FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
迷い込んだ2羽のツガイさん!報道特集で報道された『傷ついた白鳥』より!
一週間前のことだったと思います。

浅瀬には、2羽のヒシクイさんがいました。


以前は、1羽だけだったのですが、

それが、2羽となると、

とても両珍しいことだったのです。


DSCN2440_convert_20191201153327.jpg

(歩く2羽のヒシクイさん!)

カルガモさんに混じっていると、

色が同系色なので、あれと思うのですが、

やはり、よく見ると、体が大きいです。


足の色がオレンジ色で、

とても鮮やかでした。


DSCN2415_convert_20191201153251.jpg

(オレンジ色のヒシクイさんの足!)

定点ポイントの七北田川では、

今シーズンは、数回、見られたヒシクイさん。


宮城県でも県北の伊豆沼、蕪栗沼などの

大崎平野では、越冬地なので、

数万羽以上見られ、昼間は田んぼに降りて、

群れで餌を食べています。


しかし、それよりも南下して、

仙台平野にいるのですから、

今回は、迷い込んだ、2羽のオスとメスのツガイかな。

と勝手に想像していました。


DSCN2449_convert_20191201153350.jpg

(迷い込んだ2羽のヒシクイさんはツガイ!?)

追伸!🦢

『傷ついた白鳥』というテーマで

7日土曜日17時30分から報道特集で放送されました。


羽を怪我して夏越しを余儀なくさせられた

1羽のオオハクチョウさん。🦢


白鳥おじさんによって、

見守られ、お世話してきました。


羽を骨折した仔ですが、

換羽後に、若干、飛べるようにはなり、

田んぼの餌場へ降りていたところに、

数羽の飛来組に遭遇。


白鳥おじさんは、この夏越ししたオオハクチョウさんが

突っつかれるのではないか、とても心配でした。


しかし、この怪我をした仔を含め、

数羽で飛び立っていきました。


数時間後、仲間について行けず、

また独りぼっちになった夏越しのオオハクチョウさん。


今度は、

もう1羽この仔の前に、

また新たなオオハクチョウさんが現れました。


そして、

何度もこの夏越しのオオハクチョウさんに合わせて、

飛べる仔もタッチアンドゴーを繰り返したのですが、

もう飛ぶ力がなく怪我したハクチョウさんはついて行くことが

できませんでした。


怪我をしたハクチョウさんも野生なので、

自然の摂理に任せてヒトが手を出さない考えもあります。


しかし、困っている怪我したハクチョウさんを、

保護して見守っていく。🦢

ヒトと自然との共生も大切ではないかと、

あの白鳥おじさん心温まる姿を見ていて、

改めて思ったduck4です。


DSCN2096_convert_20191207230848.jpg

(アドちゃん&ルーちゃん!)

https://www.facebook.com/tbs.houtoku/posts/2802515536465211

報道特集の『傷ついた白鳥』のFCより!




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
🦢
スポンサーサイト



[2019/12/08 05:36] | 2019年12月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(8) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR