デンマーク留学&ヒュッゲな人生の楽しみ方
生涯教育の学校、フォルケホイスコーレへのデンマーク留学体験をもとに、一冊の本にまとめたお話。
勇ましい斑ちゃんのお顔!
アドちゃん、ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)、ティちゃんなどが

duck4のそばに近寄ってくるのが、

リーダーのちゃん。

そして、真ん中に居座り続けます。


DSCF6781_convert_20161205080831.jpg

(duck4を見つめる斑ちゃん!

きっと、斑ちゃんは、こんなことを思っているのかもしれません。

それを、代弁すると、

「ウア!ア!アー!わたしは...」

「滞在組の斑!」

「滞在組のリーダーをしているよ!」

「コォ!コォ!コォ!」

と心の中で語っているようでした。


DSCF6783_convert_20161205080902.jpg

(心の中で何か叫んでいるような斑ちゃん!

あのつぶらな瞳とクチバシの模様がとても特徴的なリーダーの斑ちゃんに見つめられると、

いかつく勇ましいお顔に見えます。

このときは、優しい穏やかな表情をしていましたが

やはり、仲間うちの中では、一番、怖い顔をしていると思います。

クチバシが影響しているからなんでしょうか。


DSCF6784_convert_20161205080931.jpg

(クチバシの色が独特なので怖く見える斑ちゃん!

そんなことを斑ちゃんに言ったら、

怒られてしまうかな。


いや、これは、ある程度リーダーは、

この滞在組の群れを引っ張っていかなければならないので、

怖いくらいがちょうどいいのかもしれません。


けれども、ハクチョウさんたちの美顔って、どんな顔なんでしょうか。

斑ちゃんを見ていて、とても気になりました。


DSCF6786_convert_20161205081013.jpg

(滞在組のリーダーの斑ちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
スポンサーサイト
[2016/12/06 05:55] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(8) |
アドちゃんの自我!
暖かい週末。

一月ほど季節が逆戻りしたようです。

いつもの浅瀬に下りて、近づくduck4。

ここにいると、近くで滞在組に出会うことができます。

そして、ひたひたと近づくアドちゃん。

もう慣れているので、何もなければ来てくれます。

カワイイ仔です。


DSCF6771_convert_20161204175115.jpg

(アドちゃん!

2歳半になったアドちゃん。

近頃、変化も見られるようになりました。

それは、ハクチョウさんとしての自我が芽生えてきたことです。


例えば、自分よりも大きな相手に対しても、

長い首を前かがみにしながら

「クォ!クォ!クォ!」とまだ、ちょっとひしがれた声ですが、

5羽をまねるかのように大きな声を上げるようになりました。

まだ、様にはなっていませんが。


DSCF6778_convert_20161204175318.jpg

(追い払いも様になってきたアドちゃん!

以前までは、ただ大きな相手に対しては、ただ逃げるだけでした。

でも、斑ちゃんたちと2年も一緒にいると、

いろいろ学んだのでしょう。


ただ、いつも追い回されるだけのアドちゃんでしたが、

そろそろ大人のハクチョウさんになりつつあるのかもしれません。


DSCF6792_convert_20161204175027.jpg

(ハクチョウさんとしての自我も芽生えてきたのかな!?



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/12/05 05:36] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
日没後の大沼にて!
早速、100円ショップで買ってきた

カウンターを使ってハクチョウさんを数えてみることにしました。

その場所とは、仙台市にある大沼。

1羽いると、カチャ!

3羽いると、カチャ、カチャ、カチャ!と音を鳴らしながら

218回という数字のところで、数えるのをやめました。


日没後、10羽単位で、近くの田んぼから戻ってくる

ハクチョウさんたち。

時には、コォ!コォ!コォ!と羽をバタバタさせながら、

相手に向かってケンカになる仔たちもいました。

いっぱい食べてお腹がいっぱいで体も大きいので、

とても迫力がありました。

DSCF6702_convert_20161203205612.jpg

(日没後、大沼で羽を休めているハクチョウさんたち!

そして、あたりが真っ暗になったころ。

今度は、オナガガモさんたちのカモさんたちに動きがありました。

一斉に100羽単位で飛び立っていきました。

ハクチョウさんたちと入れ替わり、

今度はカモさんたちの方が、餌場に出かける番だったようです。


DSCF6703_convert_20161203205909.jpg

(出発前のカモさんたち!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/12/04 05:53] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
斑ちゃんのお顔!
斑ちゃんのお顔!

多くの飛来組のハクチョウさんがやって来ると、

この大橋で待っている7羽の滞在組のハクチョウさんたちです。


DSCF6655_convert_20161202091612.jpg

(近づく7羽の滞在組!

この日は、7羽のみだったので、

いつもよりものんびりしているようでした。


前日、クチバシ近くの顔の辺りが、

灰色に変色していたリーダーの斑ちゃん。

この日には、また白いいつもの姿に戻っていました。


カメラを向けると、「何。これ!?」といった表情で突っつこうとします。

そして、何か、duck4のところをじっと見つめているようでもあります。


カメラを何と思ったいるのでしょうか。

斑ちゃんに聞いてみたいところですが、

そこまでの白鳥語ができないので、断念しております。


DSCF6657_convert_20161202091537.jpg

(どんなことを思っているのかな!?斑ちゃん!

追伸!

100円ショップに入ったら、

数を数えるのに便利なカウンターが売られていました。


早速、購入。

これを使って定点観測ポイントのハクチョウさんたちを数えようとしますが、

ペンと鉛筆、カメラに双眼鏡と一緒に持たなければならないので、

結構大変でした。


皆さんは、カウンターを持っていますか。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/12/03 05:08] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
擦り寄るミルクちゃん!
浅瀬になっていたので、下りて行くと、

すりすり擦り寄る1羽のハクチョウさん。

それは、ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)でした。


その後ろには、恨めしそうに、見つめるアドちゃんの姿。

でも、そんなことは、どうでも良いといった感しでのミルクちゃんです。


DSCF6592_convert_20161201081111.jpg

(目の前にはミルクちゃん!後ろでは恨めしそうに見ているアドちゃん!

DSCF6597_convert_20161201081211.jpg

(そばから離れようとはしないミルクちゃん!

結構、ミルクちゃんは、duck4にも慣れていて、

クチバシで突っつくこともあります。

それも、視線を外しているときに限ってです。

これも、コミュニケーションのひとつと思って見ています。


DSCF6600_convert_20161201081247.jpg

(突っついてコミュニケーションを図るミルクちゃん!

大きな瞳で見つめられると、

可愛くて仕方ありません。

ヒトのように表情筋は、発達していないハクチョウさんですが、

何か、楽しげに見つめているように思えるのは、

duck4だけなんでしょうか。


DSCF6599_convert_20161201080524.jpg

(ミルクちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/12/02 05:15] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(6) |
あの黒いしみは何!?
翌日には、

シンちゃんのあざのようなコブは、

消えていました。


何だったのでしょうか。


考えられることは、川にクチバシを突っ込んで、

探すことが多いので、その時に付着した泥のようなものなのかもしれません。


原因は、わかりませんが、

いつものお顔に戻ったシンちゃんにほっとしました。


DSCF6590_convert_20161130085045.jpg

(すっかりあざがなくなったシンちゃん!

DSCF6522_convert_20161129085635.jpg

(前日にあったシンちゃんのしみ!

そして、同じようなことが、

リーダーのちゃんにも現れました。

クチバシの近くの顔のところの白い羽毛が

墨汁でも落としたかのように、黒く変色していました。


目と目の間ですが、黒くなっていると思います。

カメラに向かって身を傾ける斑ちゃん。


DSCF6594_convert_20161130084930.jpg

(白い羽毛が黒く変色しているリーダーの斑ちゃん!

好奇心をもって、クチバシのそばに向けてきた斑ちゃん。

どんな思いでレンズを覗き込んでいたのでしょうか。

これだけは、聞いてみないとわかりません。


DSCF6595_convert_20161130085005.jpg

(カメラに好奇心を示すリーダーの斑!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/12/01 05:41] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
シンちゃんの顔に!
滞在組のシンちゃん。

体が細くても食欲がある仔。

給餌の後も、水中の沈んでいる食べ物を探しています。


ただ、この日はいつもと様子が違うところがありました。

それは、クチバシと顔のところに灰色のあざのようなものが見えます。

何か、コブのようにも見えます。

もちろん、シンちゃんはコブハクチョウさんではなく、

オオハクチョウさんです。

どうしたのでしょうか。


DSCF6522_convert_20161129085635.jpg

(シンちゃんのに灰色のあざのようなものが!

DSCF6527_convert_20161129085539.jpg

(どうしたのでしょうか!?シンちゃん!

思い当たる原因は、わかりませんが、

給餌をされる方も、すぐ見て気づくほどのものでした。

何でもなければ良いのですが。


この日も食欲があったので、大丈夫だとは思うのですが、

少し心配になったduck4であります。


DSCF6530_convert_20161129085452.jpg

(早く良くなってシンちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/30 05:47] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
いつも2羽の子どもだけ!
いつも2羽の子どもだけ!

ネルソンさん一家は3羽の子どもたちだけを連れています。

来た時には5羽を連れていたのですが、

2羽はどうしたのでしょうか。


ところで、最近、2羽の子どもだけで行動している

まだ羽の灰色の幼鳥がいます。

どの親にも属さずに、いつも2羽。

もしかしたら、ネルソンさん一家の子どもたち。

でも、確認する術はありません。


DSCF6368_convert_20161128090646.jpg

(親たちとは一緒でない2羽の幼鳥!

いつも給餌している地元の方も、

この2羽は、ネルソンさん一家の子どもではないかとも

話していました。

duck4もそう信じたいところです。

他にも、1羽でいる迷子ちゃんもいます。

そんな子どもたちを見ていると、

どうか、この冬を乗り越えて、生き抜いて欲しいと願っているduck4であります。


DSCF6371_convert_20161128090720.jpg

(いつも中州周辺を2羽でいるオオハクチョウさんの幼鳥!

追伸

今年も、実業団の女子駅伝がありました。

ハクチョウさんたちがいる七北田川にかかっている橋を、

女子ランナーさんが走っていきました。

沿道では、たくさんのヒトたちが声援を送っていました。


DSCF6419_convert_20161129075555.jpg

(駅伝!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/29 05:00] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
給餌はリーダーをつくるのか!?
とある早朝。

ちゃん、チンさん、コハクチョウさんのおちびちゃんは、3羽で行動。

オオハクとコハクと関係なく、一緒にいることが多いです。

お互い波長が合うのでしょうか。


ただ、給餌されるときは別。

リーダーのちゃんが、順位が1位

チンさんは、第3位。

おちびちゃんは、第5位なんです。

滞在組の中では、順位は、生きていく上で大切な要素のひとつになっているように思われます。


DSCF6406_convert_20161127101727.jpg

(斑ちゃん、おちびちゃん、チンさん!

ところで、このようなことを裏付けることが、

ニホンザルさんの世界でも、あるようです。


それは、野生の場合、ボスいないということ。

野生のニホンザルは、メスを中心に助け合って厳しい自然を生き抜いているそうです。

オスというと、群れを移動しながら生きているとのことが、

長年の観察と研究からわかった。


ただし、給餌を受けているニホンザルさんたちは、

仲間内での順位が存在しています。

餌を独り占めしてしまう強いオスのお猿さんが、

その群れのボスとなるようです。


なにか、この話を知って、

給餌を受けている滞在組のハクチョウさんとサル山のお猿さんは、

ボスの存在という共通点があるように思えてなりません。


毎日、給餌を受けているということで、

滞在組の7羽のハクチョウさんの世界では、

一番強いものが食べ物を独占できるものがリーダーとなっています。

それが、ちゃんなのかもしれません。


DSCF6412_convert_20161127101635.jpg

(野生のニホンザルにはボスは存在しないが...!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/28 05:57] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(6) |
アドちゃんの羽も凍る寒さ!
この日の早朝は、

マイナス1.6度まで下がった仙台。

11月でここまで下がることは、驚きです。


川を泳いでいたアドちゃんが、

いつも間にか、コンクリートを上がってきて、

duck4のそばにすりすり近づいて来ました。


DSCF6300_convert_20161126083015.jpg

(上がるアドちゃん!

DSCF6301_convert_20161126082941.jpg

(近づくアドちゃん!

そこで、一言。

"MAY I TOUCH YOU? ADO."

「さわってもいい。アドちゃん」

と英語で話しかけてみました。


すると、アドちゃん。

「ク!ク!ク!」と鳴いてもいたので、

早速、羽を触ってみました。


DSCF6303_convert_20161126083328.jpg

(そばにいるアドちゃん!

アドちゃんの羽は、しゃりしゃりシャーベット状に凍っていました。

何度かタッチしてみましたが、

すぐに氷が融けませんでした。


これから、もっと寒くなるのに、

冷たい川の中に浮かんでいれらる

ハクチョウさんは、すごいと思いました。


DSCF6305_convert_20161126083111.jpg

(羽が凍っていたアドちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/27 05:05] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
塒入りするハクチョウさん!
塒入りするハクチョウさん!

とある日の夕方。

餌場からハクチョウさんたちが戻って来ます。

数えてみると、約1キロメートルの七北田川には、約60羽ほどいました。

すると、日没後も「コォ!コォ!」と仲間うちで鳴き交しながら

こちらに戻ってくる仔たちがいました。


着水すると、仲間たちが「コォワ!コォワ!コヮワ!」とけたたましく騒ぎ立てます。

元気な仔たちは、取っ組み合いのケンカもするものもいます。


DSCF6232_convert_20161125080040.jpg

(最終着陸のハクチョウさんたち!

DSCF6235_convert_20161125080117.jpg

(旋回中!

DSCF6237_convert_20161125080156.jpg

(高度を下げるハクチョウさん!

今シーズンは寒くなるのが早く、

北海道から南下してきているハクチョウさんが多いように思われます。

この日は、66羽が確認でき、うち11羽はまだ羽の色が灰色の幼鳥でした。

子どもの飛来が多いようにも感じます。

皆さんのところはいかがでしょうか。


DSCF6238_convert_20161125080235.jpg

(子どもたちを4羽連れているネルソンさん一家!

台湾の航空会社が! 

旅先や海外などで、突然、航空会社が破綻。

そうなったら、あなたならどうしますか。


話は変りますが、釧路にいるタンチョウさんに会いに行った時に天候が悪化。

札幌便が欠航になり足止めをくい、宿泊先も探し、

翌日、羽田便に乗ってduck4が、帰ってきたことがありました。

大手の航空会社だったので、振り替えの手続きもスムーズでしたが、

これがLCCで、それも海外だったら、

すべて自分で帰りの便も手配して帰国しなければならなくなります。


旅は、必ずリスクはつきもの。

特に、冬の北海道で悪天候に巻き込まれると、

トラベルでなくトラブルになってしまい。


ところで、数日前。

台湾の航空会社の復興航空(トランスアジア航空)の解散。

との発表がされ、運航停止になりました。


台湾では、最も歴史の古い民間航空会社で、

10月から仙台空港にも就航したばかりだったので、驚きました。


しかし、この会社は、2014年、2015年と2度の大きな事故を起こしたこと。

また、中国からの観光客が減ったことで、搭乗率も低下が原因になったとも言われています。


ところで、この復興航空は、機内食も提供してました。

しかし、ⅤエアというかわいいクマさんのキャラクターのLCCも立ち上げましたが、

10月に、突然、運航停止したところでした。

すべてが、裏目にでて、破綻したようです。


台湾は、新幹線が開通したことで、国内線は縮小。

人口規模のわりに、航空会社が乱立していたことも災いになったようです。

今後は、中華航空が事業を引き継ぐそうですが、

仙台と台北を結ぶ路線もあっただけに、ちょっと驚きました。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/26 05:51] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
リーダーの斑ちゃんからのオーラ!
他の滞在組の仔たちはいたのですが、

リーダーの斑ちゃんだけはいません。

どこに行ったのでしょうか。


もちろん、白鳥語で聞いてみても、

誰からも答えてくれませんでした。


すると、20羽ほど飛来組が集まっていたところに、

たった1羽ちゃんが、

duck4の姿を見るとすぐ寄って来てくれました。


どうやら、duck4のことをわかっているんです。

とても嬉しくなりました。


すると、突然。

斑ちゃんは、両羽を半開きしました。

これは、なにか怒っているときに、よくやるポーズです。

それは、まわりにいる飛来組へ対しての怒りの表情だったのでした。


「これより近くに寄るな。」

とでも、体で示してたった1羽で威圧しているようでした。


DSCF6196_convert_20161124080914.jpg

(斑ちゃん!

DSCF6197_convert_20161124080947.jpg

(仲間たちから離れて独りでいる斑ちゃん!

DSCF6198_convert_20161124081019.jpg

(両羽を半開きの斑ちゃん!

そんな、姿に、他の飛来組も気づいてか、

近づくのを躊躇していました。


リーダーの斑ちゃん。

最近、お年のせいかケンカも弱くなってきて、

自分よりも一回り以上、体の大きな仔たちと一線を交えると負けてしまうことが多くなりました。


けれども、あのクチバシの黒い斑点とにらみつける視線には、

まだまだ、威厳というも感じます。


なにか、滞在組のリーダーのオーラー

周りには、漂わせているところがあります。


DSCF6201_convert_20161124081306.jpg

(怒りのポーズの斑ちゃん!

DSCF6203_convert_20161124081120.jpg

(周りへの威嚇をする斑ちゃん!

DSCF6206_convert_20161124081155.jpg

(一回りも大きな飛来組をバックにして羽を広げ怒っている斑ちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/25 05:17] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
迷子ちゃんがまた!
いつものところに7羽いるのですが、

よく見ると、茶色の羽を身にまとった子どものオオハクチョウさんがいました。

そして、滞在組のうちコハクチョウさんのティちゃんはいませんでした。


でも、この子どものハクチョウさん。

どうやら、迷子になったようで、滞在組のところに迷い込んだようです。


早速、あのアドちゃんがこの迷子ちゃんをクチバシを前に突き出して追い払おうとしていました。


もしかしたら、

あの11月10日のduck4ブログ「迷子のオオハクチョウさん」で紹介した子だったのかもしれません。


DSCF6147_convert_20161123081610.jpg

(7羽のハクチョウさんたち。でも...!)

その後、この迷子ちゃんは、会っていないので、

どこに行ってしまったのでしょうか。

親鳥に再開できれば良いのですが。


DSCF6148_convert_20161123081540.jpg

(アドちゃんに追い払われる迷子ちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/24 05:17] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
津波警報!/たくさんのカワウさん!
津波警報!

津波警報が発令。

そんな大きな地震が福島県沖で発生。

やはり、一番、心配だったのは、福島にある原子力発電所のこと。


90分間の冷却停止というニュースを耳にすると、

世界一の安全な基準と言われれば言われるほど、

何か不安に思えてなりませんでした。

あの3.11の震災のことが脳裏によみがえりました。


また、こちらでは、警報を知らせるサイレン音が鳴っていました。

あとで、わかったのですが、

何度かduck4ブログで紹介した多賀城市内を流れ砂押川では、

津波が逆流したそうです。


あそこには、ハクチョウさんたちも越冬していることがあるので、

ちょっと心配になりました。


七北田川の滞在組のハクチョウさんの多くは、

あの3.11の東日本大震災を経験したいるものもいるので、

飛べなくても、なんとか、冷静に行動していたのではないかと信じていたduck4であります。


DSCF6221_convert_20161123080331.jpg

(いつもは穏やかな砂押川を逆流する津波!)

たくさんのカワウさん!

いつもの定点観察ポイント。

カメラを向けると、一斉に飛び立つ黒い鳥さんたち。


彼らは、カワウさんです。

秋から冬にかけて大群にやって来ます。


DSCF6012_convert_20161122080859.jpg

(いつものところにはたくさんの黒い鳥さんたち!)

このカワウさんですが、

釣りをするヒトからはとても嫌われています。

魚をすべて食べてしまうから!?

というのが、その理由だからです。


ただ「魚が減るのはカワウさんのせい」という説だけで

それを立証するだけの科学的な根拠があるのかな。

とカワウさんのことを代弁したくなったduck4であります。


もし、魚さんたちを食べ尽くしてしまったら、

ここまで、カワウさんは増えないはずだからです。


DSCF6014_convert_20161122080936.jpg

(飛び立つカワウさん!)

魚が棲みやすい環境になり増えたことで、

カワウさんたちも増えたのではないか。

つまり、川の環境が改善されているのではないかと、

duck4なんかは思っております。


DSCF6015_convert_20161122082000.jpg

(タッチ&ゴーを繰り返すカワウさん!)

例えば、この七北田川でも、

ウグイもたくさん泳いでいるのをよく見かけます。

また、この秋には、サケも遡上していました。


清流になると、魚さんたちは、棲みにくいと言われています。

この2年、川の水質をCODキットを使い検査をしていますが、

0.5ppmと汚れている結果が出ました。

なので、お魚さんたちには、汚れていることで、

程よく棲み良い環境になったのかもしれません。


ただ、白い大きな鳥のハクチョウさんが通年いて、

その滞在組のハクチョウさんたちが、

泥水で汚れている姿を見ると、

やはり七北田川は汚れているという実感になります。


DSCF3648_convert_20161004091620.jpg

(顔が泥で汚れているチンさんの写真!

ところで、こんな新聞記事を見つけました。

ヨシは、川の水をキレイにしてくれます。

そこにカニさんなども棲みついて鳥さんたちの餌にもなります。

ただ、ヨシ原が広がり、50パーセント以上広がると、

洪水のときには水が流れなくなり悪影響になるとのこと。


この七北田川でも、川の流れをよくするために、

工事が進行中で、まわりがコンクリート護岸になっているところが多くなってしまいました。

そんな風景を見ていると、生き物が生きていけるのかと思ってしまいます。


DSCF6144_convert_20161121080141.jpg

(「「邪魔物」ヨシの果たす役割 水を浄化 餌の供給源に」の新聞記事!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/23 05:24] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(10) |
真正面のミルクちゃんとチンさん!
ハクチョウさんたちが真正面からの写真は、結構、至難の業。

「こっちを見て!」と言って、

お願いしないと、なかなか向いてくれないようです。

ハクチョウさんとduck4とのあうんの呼吸が必要になります。


よく、duck4の願いに答えてくれるのが、

ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)とチンさん。


特に、ミルクちゃんは、すりすり擦り寄って、そばにいてくれます。

寝顔もOKという寛大なところもあります。

でも、一番、写真移りがいいです。


DSCF6043_convert_20161121075113.jpg

(真正面を向いてくれたミルクちゃん!

DSCF6044_convert_20161121075141.jpg

(カメラ写りを気にしているようなミルクちゃん!

チンさんは、結構、ひょうきんなお顔を撮らせてくれます。

ヒト懐っこいところもあり、

duck4のそばにも近づき、じっとカメラを覗き込んでくれることがあります。

好奇心が強いでしょうか。


DSCF6045_convert_20161121075214.jpg

(カメラに興味を示すチンさん!

ところで、もう、七北田川も晩秋になってきて、

例年よりも冬の訪れが早いような感じを受けます。


そして、チンさんの首周りの羽毛も広がってきて、

ふっくら膨らんで見えます。

まるで、マフラーを巻いているようでもあります。

これは、チンさんの体質なのかもしれません。


DSCF6046_convert_20161121075243.jpg

(ふっくらとしたチンさんの首周り!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/22 05:42] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
滞在組と飛来組の勢力範囲!
滞在組と飛来組の勢力範囲!

午前中に飛び立った6羽のネルソンさん一家

夕方には、戻って来ました。


日中、どこか、

争うごとを好まない親鳥は、

子どもたちと共に、餌場にお出かけしていたのでしょう。


DSCF6008_convert_20161120114824.jpg

(争いごとを好まないネルソンさん一家!

冷たい雨が降りしきる夕方。

7羽の滞在組のハクチョウさんたちは、中洲にいました。

今のところ、まだ、自分たちの縄張りは、守りきってようです。

頭数でものを言わせているのでしょう。


また、3年連続して確認しているスミスさん一家

こちらは今シーズン、子どもがないので夫婦のみでの飛来。

スミスさん自体は、強いのですが、ただ2羽のみなので、

勢力的には、落ちてしまうところがあります。

そのことをスミスさん自信も意識して自嘲しているようです。


DSCF5972_convert_20161120114747.jpg

(自嘲しているスミスさん夫妻!

最近の七北田川の滞在組と飛来組の状況は、

今のところ、7羽いる滞在組が、最大多数派の勢力を誇っているので、

縄張りを守っているようにも見えます。


DSCF6021_convert_20161120114912.jpg

(今のところ勢力を保っている7羽の滞在組!

どうなる北海道の鉄道!

JR北海道で、3路線が廃止対象

そのうち、雄大な自然を堪能できる

新得から狩勝峠を越えて富良野までduck4も乗ったことがある

根室本線もです。


そして、今年の夏。

北海道を直撃した台風の被害で、

鉄路が寸断されたままになっています。

その中での廃止検討のニュースでした。


ところで、北海道は、面積も広く、冬の自然環境も厳しく、過疎地域でもあること。

また、近年の高速道路の整備により、鉄道離れも進んでいるのも事実かと思われます。


ただ赤字で乗らないから廃止すべきなのか。

それとも、存続すべきなのか。

存続には、線路の維持費をどうするのか。

などなど、いっぱい問題があります。


例えば、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンなどの北海道の農産物。

貨物列車で我々の食卓まで今のところは運んでいるようです。

ただ、もし廃止されたとしら、トラック輸送になります。

業界も人手不足で、運搬コストも高くなることも十分考えられます。

ヒトが乗らないから、廃止になれば、またいろいろな問題も生じてきます。


北海道の鉄路の廃止検討のようなことは、

これから日本全国どこでも起きておかしくないこと。

どのように、過疎地域の鉄道を守ってくのかが大きな宿題のように、

duck4には思えるのであります。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/21 05:05] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
ネルソンさんと命名!
ネルソンさんと命名!

あの4羽の子どもを連れた家族に名前をつけよう。

そう思い立ったduck4。


何にしようかとふと思いついたのが、

ネルソンさんでした。


DSCF5893_convert_20161119121235.jpg

(前に6羽いるオオハクチョウさんがネルソンさん一家!

南アフリカで初めて黒人大統領になった方。

フランスとのナポレオン戦争で勝利を収めた英国提督が、

同じ名前です。


ところで、オオハクチョウさんのこのネルソンさん一家ですが、

来たばかりの頃には5羽の子どもがいたのですが、

突然1羽減り、

4羽になりました。


でも、ナカヨシ家族で親子はいつも一緒。

親鳥は、そんなに強いというわけではないのですが、

4羽の子どもたちの方は、その分しっかりしています。

滞在組にも動じていない、怖いもの知らずのところがあるようです。


ネルソンさんのパパとママなんですが、

大きな体をした親鳥。

小さな体をした親鳥がいます。

どっちが、パパとママなのかは、もちろん、わかりません。


ただ、いつも見ていると、

子どものそばにいるのが小さな体をした親鳥です。

また、小さな体の親鳥の方が、

duck4を見るなり「ウー!ウー!」と犬がうなるように鳴きます。


体の大きさからすると、小さい方がメスなんでしょうが、

性格的には、小さい親鳥の方が、強そうなネルソンさん一家であります。

そして、体の大きなハクチョウさんの方が、ちょっと臆病な感じがします。


ネルソンさん一家の集合写真を撮りました。

皆、いい顔をしていました。


DSCF5896_convert_20161119120826.jpg

(ネルソンさん一家の集合写真!

DSCF5896_convert_20161119120826.jpg

(いつも親子一緒のネルソンさん一家!

鳥インフルエンザが秋田の動物園で!

秋田の動物園で、

コクチョウさんが鳥インフルエンザにかかり、

あの世に旅立ってしまいました。

今シーズンは、ドイツでも発生。

また、韓国でもというニュースが入って来ました。


やはり、心配です。

七北田川にも、ただいま30羽ほどのハクチョウさんがいるからです。

7羽の滞在組は、ずっといましたが、インフルエンザにかからないことを願うのみです。


DSCF5999_convert_20161119121715.jpg

(鳥インフルエンザを報じる河北新報の記事!

kokutyou1_convert_20161119122815.jpg

(【写真はHPより】鳥インフルエンザにかかり天国へと旅立ってしまったコクチョウさん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/20 05:03] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
初氷でも元気な滞在組!
七北田川でも霜が降りたのでしょうか。

いや、それよりも寒くなり、

今シーズン初めての初氷


ハクチョウさんたちの背中も、うっすら凍っていたようです。

でも、この暗いの寒さをものともせず、

早朝から元気に鳴き出していました。


そのうちの1羽は、リーダーのちゃん。

近づいてカメラを向けると、クチバシを伸ばしポーズを取ってくれました。

独特な黒の模様。

きりっとした瞳。

まだまだ、滞在組のリーダーの座は、

他の仲間には譲らないといった風貌威厳さも醸し出しています。


DSCF5919_convert_20161118081422.jpg

(カメラに視線をやるリーダーの斑ちゃん!

ちゃんと、たわむれていたときには、気づきませんでしたが、

背後に人影。いやハクチョウさんの影が。

それは、あのアドちゃんでした。

すりすりとすり寄って来てくれました。


DSCF5924_convert_20161118081316.jpg

(すり寄るアドちゃん!

もう他の滞在組のハクチョウさんからも

アドちゃんがduck4のそばで居続けることを公認扱いになっているようで、

上がってきて追いまわそうとする仔たちはいなくなりました。

それを知ってか、アドちゃんは、最近、ずうずうしくもなってきています。


DSCF5925_convert_20161118081235.jpg

(ずうずうしくなってきたアドちゃん!

振り向くと、下流の方から泳いで来たハクチョウさんの群れ。

それを警戒し始めた5羽の滞在組。

リーダーの斑ちゃんを筆頭に、チンさん、おちびちゃん、シンさん、ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)までも、

大きな声で「コォ!コォ!コォ!」と騒ぎ出しました。

縄張りを守る雄叫びがはじまりました。


DSCF5927_convert_20161118081149.jpg

(近づく影に気づくアドちゃん!

DSCF5928_convert_20161118081115.jpg

(騒ぎ出す5羽の滞在組!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/19 05:16] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
安心しきった仲かも!
安心しきった仲かも!

アドちゃんとティちゃんです。

この時は、コンクリート堤防を上がって来たアドちゃん。

一方の水かきを前に出していました。

なんだか、とても、かわいく感じました。


DSCF5839_convert_20161117075618.jpg

(片方の水かきを前に出してポーズを決め込んでいるアドちゃん!

ティちゃんは、滞在組のオオハクチョウさんの中で一番弱いことを知ってか、

アドちゃんと一緒にいることもあります。


DSCF5838_convert_20161117075547.jpg

(アドちゃんとティちゃん!

時々、アドちゃんが、先輩風を吹かせて、追い払う仕草をしますが、

コハクチョウさんのおちびちゃんのようにしつこくないので、

ティちゃんは、ちょっと、なめているところもあるようです。

なので、安心できるのかもしれません。

そんな様子が、この2羽から、伝わってきました。


DSCF5840_convert_20161117075706.jpg

(安心しきっているアドちゃんとティちゃん!

あんぽ柿つくり始める!

今年も、あんぽ柿をつくりを始めました。

昨シーズンの秋は暖かかったこともあり、干していた柿からカビが発生。

多くをダメにしてしまいました。

その反省もあり、11月中旬に干すことにしました。

今週末もまた、気温が上がるとのこと。

ちょっと、心配もしているところのduck4でもあります。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ

[2016/11/18 05:47] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
あのスミスさんたちが来日!
見慣れたあのオオハクチョウさんが

今シーズンも七北田川に戻って来ました。

それは、あのスミスさんたちです。


DSCF5814_convert_20161116080007.jpg

(あのスミスさん一家が!

昨シーズンは、2羽の子どもを連れていたのですが、

今シーズンは、子どもはゼロ

夫婦のみ来日でした。


DSCF5816_convert_20161116075821.jpg

(2羽のみでの来日!

クチバシと顔の境目に黒い線があるので、すぐ、わかった

体の大きなスミスさんパパ

鳴くとひときわ声もでかく、周りには威圧感を発していました。


ただ、子どもがいないので、昨シーズンよりパワーは半減ですが、

まだまだ侮れない存在です。


DSCF5817_convert_20161116075900.jpg

(クチバシと顔の境目の黒い線があるスミスさん!)

滞在組も、毎年のように来ているスミスさんのことを知ってか、

攻撃をせず、距離を保つようにしているようです。


今、七北田川には、30羽ほどのハクチョウさんたちがいて、

うち、子どもたちが7羽ほどいるようです。

もしかしたら、スミスさんたちも、

この冬をここで越すことも十分考えられる季節になってきました。


DSCF5818_convert_20161116075932.jpg

(スミスさんたちもここで越冬するのかな!?



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/17 05:48] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(12) |
子どもが5羽から4羽になった家族!
子どもが5羽から4羽になった家族!

あの5羽の子どもたちを連れていた家族

翌日、1羽子どもが、減っていて、4羽になっていました。


いつも給餌している方の話によると、

「その日の夕方には、4羽になったよ!」

とのこと。


どうやら、1羽だけ、

なんらかの理由ではぐれてしまったようです。


「どこかで生きていれば!」

と心の中で言い聞かせていたduck4です。


DSCF5761_convert_20161115083834.jpg

(4羽の子どもだけ!?

そして、この朝もまた滞在組とニアミス

親鳥は、おとなしい性格で、ケンカにも負けてしまったので、

敢えて、距離を保って避けているようでした。


DSCF5772_convert_20161115084000.jpg

(おとなしくて優しい親鳥でもケンカになると...!?

ただ、子どもたちの中には、

滞在組の周りを泳ぎ、動じない姿勢を示していたものもいました。

親はやさしく、子どもたちは、強いオオハクチョウさん家族のようです。


そして、飛来してから、ずっといてくれるので、

そろそろこの一家に名前でもつけようと思っているduck4であります。


DSCF5764_convert_20161115083909.jpg

(結構、動じることがない子ども!

DSCF5775_convert_20161115084026.jpg

(4羽の子どもになった家族!?

民営化された空港の需要を増やすのには!

仙台空港⇔福島・会津若松間を1日3往復の高速バス運行開始。

なぜか、こんなニュースがあるとワクワクするduck4。

それは、地図を見たり、地理が好きだからなんでしょう。


ところで、東北地方は、まだまだ、観光後進地域。

これから、どのようにアピールして、多くのヒトたちに来てもらうかの段階なのです。

しかし、他県と結びつきも弱く、今までは、あまり成果をあげられていませんでした。


特に、そう感じたのは、

鹿児島県出水市のツルさんたちに会いに行った時こと。

九州全土をバス3日間乗り放題のパスを買って

北九州空港から出水までバスを乗り継いで行けました。


もし、乗り放題パスを使って、

日本人が東北をバスで旅をしようとしたら、便利なのですが。


民営化された仙台空港。

これから、もっと各県庁所在地にバスで結ばれる便利なのですが。

それは、いつのことになるのでしょうか。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/16 05:11] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
7羽と滞在組VS7羽の家族!
早朝の七北田川。

約30羽ほどのハクチョウさんがいました。


7羽の滞在組のハクチョウさんたちは、

duck4の姿を見て集まって来ました。


DSCF5696_convert_20161114101459.jpg

(集まる7羽の滞在組!

すると、上流から、

あの5羽の子どもたちを連れた家族のオオハクチョウさんたちが、

やって来ました。


5羽の子どもたちは、

「グワァ!グワァ!」とひしがれたアヒルさんの鳴き声を発しながら、

親鳥の後ろをくっついています。


DSCF5699_convert_20161114101405.jpg

(7羽の家族!

当然、ここで、7羽の滞在組と7羽のオオハクチョウさんの家族はニアミス

しばらくすると、いつも給餌している方もやって来ました。


もちろん、斑ちゃん、チンさん、おちびちゃん、シンちゃんは大きな声で、

「あっちへ行け!ここから出て行け!」

と鳴き出しました。


DSCF5707_convert_20161114101230.jpg

(ニアミスする7羽の滞在組と7羽の家族!)

すると、散発的なケンカも始まり、

あのコハクチョウさんのティちゃんは、

1羽の子どもに尻尾を突っつかれ追い回されていました。

子どものオオハクチョウさんが勝ちました。


また、あのコハクチョウさんのおちびちゃんは、

親鳥のオオハクチョウさんを追い回し、しつこく尻尾に食いつき、

たまりかねて、対岸まで逃げていきました。

おちびちゃんは、オオハクチョウさんの親鳥に勝ったのでした。


その後も、羽をバタバタ水面に叩きつけ

怒りをあらわにしていました。


そこに、斑ちゃんとチンさんが駆けつけ、

歓喜の叫び祝福を送っていました。


いや、はや、

あの小さな体をしたコハクチョウさんのおちびちゃんのケンカばやい性格のおかげで、

何とか、今のところ、縄張りを守られているようです。


DSCF5709_convert_20161114101316.jpg

(この後、ケンカが勃発!)



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/15 05:55] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
6羽の多産家族!
6羽の多産家族!

5羽の子どもたちを連れたオオハクチョウさんの一家。

この日は、七北田川の中州付近にいました。


一緒に泳いでいる姿を見ていると、

やはり、圧倒されます。


子どもたちは、ひしがれた声で「グァ!グァ!」鳴きながら

親鳥の後を追いかけて泳いでいると、愛くるしく見えてきます。

もしかしたら、この春まで、ここで過ごすような感じを受けました。


DSCF5602_convert_20161113171218.jpg

(5羽の子連れのオオハクチョウさん一家!

初めて6羽連れの家族のオオハクチョウさんを発見!

すると、この日には、5羽の子連れの上を行く、

オオハクチョウさんの家族を発見。


その家族は、なんと、6羽の子どもたちを連れていました。


七北田川に飛来して来た家族連れのハクチョウさんの中で、

6羽の子どもを連れているのを見るのは、初めてのこと。


今シーズンは、5羽、6羽と多産家族に出会うことが多いduck4。

ということは、繁殖地の気候が良く、餌も豊富にあり、

ハクチョウさんたちにとって、

子どもたちを育てやすい環境だったことも十分に考えられます。


DSCF5584_convert_20161113171104.jpg

(対岸には6羽の子連れのハクチョウさん一家も!

ところで、この時、もう1組、1羽の子どもを連れたオオハクチョウさんの家族もいたので、

3組の家族に出会えました。


DSCF5589_convert_20161113172106.jpg

(いりみだる2家族!

この中州付近には40羽いて、

うち12羽が今年生まれたばかりの灰色の羽に覆われた子どもたちでした。


また、いつものところには、

7羽の滞在組のハクチョウさんたちもいたので、

duck4の定点観測ポイントには、47羽いたことになります。

七北田川は、騒々しくなってきています。


DSCF5613_convert_20161113172543.jpg

(7羽の滞在組のハクチョウさんたち!

追記!

このアメリカ社会。

選挙結果から、何か、ヒトとヒトとの「寛容さ」が薄れていくような感じを強く受けました。

これが、世界の民主主義の国で、ドミノ倒しのように、

ヒトとヒトとが「不寛容」にならないことを願う限りです。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/14 05:28] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
7羽のオオハクチョウさん一家が飛来!
この2日ばかり最高気温が一桁と、

晩秋を通り過ぎて、初冬のような寒さが続きました。

急に寒くなったことで、

また、新しい飛来組のハクチョウさんたちが、七北田川に現れました。

それも5羽の子どもたちを連れたオオハクチョウさんの家族です。


先日、迷子になってオオハクチョウさんがいましたが、

もしかしたら、この家族の一員だったら良いのですが。

今のところ、1羽でいる迷子ちゃんに会っていないので、

その可能性もあるのではないかと願っているところです。


さて、滞在組は、この動きに敏感で、

リーダーの斑ちゃん、チンさん、おちびちゃん、ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)が、

この7羽のオオハクチョウさんの家族のところまで来ていました。

もちろん、大きな声で「コォ!コォ!コォ!コォ!」

とけたたましく鳴き、「こっちへ来るな!ここから出て行け!」

と言って追い払おうとしていました。


DSCF5453_convert_20161112081022.jpg

(追い払おうとする斑ちゃんたちと7羽の家族!

その家族のオオハクチョウさんたちも、動じることなく、

斑ちゃんたちを追尾していました。


この時は、小競り合いもなく、両者引き分けで、離れて行きましたが、

これから、滞在組のハクチョウさんたちとっては、大変な時季を迎えるかと思うと、

なんか、複雑な気持ちになります。


DSCF5469_convert_20161112081107.jpg

(去っていく7羽のオオハクチョウさん一家!

DSCF5473_convert_20161112081658.jpg

(今日のところは引き分けという気持ちで戻って来た4羽の滞在組!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/13 05:55] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(8) |
今シーズンは多い宮城県への秋の渡り鳥!
今シーズンは多い宮城県の秋の渡り鳥!

今年も、渡り鳥一斉調査の季節が来ました。

年3回行われるこの調査を首を長くして待っていたduck4。

やっと、実施日よりも2日遅れで、

地元紙の河北新報にも掲載されていました。


DSCF5491_convert_20161111102311.jpg

(河北新報のガン、カモ類の調査記事より!

調査結果を見てみると、

2015年度よりも、飛来数が、ガン類、カモ類、ハクチョウ類でも多く、

総数で2万7千羽ほど多くなりました。


これも、北海道での雪の降り始めが早く、

南下してきたのではないかと考えられているようです。


話は変りますが、初めて、

duck4ブログでもFC2の機能を使って、

表を作成してみました。

少しは、見やすくなればと思います。


【表】秋の渡り鳥調査(宮城県)2016年度秋と2015年度秋との比較

渡り鳥2016年度秋※(1)2015年度秋※(2)増減
ガン類132845130468+2377
カモ類4606622909+23157
ハクチョウ類53013787+1514
渡り鳥・総計184212157164+27048
※(1)2016年度秋は2016年11月9日実施。
※(2)2015年度秋は2015年11月5日実施。


七北田川では10羽!

duck4の定点観測ポイントでは、

9羽の成鳥と1羽の幼鳥のハクチョウさん。

計10羽でした。

あの迷子のオオハクチョウさんが早朝にいた日でした。


7羽は滞在組のハクチョウさんなので、

飛来組のハクチョウさんが3羽いたことになります。


DSCF5377_convert_20161109075652.jpg

(調査実施日に迷子のオオハクチョウさんが!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/12 05:11] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
教えてアドちゃん!
アドちゃんのことで気になっていたことが。

それは、真っ白な頭髪の一部に黒い毛があります。

なぜ、なんでしょうか。


DSCF5428_convert_20161110075144.jpg

(アドちゃんの頭髪の一部には...!

他の滞在組。

斑ちゃん、チンさん、チンさん、ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)、シンちゃん、ティちゃんには、

ないからです。


でも、2年前にいた、あのオオハクチョウさんのロクちゃんも、

真っ白な頭髪の一部に黒い毛が混じっていました。

これって何でしょうか。


ここからはduck4の完全なる推理になりますが、

アドちゃんは、2歳です。

来年の6月で3歳。

4歳ぐらいになると、親鳥になるハクチョウさんもいるとのこと。

ということは、繁殖適齢期になるはず。

そのため、ホルモンのバランスが関係しているのでしょうか。


いや、そうだとすると、

他の若いハクチョウさんたちも黒い毛が混じっているはず。

しかし、そんな仔たちを見たことがないので、わかりません。


DSCF5429_convert_20161110075106.jpg

(黒い毛が少し混じっているアドちゃん!

ずっと、近くでこの2年ほどアドちゃんを見てきて、

不思議な疑問のひとつなのが、頭髪の黒い毛なのです。


DSCF5430_convert_20161110075258.jpg

(アドちゃんの頭髪の一部の黒毛の原因は!?

二つ目に考えられることは、ストレスから来るものです。

ヒトの場合も、白髪が生えてくることがあります。

その原因が何かはわかりませんが、考えられることは、加齢によるもの。

いや、アドちゃんは、まだ2歳で若いオオハクチョウさん。

ということは、ストレスによるところが大きいのでしょうか。


教えてアドちゃん。


DSCF5431_convert_20161110075512.jpg

(教えてアドちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/11 05:39] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
迷子のオオハクチョウさん!
いつもの定点観測ポイントには10羽のハクチョウさんがいました。

そのうち1羽はまだ羽が灰色に覆われた子どものオオハクチョウさんです。

どうやら、親鳥から、はぐれてしまったようです。


DSCF5368_convert_20161109075428.jpg

(迷子のオオハクチョウさん!?

もう、ここで越冬しようかと思っている

あのツガイらしきオオハクチョウさんの周りを泳いでいました。

でも、ツガイの子どもでないことは、見てすぐわかりました。


DSCF5369_convert_20161109075516.jpg

(どうやら迷子に!?

DSCF5374_convert_20161109075558.jpg

(やはり違うよう!

この時期に、たった一羽でいる、それも子ども。

両親に置いていかれたのだろうか?

親鳥は、この子のところに戻って来るのだろうか?


まだ、越冬地の日本に連れて来られたばかりなので、

わからないことだらけのこの子どものオオハクチョウさんを見ていると、

こちらのを方が心配になりました。


この子は、「キ!キ!」と幼鳥特有な鳴き声を発して、

親鳥を探しながら独りで泳いでいるようでした。


DSCF5377_convert_20161109075652.jpg

(滞在組の中に1羽の子どもが!

追伸

アメリカの大統領がトランプ氏になりました。

一言で言えば、非常に驚きでした。

てっきり、ヒラリー・クリントン氏だと思っていたからです。

これから、世界はどうなるのでしょうか?



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/10 05:44] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
サケが遡上する七北田川! / 飛行機で旅するアヒルさん!
サケが遡上する七北田川!

足元を不思議そうなまなざしで見つめているティちゃん。

いつもよりも、大きなお魚さんが、いるとでも、思ったのでしょうか。


DSCF5351_convert_20161108080233.jpg

(不思議そうに覗き込むティちゃん!

ひれが破れているお魚さんが泳いでいました。

これは、サケが七北田川にも遡上しているのでしょうか。


DSCF5352_convert_20161108080307.jpg

(サケ!?

先日、浅瀬には、もう動かなくなって数日ほど経った

お魚の亡骸も見つけました。


ここは、河口から5キロほど。

このあたりで産卵をするのかはわかりませんが、

また、ひとつ小さな命の営みを見たような感じがしました。


DSCF5353_convert_20161108080336.jpg

(ティちゃんとサケ!


飛行機で旅するアヒルさん!

ここは、アメリカ。

おめかしさせられ、飛行機の中を歩いているアヒルさん。

ダニエルくんに、「飛行機に乗って、空を飛びたいの!?」

と聞いてみないとわかりませんよね。


そして、アヒルさんのことがあると、

つい紹介したくなるduck4であります。


e8aca874718efef8a48feadb99284bd1_convert_20161108075236.jpg

(飛行機に乗るアヒルさんのダニエルくん!

(参考記事)

飛行機で「クワクワ」 飛べないアヒルが飛行機で空の旅より



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/09 05:44] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
慣れているミルクちゃん!
アドちゃんの次のduck4に慣れている仔。

それが、ミルクちゃん(おおきなハクチョウさん)です。


DSCF5146_convert_20161107075345.jpg

(ミルクちゃん!

時々、アドちゃんのようにコンクリートブロックを上がってきて、

そばにぺったりいて離れようとはしないこともあります。

手を伸ばすと、クチバシでつんつんと突っつくことも。


DSCF5145_convert_20161107075316.jpg

(真ん丸とした瞳がカワイイ、ミルクちゃん!

話しかけてくることは少ない、

無口なオオハクチョウさんですが、

滞在組の中では、意外や意外2番目に強いのがミルクちゃんです。


特徴は、クチバシと羽毛の生え際が

垂れさがっていることです。

ヒトで言えば、前髪が顔に長くかかっているようなヘアスタイルになっています。


DSCF5144_convert_20161107075238.jpg

(独特なヘアスタイルのミルクちゃん!

この時は、ミルクちゃん単独で行動だったので、

激しくduck4に対して迫って、クチバシで強く突っついていました。

これも、ハクチョウさんたちのコミュニケーション方法のひとつなのでしょうか。

とミルクちゃんと接していて思ったduck4であります。


DSCF5143_convert_20161107075208.jpg

(duck4にも近づいてきてくれるミルクちゃん!



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/08 05:40] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(4) |
29羽のうち10羽が幼鳥のコハクチョウさん!/ 七北田川には4羽の飛来組をあわせ11羽に!
29羽のうち10羽が幼鳥のコハクチョウさん!

仙台にある大沼。

午前中、沼には29羽のハクチョウさんたちが羽を休めていました。

そのうち10羽幼鳥でした。


DSCF5178_convert_20161106102009.jpg

(大沼で休んでいるハクチョウさんたち!

見ていると5羽幼鳥を連れたコハクチョウさんの家族が

岸へと近づいてきました。

まだまだ、幼鳥のクチバシは、朱色

クチバシの一部が黒くなる前の状態でした。


5羽の子どもたちは、お腹が空いていたのか、

草をいっぱいついばんでいました。

その時も、親鳥たちは、あたりを見回し様子を伺っているようでした。


DSCF5189_convert_20161106101913.jpg

(岸の近くに来た7羽のコハクチョウさんの家族!

七北田川には4羽の飛来組をあわせ11羽に!

夕方、いつもの中洲の七北田川。

数えてみると、11羽がいました。

あの2羽のツガイのオオハクチョウさんもいました。

他の2羽のコハクチョウさんは、クチバシを背中に入れてぐっすりと寝ていました。


DSCF5203_convert_20161106101806.jpg

(中洲で休んでいるハクチョウさんたち!

DSCF5211_convert_20161106102844.jpg

(あの2羽の飛来のオオハクチョウさんのツガイ!

7羽の滞在組はのうち、リーダーの斑ちゃん、チンさん、おちびちゃん、シンちゃんは、

あの飛来の4羽が気になるとみえ、時々、甲高い声で鳴き叫んでいました。

「あっちへ行け!あっちけ行け!ここは縄張りだ!」

と言って白鳥語で言っていたのかもしれません。


あの2羽のオオハクチョウさんたちは、悠々と周りを泳いでいました。

そして、だんだん暗くなっていきました。

ということは、今晩、ここを塒にするのかもしれません。


DSCF5206_convert_20161106101714.jpg

(夕闇せまる中州!

まもなくアメリカ大統領選!

アメリカでは8日に大統領選挙が行われます。

格差問題、人種間の問題などがあるアメリカ社会。

クリントン候補、トランプ候補のどちらが勝つのでしょうか?

選挙人の獲得数では、クリントン候補が多く獲得しているようですが、

メールの私的流用問題でまた再捜査が始めるとも言われています。

世論調査の結果は、両候補ともほぼ互角というものまであります。

もし、トランプ候補が勝てば、為替が1ドル90円台になることも考えられます。

アメリカから目が離せない週になりそうです。



にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
[2016/11/07 05:13] | 続・滞在組⑲ | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

duck4

Author:duck4
ニックネーム:ダック4(Duck4)
趣味:旅行、バードウオッチング(アヒル・ハクチョウ)
小著:『ヒュッゲの国からデンマーク流人生の楽しみ方』
(本の森出版)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

duck4からのお知らせ!

duck4の定点観測ポイントの川には5羽の滞在組のハクチョウさん。大空を飛ぶことができませんが、元気に毎日、川を泳いでいます。この地域の人々にも愛され続けているハクチョウさんたちです。これからも、定点観測ポイントにいる飛べないハクチョウさんのこと中心にブログを配信していきます。今後ともに、宜しくお願いいたします。ブログ主宰者duck4より!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR