fc2ブログ
デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
ついにマルちゃんとの別れ!
コハクチョウさんのマルちゃんとduck4が出会えた、

北海道浜頓別町の白鳥飛来数履歴によると、

5月10日現在33羽のハクチョウさんがまだ残っているようです。


そして、もうすでに、

ほとんどのハクチョウさんたちは、旅立って行きました。

ピークは4月29日の2,746羽でした。


ちょうどduck4が、マルちゃんと出会えた時にも1,000羽ほどの

ハクチョウさんたちがいたようでした。


さて、話の本題に入ります。

長時間、コハクチョウさんのマルちゃんをモデルにして写真を撮ったり観察していたら、

マルちゃんは、友人?仲間?それともお相手を連れてきてくれました。


でも、右後ろのコハクチョウさんは、マルちゃんに似ていて

そして足環もついていました。


とても似たもの同士のコハクチョウさん。

どっちがどっちか最初、見分けがつかないほどでした。


あまりに似ているので、またまた兄弟姉妹。

いや、お相手なのかもしれません。

これだけは、コハクチョウさんのマルちゃんに聞いてみないことにはわかりません。


DSCF0571_convert_20140511083353.jpg

(手前がたぶんマルちゃん!右後ろの足環をつけたコハクチョウさんはマルちゃんそっくり!?


でも、このマルちゃんの行動を見ている限り、

同じハクチョウさんよりも人の方に興味を持っていました。

どことなく、お調子者で商売上手でマイペースな性格の持ち主のようでもあります。

なぜなら、観光客が来ると、すぐそばに寄って来て、

パンをねだる仕草を見せます。


そうやって、ちょっとずうずうしくも愛嬌を振りまく処世術ももっているマルちゃんでした


そんな、マルちゃんもduck4とのお別れを察したのか、

数羽のハクチョウさんを連れてきて、

何かを語りかけているようでもありました。


そして、ついに、マルちゃんとの別れのときがやって来ました。


duck4がその場を離れると、

マルちゃんもまた、どこかへと歩いていて消えていきました。


きっと、今頃は、マルちゃんとそのコハクチョウさんの仲間たちは、

宗谷海峡を越えて、サハリンを旅していることでしょう。


たぶん、また5ヶ月後には、

マルちゃんはクッチャロ湖に帰ってくることを信じているduck4であります。


DSCF0572_convert_20140511084708.jpg

(立ち去ろうとするコハクチョウさんのマルちゃん!

(参考ホームページ)

『2013年秋~2014年春白鳥飛来数』浜頓別町ホームページより!






にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

スポンサーサイト



[2014/05/11 08:44] | ハクチョウさん・レポート | トラックバック(0) | コメント(12) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR