デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
対岸でじっとしているケガをしている子どものコハクチョウさん!
60羽ほどに減ってきましたが、例年よりもかなり多い七北田川です。

こんなにたくさんのハクチョウさんたちが、

3月下旬になってもいることに驚いています。


今朝も、いつもいるduck4にも慣れている

1羽の成鳥のコハクチョウさん。

クチバシがYの字模様をしているのでYちゃんとニックネームをつけている仔です。

いつも群れからも離れ単独行動していているようです。

この時には、周りに5羽の子どものハクチョウさんと一緒にいました。


独り身なようなYちゃん。

繁殖地へ行くのも急ぐ必要がないので、どことなくのんびりしています。

しかし、ここにやって来るコハクチョウさんには珍しく、

非常になれなれしいところがある仔でした。


DSCF3675_convert_20170320222152.jpg

(結構なれなれしいところがあるコハクチョウさんのYちゃん!)

そのおかげで、餌場へのお出かけの忙しい時間でありながらも、

duck4のそばに近寄って来てくれました。


その後、4羽の子どもたちを引き連れ、飛び立っていきました。

しかし、一緒にいたはずの1羽だけが取り残されていました。

どうしたことでしょうか。


もしかしたら、

この仔は、あのケガをした子どものコハクチョウさんだったのかもしれません。


夕方、近くの定点観測ポイントに行って見ると、

そこには、6羽の滞在組のハクチョウさんたちの他にも数羽いました。

しかし、対岸には1羽、全く動かないでいる子どものコハクチョウさんがぢべた座りをしていました。

おそらく、昨日duck4ブログで紹介したあの止血痕があった子だとすぐわかりました。


「コォ!コォ!」と白鳥語で呼ぶと、

その子は、振り向いてくれました。

ただし、浅瀬からは動けず、じっと座っていました。


ケガをしたのを見つけたのが、前の日。

それから何も食べないでいるのではないかと、心配でなりません。


DSCF3792_convert_20170320223111.jpg

(対岸の浅瀬に動かずにいるケガをしている子どものコハクチョウさん!)

この3月は、春の渡りの季節。

長距離を飛ぶ能力のない仔たちにとってはとても大変。

毎年のように、七北田川では、そんな仔たちと出会っているduck4です。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト
[2017/03/21 05:14] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(6) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR