デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
強がる両者!
ハクチョウさんは、結構、プライドが高いとことがあるようです。

そう思った瞬間は、2組の家族の小競り合いからです。

最初、2羽の子どもたちを連れた家族が、興奮状態になったと思いきや、

そのあと5羽の子どもたちを連れた大家族が、羽を広げて自分たちの存在を意思表示を始めました。


DSCF2156_convert_20170308205426.jpg

(興奮状態になる2羽の子どもを連れた家族!)

DSCF2157_convert_20170308205506.jpg

(大きな声で鳴き出す家族!)

こうなると、両者、意地と意地の張り合い

子どもたちの方が、親鳥よりもボルテージを上げ、

自分たちの方が強いんだとも言っているようでもあります。


DSCF2158_convert_20170308205540.jpg

(羽を広げて怒りをあらわす子どもたち!)

DSCF2159_convert_20170308205612.jpg

(両家族が!)

この時は、両者入り乱れましたが、

最終的には、引き分けに終わったようです。


ところで、この2組の家族ですが、

ずっと七北田川で越冬していたわけではありません。

2月下旬から3月に掛けて飛来して来ました。

おそらく、ずっと南の方で越冬していて、立ち寄ったのかもしれません。


DSCF2160_convert_20170308205641.jpg

(ボルテージがあがる両者!)

DSCF2161_convert_20170308205728.jpg

(両者入り乱れ!)

でも、両者、引かないところを見ると、

ここで、弱いところ見せてしまうと、繁殖地のシベリアで陣取りをするときにも影響するのではないか!?

ということもあり、強がって見せているのでしょうか。

これが、ハクチョウさんたちの健全な付き合い方のひとつなのかもしれません。


DSCF2165_convert_20170308205806.jpg

(引き下がる2羽の子どもを連れた家族!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト
[2017/03/09 05:44] | 続編・滞在組③! | トラックバック(0) | コメント(4) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR