デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ナカヨシの斑ちゃんとチンさん!
早朝、いつもの定点観測ポイントにいたのは、

飛来組のコハクチョウさんとオオハクチョウさんの子どもたち。

昨日までいた、

あの黄色の斑点をクチバシに持ったオオハクチョウさんの家族は、

姿を現しませでした。

渡って行ったのでしょうか?


DSCF4460_convert_20170331072742.jpg

(20羽ほどハクチョウさんの群れがいた早朝!)

すると、ツンドラYちゃんが、群れから離れてduck4のところに近づいて来ました。

どうやら、まだ、居残っていたようです。

3月初旬からツンドラYちゃんのことは知っていて、

行くと、なぜかコハクチョウさんの中では、唯一、やって来てくれます。


DSCF4469_convert_20170331072818.jpg

(ツンドラYちゃん!)

すると、仲間の様子が、鳴き交しをはじめ、

ツンドラYちゃんは、戻って行きました。


そんな中、待ちきれなかった1羽の群れにいたコハクチョウさんがフライングをして飛び立って行きました。

しかし、後を追いかけてくる仲間がいなかったので、

また、戻って来たました。

それを2度ほど繰り返しました。


午前5時51分。

群れのコハクチョウさん18羽が一斉に、duck4の目の前を飛び去って行きました。

そこに残るのは、4羽の子どものオオハクチョウさん。

後から来た滞在組のアドちゃんとティちゃんのみでした。


そして、オオハクチョウさんの子どもたちも、

後を追いかけるように5時54分には、飛んで行きました。


DSCF4500_convert_20170331072858.jpg

(飛び去る群れのコハクチョウさんたち!)

しかし、滞在組の他も仔たちは来ませんでした。

やっと、遅れて、シンちゃんとミルクちゃんが到着しました。

けれども斑ちゃんとチンさんは、まだ来ません。

地元の方が、

「一緒に行動していたようだね!一緒の方がいいのに!」

とおしゃっていました。


そこで、上流まで探しに行くと、ちゃんとチンさんは、一緒にいました。

何か、2羽の時間を大切にしたかったのでしょうか?

そのあたりは、白鳥語で聞いてみたかったのですが、

実現できませんでした。


DSCF4531_convert_20170331072706.jpg

(チンさんと斑ちゃん!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト
[2017/04/01 05:03] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR