デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
オオハクチョウさんとコハクチョウさんの子ども!
サクラが開花した仙台。

そして、七北田川にもまだ12羽のハクチョウさんがいます。

そのうち2羽は、オオハクとコハクの子どもです。

そこには、6羽の滞在組。

羽をけがしているリクちゃん。

あのカップルのオオハクチョウさんもいます。


この日は、前日に、たくさん雨が降り、

今年に入って初めて川が増水していました。


DSCN0071_convert_20170412070239.jpg

(滞在組のシンちゃん!)

DSCN0070_convert_20170412070141.jpg

(ちょっと羽が土色に色しているアドちゃん!)

DSCN0077_convert_20170412071230.jpg

(羽をけがしているオオハクチョウさんのリクちゃん!)

DSCN0074_convert_20170412070525.jpg

(いつもより増水している川を泳いでいるティちゃん!)

ところで、2羽のハクチョウさんは、

duck4が「コォ!コォ!コォ!」と滞在組を呼ぶときのように白鳥語で話しかけても、

そばまでは近づこうとはしません。


ただ、結構、羽が白くなってきている子どものオオハクチョウさんは、

行こうか行かないか!?迷っている様子で、正直ためらっているようにも見えます。

一緒にいる3羽の子どもたちは、見かけず独りぼっちでいました。

そして、水中にいる食べ物でも探しているようでした。


DSCN0072_convert_20170412070339.jpg

(白くなってきている子どものオオハクチョウさん!)

DSCN0073_convert_20170412070430.jpg

(何か食べ物を探している子どものオオハクチョウさん!)

もう1羽の子どものコハクチョウさんは、

中州で羽繕いをしていました。

いつもは、もう1羽の子と一緒に行動しているのですが、独りぼっちでした。

もしかしたら、この子が、足をけがしているのかもしれません。

この子に対しても、「おいでよ!」と心の中で呼びかけているのですが、

全く、来る気配はありませんでした。


これは、duck4の意見ですが、

オオハクチョウさんに比べ、コハクチョウさんの方が警戒心が強いところがあるのではないか。

それは、あのおちびちゃん、ティちゃん、そしてこの子も然りですが、

なれなれしくすることはありませんでした。


ただ1羽、例外は、ツンドラYちゃんで、

見るとこちらへと近づいてきてくれました。


DSCN0080_convert_20170412070704.jpg

(もしかしたら足をけがしている子どものコハクチョウさん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト
[2017/04/13 05:03] | 続編・滞在組④! | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR