FC2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
群れでおしゃべりする滞在組のハクチョウさんたち!
ブロガーさんのういさんから

「七北田川のハクチョウさんたちは、

おしゃべりしているようですね!」

というコメントをいただいたことがありました。


確かに、朝行くと、

ちゃんやチンさんなんかは、

小声で「ク!」とあいさつしてくれます。


アドちゃん、ルーちゃんもです。


ミルクちゃんは、

両首を上下に振りながら「ク!コォ!」

と低音で鳴きます。


この仕草は、「どこかに行こうよ!」

というときに言います。


コハクチョウさんのティちゃんは、

duck4に、直接話しかけてはきません。


ただし、「ポ!ポ!」

とオオハクチョウさんと違う声調で

鳴きます。


DSCN6899_convert_20191003181340.jpg

(「ポ!ポ!」と鳴くティちゃん!)

まるで、

皆で、コミュニケーションをとっているかのようです。


ところで、今、読んでいる『鳥を博る』という本に、

このような一節があったので紹介します。


集団で越冬する群れや集団で渡りをする群れの中で、

小集団のなって、

なんとはなくいっしょにいる時間が長い相手は、

「そこにいても嫌いではない相手」

としてゆるやかに認識されて、

声や姿が記憶され、個別識別されていくようです。

そこでは、

ゆるやかでおだやかなコミュニケーションが成立します。



確かに、6羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

四六時中いつも一緒


ルーちゃんもアドちゃんに連れられて、

もう3か月もいるということは、

皆が嫌でないからだと居続けているということです。


時々、仲間たちが姿を見せなくなると、

チンさんやコハクチョウさんのティちゃんは、

大きな声で相手を呼びます。


DSCN6902_convert_20191003181651.jpg

(よく大きな声で鳴くチンさん!)

これって、相手を理解して、認識しているから

成り立つ仲間内でコミュニケーションなのかもしません。

(引用文献)

細川博昭著『鳥を博る なぜ鳥と人間は似ているのか』

春秋社(2016年)
186頁1行~4行引用。




にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト



[2019/10/05 05:42] | 2019年10月白鳥さんブログ | トラックバック(0) | コメント(4) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR