FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
東日本大震災から丸2年の教訓!
今日、

3月11日は、

東日本大震災から丸2年


まだまだ、

津波の被害を受けた地域や原発事故で避難を強いられている

地域では、復興という2文字が程遠いのが現状です。


昨日の地元紙、

河北新報にはこのような記事が...。

東北大学と河北新報の仮設入居者へのアンケート調査によると、

被災地での住民交流の大きさでストレスをより強く感じる、

感じないに差が出ているとの結果が出ています。


地元の人々の交流がある地域では、復興感があるとのことでした。

これは、地震学者の今村文彦さんを調査結果をそのようにみていて、

「インフラの復興よりも、住民同士のコミュニケーションが多い地域の方が、

個人の生活に関する復興感を左右する」

ということでした。


昨今、

津波の被害自治体では、

万里の長城のようなコンクリート製の津波防潮堤を建設する計画があります。

地元住民と自治体の間で建設に関する両者の軋轢があるようです。


ただ、

頑丈な津波防波堤を建設しても、

自然の破壊力になすすべがなかった人間。


10メートル以上の津波防波堤だけでは、

今回の津波被害から尊い人間の生命を守ることができませんでした。


それよりも、

津波が来るようであれば高台に逃げるという日頃からの意識が大切だと

duck4は思います。


津波教育を徹底していた地域の子供たちは、

自分の意識は自分で守るという意識で、津波の難から逃れた事例が報告されています。


このことは、

今回の東日本大震災を経過した東北地方だけではありません。

これから、いつ起こるかわからない関東、東海、四国地方、

いや島国に住んでいるすべての日本の人々に言えることです。


いつ起こるかわからない地震。

津波災害に備えて欲しいというのが、

この東日本大震災を経験したduck4のブロガー皆様へのメッセージであります。


DSCF2003_convert_20130311090537.jpg

(河北新報記事より!


(参考資料

河北新報2013年3月10日付け記事より「心身ストレス改善せず」

(本社・東北大仮設入居者アンケートより)







にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ



スポンサーサイト



[2013/03/11 08:15] | 大震災からの東北 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<宮城県に渡り鳥のハクチョウさん、ガンさん、カモさんが集中するわけ! | ホーム | duck4の定点観測ポイントでは13羽のハクチョウさんを確認!>>
コメント
今まで築いて来たものが全て無くなり、仮設での生活。
ストレスは大きいと思います。
そんな中での人々を思うと本当にお気の毒だと思います。
これは人一人の力では無理。
国の援助が必要なのでは?と思います。
対応が遅過ぎないですか?
[2013/03/11 13:49] URL | 太巻きおばば #-[ 編集 ]
ネットとはいえ こうして出会い
つながれてることに感謝です。
まだまだ 課題山積みの復興ですが
一日でも早く被災地の皆様のお心が癒されますように。
[2013/03/11 13:50] URL | よっちママ #-[ 編集 ]
今日は1分間の黙祷をしました。

仮説住宅で暮らす人々の心労は大変なものでしょうね

お家があるのに帰れないなんて。。
早い復興願うばかりです
[2013/03/11 15:34] URL | 93 #-[ 編集 ]
2年、ほんとうにはやいものだと思います。復旧、復興の槌音が聞こえる3年目であってほしいと思います。
[2013/03/11 21:23] URL | Gabacho #nH0dgipQ[ 編集 ]
太巻きおばばさんへ

こんばんは!

> 今まで築いて来たものが全て無くなり、仮設での生活。
> ストレスは大きいと思います。
> そんな中での人々を思うと本当にお気の毒だと思います。
> これは人一人の力では無理。
> 国の援助が必要なのでは?と思います。
> 対応が遅過ぎないですか?

確かに、この東日本大震災は、地震、津波、そして原発事故。
一人の力だけでは、復興は困難だと思います。
津波で町が流された地域では、5年いや10年という年月での
復興がかかるでしょう。
でも原発事故の避難はそういきません。
そこに、今回の震災の難しさがあります。
こちらでは、資材不足、人材不足などで復興が遅れているのが現状です。v-519v-521
[2013/03/11 21:26] URL | duck4 #-[ 編集 ]
よっちママさんへ

こんばんは!

> ネットとはいえ こうして出会い
> つながれてることに感謝です。
> まだまだ 課題山積みの復興ですが
> 一日でも早く被災地の皆様のお心が癒されますように。

ソーシャルネットのおかげで、よっちママさんとも
交流できるようになりました。
本当に、感謝です。
実を言うと、duck4ブログは、震災後から多くのブロガーさんから
コメントを頂くようになりました。

被災されたり、避難生活をされている人々が少しでも光明があること
を願うのみです!v-519v-521
[2013/03/11 21:30] URL | duck4 #-[ 編集 ]
93さんへ

こんばんは!

> 今日は1分間の黙祷をしました。
>
> 仮説住宅で暮らす人々の心労は大変なものでしょうね
>
> お家があるのに帰れないなんて。。
> 早い復興願うばかりです

震災から丸2年。
まだまだ復興からは程遠いです。
仮設住宅で住まわれいる方々の心労は大変なことです。
知人でも家を流された人もいました。

それと、家があっても帰ることができない人々のことを思うと、
この震災の大きさを改めて痛切に感じます。v-519v-521
[2013/03/11 21:36] URL | duck4 #-[ 編集 ]
Gabachoさんへ

こんばんは!

> 2年、ほんとうにはやいものだと思います。復旧、復興の槌音が聞こえる3年目であってほしいと思います。

震災復興が進んで欲しいとの願いです。。
duck4の定点観測ポイントの七北田川では津波で被害を受けましたが
滞在組のハクチョウさんたちも元気でいます。
津波の被害を受けた蒲生干潟でも鳥さんたちが戻ってきました。v-519v-521
[2013/03/11 21:41] URL | duck4 #-[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://duck4.blog74.fc2.com/tb.php/1028-31c4b98a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR