。


もし、これを日本でやれば、

この財政難になぜそこまで動物さんや鳥さんたちに血税を払わなければならないのか

というお叱りを受けるかもしれません。


これは、仙台では報道されたことですが、

仙台市の八木山動物公園にジャイアントパンダが中国から貸与される計画がありました。


その計画も単なる絵に描いた餅になってしまいましたが、

調査研究費のために1000万円以上の予算が計上されています。


なぜ、

傷ついた野生さんや鳥さんの治療のために税金を使って

欲しいと願うのはduck4だけなのでしょうか。


皆さんだったら、どのように考えますか?



(引用ブログ)

みやぎ野生動物保護センターの「暴れん坊将軍」2013年5月7日付けブログより。

(参考ホームページ)

仙台市ジャイアントパンダ導入の取り組み状況について




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2013/05/14 07:23] | 滞在組のハクチョウさん⑤ | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<シギさんが潮が引いた蒲生干潟で餌探し! | ホーム | 滞在組のハクチョウさんの胸にはまだ紐がくっついていました!>>
コメント
こんばんわ、
ボランティア組織があると良いと思っていたのですが、NPOがあるんですね。
私もいつかリタイヤした後に時間ができたら、やってみたいと思っています。
[2013/05/14 23:42] URL | Gabacho #KTO6V24o[ 編集 ]
こんばんは。
自然や野生動物の保護のためのお金の使い方、私も真剣に考えていきたいと思います。
[2013/05/15 01:44] URL | h40 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

おはようございます!

> こんばんわ、
> ボランティア組織があると良いと思っていたのですが、NPOがあるんですね。
> 私もいつかリタイヤした後に時間ができたら、やってみたいと思っています。

ハクチョウさんたちがケガをしたときにどうすればという
疑問をGabachoさんから頂き調べておりました。

NPO法人があることを知っていたので、
昨日のduck4ブログで紹介することにしました。

でもNPO法人なのでやりくりは大変なようです。

県の職員さんに一度、ケガしたハクチョウさんのことで
聞いたことがありました。
黒い斑点のある滞在組のハクチョウさんのように元気な場合は、
船を出して大掛かりになるそうです。

紐が取れずそのままでは心配なduck4でありますが、
5羽の仲間たちと一緒に泳いでいるので、
しばらくは見守ろうと思っています。v-519v-521
[2013/05/15 07:30] URL | duck4 #-[ 編集 ]
h40さんへ

おはようございます!

> こんばんは。
> 自然や野生動物の保護のためのお金の使い方、私も真剣に考えていきたいと思います。

ハクチョウさんウオッチングをしていて、
duck4の定点観測ポイントに滞在組のような飛べないハクチョウさんを見ていて
そう思うようになりました。

人間だけではなく動物さんや鳥さんの保護や福祉も考えても良いのではないかと
思うようになったduck4であります。v-519v-521
[2013/05/15 07:34] URL | duck4 #-[ 編集 ]
上野動物園のジャイアントパンダのレンタル料も高額でしたね・・・他国より自国の生き物を大事にも考えて欲しいですね

財政難でもあるのに。
[2013/05/16 07:05] URL | 93 #-[ 編集 ]
93さんへ

おはようございます!

> 上野動物園のジャイアントパンダのレンタル料も高額でしたね・・・他国より自国の生き物を大事にも考えて欲しいですね

ジャイアントパンダのレンタル料は高額ですよね。
もっと、傷を負ってしまった野生動物の治療や保護に力を入れて欲しいと
duck4は願っております。

> 財政難でもあるのに。

財政難でもありますが、何とか知恵で救える命を救って欲しいです!v-519v-521
[2013/05/16 20:52] URL | duck4 #-[ 編集 ]
おはようございます。
自分の住むマンションの前にはヘリポートを備えた大きな病院が建っています。24時間救急受け入れ可能の良い病院です。

病院ができるまではとても広い空き地で伝線もないので、そこでたこげ大会や餅つき大会なんかが催されていました。
リスやイタチなんかを見かけることがよくありました。

病院ができてとても便利になりましたが、病院ができてから、何回かたぬきかイタチが車にはねられていたり、因果関係はわからないけど、目白が数羽、まとまって死んでいたりしたのを見かけるようになりました。

開発で自分たちが便利に生きていける分、何も言えない動物たちにしわ寄せが行っているのは事実なので、事故やいたずらなどで傷ついた動物のために税金を割いてもいいんじゃないかと自分は思います。

税金の無駄は、まだまだたくさんあると思うので、そういうところをきちんと整理したら保護のためにまわせるお金は捻出できそうな気がします。
[2013/05/19 05:19] URL | へにょっち #-[ 編集 ]
へにょっちさんへ

おはようございます!
コメントありがとうございます。
duck4の考えもコメントしたいと思います。

> おはようございます。
> 自分の住むマンションの前にはヘリポートを備えた大きな病院が建っています。24時間救急受け入れ可能の良い病院です。
>
> 病院ができるまではとても広い空き地で伝線もないので、そこでたこげ大会や餅つき大会なんかが催されていました。
> リスやイタチなんかを見かけることがよくありました。
>
> 病院ができてとても便利になりましたが、病院ができてから、何回かたぬきかイタチが車にはねられていたり、因果関係はわからないけど、目白が数羽、まとまって死んでいたりしたのを見かけるようになりました。
>
> 開発で自分たちが便利に生きていける分、何も言えない動物たちにしわ寄せが行っているのは事実なので、事故やいたずらなどで傷ついた動物のために税金を割いてもいいんじゃないかと自分は思います。
>
> 税金の無駄は、まだまだたくさんあると思うので、そういうところをきちんと整理したら保護のためにまわせるお金は捻出できそうな気がします。

ここまで自然破壊が進み、貴重な動植物が減ってしまうと、
最後は、人間の手によってしか、自然保護ができなくなります。

病院が近くにできることはとても良いことです。
でも、空き地に病院が出来たことで、動物たちの棲みかもなくなってしまったことも
確かなことです。

イタチさんやたぬきさんが獲物を探して、街中をさまよっています。
街の中には、人間が出したゴミなどのがありそれを餌にしているかもしれません。
その人間の生活圏に進出していったイタチさんやたぬきさんが、人間が作り出した、
文明の利器である自動車にはねられて天国へと旅立って行ってしまいます。

彼ら動物や鳥さんたちを救えるのは人間なのです。
それは、人間が彼らの領域を壊してきたからです。

税金で救うというのに抵抗がある人もいるでしょう。
でも、自然破壊で、最終的な損害を受けるのは人間なのです。
税金で、傷ついた野生動物を救う義務があるのです。

duck4が好きな鳥さんが減ると虫が大発生して、
人間にとって病気にかかるかもしれません。

食物連鎖を崩すということは、
人間にとって良くないということなのです。

ちょっと長くなりましたが、
へにょっちさんのコメントの答えです。 v-519v-521
[2013/05/19 14:25] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1093-21f6d553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR